キャラバンGK68

夏山用の登山靴は専らキャラバン製を愛用している。
ただ、C1_02は入門用で価格相応の履き心地だし、購入時はフラッグシップモデルだったグランドキングGK69は相性が良くないのか中々馴染まず、必然的にGK68を多用している。

今年間100山を超える山を登っている(支笏湖周辺の山ばかりだが)から、さすがに2シーズンで底がすっかり減ってしまう。
車のタイヤと一緒で、スリップは命にもかかわることがあるため今回GK68の色違いを購入。

本当は今のフラッグシップモデルであるGK79を履いてみたい気持ちはあるのだが、残念ながら今年の株主優待商品に該当していなかった。

まあ、例え買えたとしても猫に小判かも知れない。
f0138096_122788.jpg

今回購入したキャラバンのグランドキングGK68チャコールグレー
f0138096_12272697.jpg

左は2年前に購入したGK68
f0138096_12273416.jpg

2年間履いたGK68のヴィブラムソールはすっかり減ってしまった(左)
by tarumae-yama | 2014-09-14 03:58 | 登山 | Comments(4)
Commented by ポッケ at 2014-09-14 17:30 x
ヴィブラムソール、角が見事に摩耗しましたね!
1シーズンでも摩耗しますから、2シーズンではスリップサイン?が
出てきましたか?(笑)
 
私も何か靴購入しようかな・・・・
 
Commented by tarumae-yama at 2014-09-15 13:09
ポッケさん
本当に見事に摩耗しています。
ソール以外はまだしっかりしているので、張り替えた方が安くてすみそうですが、株主優待該当商品ですからその差は殆どないため更新しました。
ポッケさんも何足か持っていますよね。
そろそろ更新時期の靴があると言うことでしょうか。
Commented by 夏山子 at 2014-09-16 09:04 x
tarume-yamaさん、今日は。
靴ってこんなにもすり減るものなんですね。でも、年100回も登っていらっしゃるんでしたら納得、納得。
私も来年は新調して、ソフト登山とハード登山で使い分けしようかと考えています。今はコロンビアの本当に入門用の靴でしたので、こんどはちょっと高くても足にピッタリ相性がいいものを買いたいです。
色々あるので、悩みそうです〜。
Commented by tarumae-yama at 2014-09-16 11:37
夏山子さん
登山靴の減りはソールの材質や登山道によっても違うのでしょうが、当然登る回数が増えればどんどんすり減っていくでしょうね。
樽前山など登山靴(の底)にとっては過酷かも知れません。十勝岳なども。

ご夫婦で上ホロのテン場で泊まるなどどんどんスキルアップしてハードな山行になってきているようですから、登山靴選びも大事な要素になってきますね。
アドバイスできるだけの知識がないので、どうぞアウトドア専門店で良く相談されたらと思います。

私が登山を始めて縦走用に購入した特売のイタリアザンバラン社の登山靴は、革製でしたが何年も不満を抱きながら履いていました。
価格の安さにつられてそんな失敗をしましたが、夏山子さんには納得が行くまで慎重に選んで欲しいです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 紅葉の羊蹄山、9月14日-速報編- 今、樽前山には登れない? >>