恵庭岳、8月14日

台風11号の強風雨も恵庭岳には殆ど影響はなかったようだ。
3合目付近に登山道を塞ぐような細い木が倒れていたが、くぐるよりまたいだ方が楽だった。
頂上岩塔からの土砂崩れも今回は僅かだったように見えた。

頂上祠のお地蔵は、市の危機管理課に問い合わせたところ、6月22日に山岳救助隊が登った時にはすでになかったそうだから、7月8日の地震で転げ落ちたものではないと分かった。
私も前日の6月21日に登っているけれど、お地蔵のことは気がつかなかった。

平日だがお盆休みということなのだろうか、結構な数の登山者とスライドした。
今回の登山者は支笏湖ブルーを堪能したと思う。

山行記録
登山口04:55→第1見晴台06:16→第2見晴台06:41~06:43→頂上07:00~07:10→第2見晴台07:28~07:38(朝食)→第1見晴台07:55→登山口08:51
休憩を含め登りに2時間5分、下りに1時間41分
f0138096_21134537.jpg

第2見晴台から支笏湖
f0138096_21135590.jpg

同上。シラタマノキの先に支笏湖が僅かに見える。その先に風不死岳
f0138096_2114411.jpg

第2見晴台から頂上岩塔
f0138096_21141287.jpg

頂上岩塔に架かる3本のロープ。登りは真ん中を、下りでは左のロープを使った
f0138096_21142020.jpg

イワギキョウと支笏湖
f0138096_21142886.jpg

イワギキョウと頂上岩塔
f0138096_21143656.jpg

頂上標識の右下にオコタンペ湖
f0138096_21144473.jpg

f0138096_21145166.jpg

上2枚、頂上から
f0138096_21145814.jpg

祠の前は少しずつ崩落している
f0138096_2115617.jpg

左のロープを入れて支笏湖
f0138096_21151315.jpg

頂上の苔を入れてオコタンペ湖を写す
f0138096_2115205.jpg

昨年11月の滑落事故死以来増え続けたテープもロープもどうやら一段落したようだ。ただ、ずっと気になっているのだが、5合目標識から20mほど先にピンクテープがあるものの、そのところは下山時左の沢に迷い込む危険性が大きいと思われる。登山者の右にそのテープが見える
f0138096_9564265.jpg

私が心配している箇所。確かに正規登山道にピンクのテープ(上の写真では登山者の頭のすぐ右に小さく見える)があるのだが、下を見ていて見落とした場合、左の沢に迷い込む可能性がある。実際しっかりとした踏み跡が出来ている。ここにはロープが必要なのではないかと思う。白ラインが正規の登山道。赤ラインは間違えて進む可能性のある小さな沢地形
f0138096_21153547.jpg

下山時スライドした札幌からの3人組。職場の同僚かと思いきやテニスサークル仲間とのこと
by tarumae-yama | 2014-08-15 06:55 | 北海道100名山 | Comments(2)
Commented by mori at 2014-08-15 22:03 x
こんばんは。
お孫さん、6才になったんですね。帰宅時間が奥様の厳命とかおっしゃるのはテレかくしでしょー。
本当はいそいそと10時までに帰って首を長~くして待っていたのでは?

お地蔵さんは地震で落ちたのではないということは、何なんでしょうね?
拉致されたんでしょうか?担ぎおろしたらかなり重いと思いますが・・・。
Commented by tarumae-yama at 2014-08-16 17:28
moriさん
孫も来春は小学生です。
年月の速さに驚きます。残りの人生マゴマゴしていられません。

地蔵さん、結局どうなっちゃったのでしょうね。
誰かが担ぎ下ろしたか、罰当たりにも沢に投げ落としたか・・・。
名前
URL
削除用パスワード
<< 松山千春のレンタルCD 恵庭岳、8月14日-速報版- >>