地震後の恵庭岳、再び 7月25日

ブログの知人を恵庭岳(の頂上岩塔)へ誘った下見登山と言いながら5日前に登ったばかりだから、むしろ祠が沢に転落していないかの確認登山だったかも知れない。

その祠はしっかり残っていたものの、なぜか中のお地蔵さんが消えていた。
先日の記事にその写真を載せているけれど、8日の地震で転がり落ちたものか、それとも地震の前か直後に関係者が下ろしたものなのか。
過去の写真を見てみると、少なくとも4月30日に登った時の写真には写っていた。

この日10名程の登山者とスライドしたけれど、過半数の人が岩塔に登ったようだ。

それにしても、PM2.5による視界の悪さだったとは・・・・。
まだ濃度の高い状態が続きそうだし、予報も悪目に変わってきたため、26日の恵庭岳は延期と決めた。
f0138096_229036.jpg

PM2.5のせいらしく視界が酷く悪い。オコタンペ湖もかろうじて見えるくらい
f0138096_229121.jpg

これは昨年6月23日の撮影。晴れて視界が良ければこんな感じ
f0138096_2292038.jpg

右側の崩落が酷いようだ
f0138096_229329.jpg

昨年6月23日の撮影。頂上標識の下で焼き肉をやっているパーティのいるところは今崩落してしまったようだ
f0138096_2294441.jpg

祠の近くまで崩落していたり亀裂が入っている。祠の中に地蔵さんが見えない
f0138096_2295356.jpg

今年4月30日撮影、この時までは確かに地蔵さんがあった。右下にオコタンペ湖、中央奥に羊蹄山
f0138096_2210227.jpg

祠の前に亀裂が見える。来春にはなくなっているかも
f0138096_22101052.jpg

祠の前はすぐ崖になっている
f0138096_22101888.jpg

祠の近くから崩落した木が見える
f0138096_22102749.jpg

第2見晴台から頂上まで一緒した岩見沢のEさん
f0138096_22103831.jpg

同上。下で見上げているのは旭川のMさん。二人は同じ会社とのこと
f0138096_22104773.jpg

ロープが3本見える。我々は一番左の新しいロープを使った
f0138096_22105688.jpg

登っている最中に最初にスライドした千歳の4人パーティ。朝4時にスタートしたらしい
f0138096_2211531.jpg

この写真はオマケ。昆虫の交尾シーンに関心を持つ?動物病院のポッケさんへのサービス
by tarumae-yama | 2014-07-26 06:57 | 北海道100名山 | Comments(8)
Commented by ポッケ at 2014-07-26 07:54 x
恵庭岳頂上まで行く人は、結構いるのですね。
 
最後のオマケは、大サービスです!
花の写真を載せているブログは多々あれど、このようなシリーズはないので・・・
さらに動物シリーズになれば、気絶ものかも?
Commented by Ei-taro at 2014-07-26 14:35 x
改めまして こんにちわ。

今日は色なお話ができ、たいへん有意義でした。
ありがとうございます。

山頂のロープ、今日は初めて中央を利用しましたが、安定しておりするっと上に到着
下りは慣れている左を使用

雨のなか下山中、それでも登山口にあふれるほどの駐車
崩壊する前に登山をしたい方々なのでしょうか。

そんな気がしました。
Commented by mori at 2014-07-26 20:38 x
お地蔵さん、どこへ行ってしまったんでしょうね?
もしもどこかに転がり落ちていたら、気の毒です。
でも、もしかして、登山者のかわりに身を挺してくれたのかも・・・。
Commented by tarumae-yama at 2014-07-26 22:37
ポッケさん
この日は本州からの登山者も含め岩塔へ登った人が多かったです。
ただ、岩塔でスライドした中年の女性は全くの初心者で、登ったは良いものの下りは見ていてとても恐ろしいものでした。

昆虫の写真、満足して頂いた様で嬉しいです。
撮る気はなくてやりすごしたのですが、ポッケさんが頭の中に出て来て写せと命令したのです(^^;)
Commented by tarumae-yama at 2014-07-26 22:44
Ei-taroさん
せっかく打ち合わせをしたのですから、ぜひ当日は晴天であって欲しいですね。
一緒に歩けるのを楽しみにしています。

恵庭岳のロープ、一見すると真ん中のものが足の置き場が沢山あって登りやすそうですね。私も今度真ん中を使って見ようと思います。

確かに、崩落前に登ってみようと考える登山者がいてもおかしくないですね。
凍結を繰り返して来年の春にはどれくらい痩せた頂上になっているでしょうか。
Commented by tarumae-yama at 2014-07-26 22:50
moriさん
祠はすこし傾いていましたから、地震で谷に転げ落ちたのかもと思っています。
中のお賽銭も、地震のせいなのか祠の前に散らばっていました。
頂上からお地蔵さんを探してみたのですが、見つけることが出来ませんでした。
今度は双眼鏡を持って登ろうかと思っています。
Commented by 旭川M at 2014-07-26 22:50 x
旭川のMです。
昨日は頂上まで案内して頂きありがとうございました。
帰宅してからブログを拝見させて頂きましたが、山行歴を見てびっくり。
道内の山を季節、難易度、山行スタイルに捕らわれる事なくこんなにも数多く登っていらっしゃられるとは本当に驚きました。また、感服いたしました。
今後、またどこかの山でお会いできる事を楽しみにしています。
Commented by tarumae-yama at 2014-07-27 19:50
旭川Mさん
コメントを有難うございます。
せっかく頂上に登ったのに、PM2.5の影響で素晴らしい眺望の機会が得られず残念でしたね。
年間の山行回数こそ多いですが、山の大部分は自宅から近い支笏湖周辺です。
冬山もどきもしていますが、それも土地勘のある支笏湖周辺の山ばかりですから自慢できません。
それでも、二つの北海道100名山計118座の達成は私にとっては勲章かも知れません。
また、何処かでお会い出来れば嬉しいです。
名前
URL
削除用パスワード
<< ブログの記事数が3000本 地震後の恵庭岳、再び 7月25... >>