風不死岳と樽前山、7月14日-樽前山編-

実のところ、14日は恵庭岳を考えていた。
しかし、支笏湖に行ってみると恵庭岳は雲の中、一方風不死岳は雲が上がりそうな状況に急遽転進した。
それに、たびたびコメントを寄せてくれる方が、この日樽前山&風不死岳を予定していると前日のコメントで触れていたので、風不死岳から樽前山に向かえば何処かでスライドしてご挨拶出来るかもとの期待もあった。

結局、出会う事は叶わなかったけれど、途中スライドした男性との話は大変楽しかった。

山行記録
風不死岳頂上11:59→風不死岳登山口12:46→樽前山東山頂上13:49~13:52→7合目駐車場14:25
f0138096_13325524.jpg

樽前山東山ピークに向かう途中スライドした札幌の男性。東区で風呂屋を経営しているそう。使っている温泉は飲用でき、その効能を(温泉だけに)熱く語った
f0138096_1333547.jpg

男性の靴はVibram FiveFingers。2年ごとに履き替えているそうだが、この靴の長所を語る様には圧倒された。こんな熱い人がいるとは(さすが風呂屋さん)。Vibram社が知ったら泣いて喜ぶかも
f0138096_13331661.jpg

バックは溶岩ドーム
f0138096_13332433.jpg

f0138096_13333452.jpg

f0138096_13334136.jpg

f0138096_13334970.jpg

f0138096_1333588.jpg

f0138096_1334537.jpg

f0138096_13342082.jpg

f0138096_13342867.jpg

以前誰かのブログにこの標識に穴が開いていると写真を載せていたが、パテか何かでしっかり補修されていた
by tarumae-yama | 2014-07-18 06:56 | 樽前山 | Comments(6)
Commented by tamataro1111 at 2014-07-18 07:24
 お早うございます。
色々な高山の花が見事ですね。北海道の山は緯度が高いので、割合低山でも、北アルプスに匹敵する花が観れますね。
Commented by tarumae-yama at 2014-07-18 13:19
tamataro1111さん
樽前山は活火山にしては花の多い山だと思います。
イワブクロのあとはシラタマノキが楽しみです。

確かに、北海道の山の花は本州の高峰と同じかも知れませんね。
花の浮島と言われる礼文島では、海岸から高度を上げなくても高山植物で一杯です。
ちなみに、島の最高峰礼文岳の標高は490mです。
Commented by mori at 2014-07-18 19:42 x
こんばんは。樽前でもイチヤクソウの仲間が開花したんですね。
この前行った時、発見できなくてがっかりしましたが時期が早かったのかな?
とこちらの写真を見て思いました。また探しに行こうと思います!
Commented by tarumae-yama at 2014-07-19 08:21
moriさん
6枚目の写真は、お花畑コースを越えて風不死岳に向かい、932m峰と風不死岳分岐の先から1,2分風不死岳へ進んだところでの撮影です。
次の写真は、樽前山東山から下山し、外輪山分岐から駐車場への登山道で撮りました。以前熊の糞を写真にアップしましたが、あの辺りです。
見つかると良いですね。
Commented by ぶるまま at 2014-07-19 11:43 x
スライド出来ずに残念でした~(泣)
月曜日というのにそれなりに駐車場は車がありましたね。
たぶん!tarumaeyama-sanの愛車のXさんの隣に
私の愛車も停めたのですが・・・。
カメラだけは2台持って(笑・笑)
お恥ずかしいですが、初めて自分の目で「タルマイソウ」を
見てただただシャッターを押してきました!

最近ちょっと耳にする石に書かれた「マーク」・・・気になりました。
外輪山分岐の宗教?ちらしのようなものも。

また、支笏湖周辺の山へ行くときは、ご連絡させていただきます。
ちなみに・・・恵庭岳は行ったことがありません!
よろしくお願いいたします。
Commented by tarumae-yama at 2014-07-19 14:10
ぶるままさん
この日登っていたのですね。前日手稲山とのことでしたから止めたのかと思っていました。
でも、風不死岳は止めて樽前山だけだったのでしょうか。

私の隣は湘南ナンバーのステップワゴンでその男性とはお喋りをしましたが、反対側の車には全く記憶がありません。ぶるままさんの車だったとは・・・・。失礼しました。

布教のチラシと石のマークは、気がつきませんでした。
今度気をつけて見ますが、管理人さんにも伝わったようですし、パトロールの係員も歩いていますので、多分もう目にすることはないかと思います。

恵庭岳、ご一緒する機会があれば嬉しいです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 「ペテロの葬列」 オオウバユリ >>