富良野岳、7月7日-その2-

4時過ぎに十勝岳温泉に到着すると、二組のパーティがスタートするところだった。
今日は富良野岳に到着した後、先日記事にしたように頂上から原始ヶ原への登山道を標高1350mまで下り、登り返す予定。
それで富良野岳に戻ったとき、想定時間オーバーや体力が消耗したならそのまま十勝岳温泉登山口に戻ろうと。

この往復では、ザレ場の下りで何度もバランスを崩したり、登山道を外して少々藪漕ぎを強いられた。登りもザレ場は傾斜が急だから、スリップしやすくてストレスになった。

それでも、スタートから曇り空で中腹からガスに入ったため、カメラを取り出すことが殆どなかった分、登山口から三峰山・富良野岳分岐までは思いの外早く到着して時間的余裕が出来た。
もっとも、分岐から頂上まで見事なお花畑になっていて、頻繁にカメラを取りだし一気にペースが落ちたけれど。

登山口から分岐までに僅かに雪渓があったが、夏靴で全く問題なかった。

原始ヶ原の登山道や前富良野岳からの眺望については、あまり参考になるとも思えないのだが。←青文字部分をクリック。
f0138096_20245075.jpg

f0138096_20245943.jpg

f0138096_2025820.jpg

f0138096_20251611.jpg

f0138096_2025264.jpg

f0138096_20253685.jpg

f0138096_20254490.jpg

f0138096_20255361.jpg

f0138096_2026010.jpg

上9枚、富良野岳のお花畑で撮影
f0138096_2026849.jpg

この写真は富良野岳原始ヶ原登山道から撮影
f0138096_20261641.jpg

高度1350mまで下ると2年前に登った前富良野岳の藪漕ぎ地点にぶつかるはずだが、念のため1338mまで進んでから富良野岳の頂上1912mまで570mほど急斜面を登り返した
f0138096_2026267.jpg

雪渓の横に笹刈りされた登山道。正面に雲に覆われた富良野岳
f0138096_20263779.jpg

f0138096_2026454.jpg

コマクサと正面に前富良野岳
f0138096_20265327.jpg

f0138096_2027292.jpg

f0138096_2027999.jpg

イワヒゲとコケモモ
f0138096_20271910.jpg

ボケているがコケモモ、中央にイワヒゲ、奥にコマクサ
f0138096_20272834.jpg

ザレ場とハイマツの登山道を進むと富良野岳が見えてきた。手前の1900mピークと富良野岳の間は5,6分で歩けるし、この間の斜面はお花畑だから、富良野岳登山の際はこのピークまで行くことをお勧めしたい
f0138096_20283323.jpg

1900mピーク登山道から斜面のお花畑
f0138096_20284569.jpg

富良野岳頂上は目前。登山者が見える。左に十勝岳
f0138096_20285784.jpg

富良野岳頂上から、十勝岳と左端に雲の上から大雪山が見える
by tarumae-yama | 2014-07-09 07:02 | 北海道100名山 | Comments(2)
Commented by tamataro1111 at 2014-07-09 07:18
 お早うございます。
花 花 花。。。! ! どこを観ても花の百名山。
すばらしいです。
Commented by tarumae-yama at 2014-07-09 17:32
tamataro1111さん
今が見頃ですからとても素晴らしいお花畑になっています。
さすが花の100名山ですね。
でも、大雪山周辺の山のお花畑はもっとスケール感があって素晴らしいかと思います。

ネタがない?のでもう1,2回富良野岳の花が続きます。
飽きずにお付き合い頂ければ嬉しいです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 富良野岳、7月7日-その3- 富良野岳、7月7日-その1- >>