恵庭岳体力測定登山、6月21日

恵庭岳に何分で登れるかという測定登山を毎年6月にやっているけれど、よりによって今年一番の体重を記録した日に登ることになった。
大台を超えて朝の体重は70.6kgと春より4,5kgは増えている。

それで今回初めてズルをし、雨具やスポーツドリンク、行動食、携帯、薬品セット以外の物は殆ど車に残して登った。カメラも軽いコンデジ1台のみ。

さすがに、ヘッドランプや予備の電池、替え着、ツエルトなどが入っていないザックは軽い。
そんな訳で、第1見晴台までは1時間17分、第2見晴台まで1時間42分で到着。
昨年は1時間57分かかったからむしろ15分も早かった(ちなみに、一昨年は1時間38分)。
もっとも、昨年は同行者と会話を楽しみつつ登ったので例年の単独とは条件が違う。
だから、今年もほぼ例年並みの所要時間と言って良さそうに思う。

ところで、恵庭岳の花の状況だが、目立ったのはマイズルソウくらいで、サンカヨウもツバメオモトも第2見晴台まですっかり落花していて、すでに実を付けていた。
頂上岩塔には、イワウメとイワヒゲにミヤマオダマキが今を盛りと咲いていたけれど。
f0138096_2120159.jpg

第1見晴台の賑わい。ガスがかかりだしてきた
f0138096_21201275.jpg

4合目で休憩している二人組に追いついた。右の女性のお父さんは、山をやらないけれど私のブログを見ているとの話だった
f0138096_21202237.jpg

元気な若者が下りてきた。札幌のAさん、Bさん
f0138096_21203111.jpg

第2見晴台にいた3人の記念写真。左のお二人は札幌から来たと言う母娘のNさん。お母さんは17年?ぶりの登山なのだと。右はニセコからのAさん。3人とは頂上まで一緒することに
f0138096_21203966.jpg

頂上岩塔のロープ場でNさん親子を。お二人はロープを登る自信がないとのことからここで休憩
f0138096_2120511.jpg

頂上まで一緒したAさん。ガスでオコタンペ湖も支笏湖も見えず
f0138096_21205996.jpg

我々の後から登ってきた若者を写す
f0138096_2121715.jpg

下り専用のロープ場でNさん親子とAさん
f0138096_21212318.jpg

岩塔のイワウメ
f0138096_21215568.jpg

イワウメ
f0138096_212244.jpg

瑞々しいイワヒゲ
f0138096_21221439.jpg

ロープ場のイワヒゲ
f0138096_21222256.jpg

頂上直下で見かけたサンカヨウ
f0138096_21223040.jpg

ツルアジサイ?
f0138096_21223785.jpg

恵庭岳で初めて目にしたギンリョウソウ。 カメラはオリンパスのTG-850
by tarumae-yama | 2014-06-22 07:13 | 北海道100名山 | Comments(8)
Commented by 夏山子 at 2014-06-22 12:36 x
昨日は失礼しました。
早速父に話しましたら、父のブログにコメントをいただいた事があり、それ以来御ブログにお邪魔しているとの事でした。父はたかがニセコ〜のブログを書いています。

ものすごいスピードで登って来られ、そして去っていかれましたが、第1展望台まで1時間17分とは驚きです。私達は2時間かかりました。

これから、恵庭岳や樽前山に登る時はどこかでお目にかかれるかもしれませんね。その時はよろしくお願いします。

ちなみに、私も拙いブログをアップしております。お暇な時にでもお立ち寄り下さいませ。「明日のおにぎり」で検索すれば発見できると思います。
Commented by Ei-taro at 2014-06-22 21:00 x
いつも拝見させて頂き、色々と影響を受けています。(^.^)

そんなこんなで、何度も恵庭岳に足を運ぶ事に。

山もそうですが、何よりも深い人柄が感じられ、良い生き方をされていらっしゃると若輩者ながら感じています。
Commented by tarumae-yama at 2014-06-22 21:25
夏山子さん
コメントを有り難うございました。
お父さんが私のブログを見ているとのことでお名前を聞かせてもらいましたが、それで元の職場の先輩かと思っていました。
もう記憶が飛んでいるのですが、確かに数年前にコメントを入れた事があったと思います。
先ほど2時間ほどお父さんのブログの過去記事を読ませて頂きました。

夏山子さんのブログも拝見させて頂きました。
昨年18山登られたとのこと、アポイ岳が山にはまるきっかけだったのですね。
ニペソツ山にも登られているようで、まだ経験が浅いのに凄いです。
頼もしいご主人が一緒で安心ですね。

昨日の恵庭岳はガスで眺望が得られず、残念でした。
晴れていれば、支笏ブルーの支笏湖と、コバルトブルーのオコタンペ湖にその奥の羊蹄山を含む山並みの眺望は素晴らしいものがあります。
昨年の5月24日の恵庭岳は素晴らしかったです。
良ければぜひその記事を見て下さい。そして再登してみて下さい。

また何処かの山でお会いすることがあれば嬉しいです。

Commented by tarumae-yama at 2014-06-22 21:39
Ei-taroさん
私のことを余りにも買いかぶっています。
自分の狭い心に何時も(自己)嫌悪しています。
身内を誉めるのはどうかと思いますが、私と違って家内は心が広く円満な性格です。
だから、家内の手のひらの上で生かされているようなものです。

山にせっせと登っているのは、多分にダイエットのためです。
すぐ太る体質だからどうしても回数が多くなります。それだけに自宅近くに良い山があるのはとても嬉しく有り難いことです。

何時か山でお会いすることがあると思うのですが、HYMLのペナントでもザックにくくりつけておかなければ私とは分からないかも知れませんね。
Commented by ayumi at 2014-06-22 22:34 x
昨日は第二展望台から、ご一緒出来て嬉しかったです!
頂上まで行けない規制があったので、諦めて帰る所でした…
当たり前のように頂上に向かわれるので、ついご一緒しちゃいました(笑)
また、晴れを狙って登りたいと思います\(^o^)/
ありがとうございました!!
Commented by N君 at 2014-06-22 23:22 x
本日は風不死岳からの樽前山外輪一周してきました。
初めて登る女性も一緒だったので、ゆっくり歩いてましたよ。
雲海が素晴らしかったです!

恵庭岳、自分もタイムアタックの時はtarumae-yamaさんのタイムを参考にさせてもらいます~(^^)
Commented by tarumae-yama at 2014-06-23 18:12
ayumiさん
コメントを有り難うございます。
第2展望台の規制看板は、あくまでお願いだそうです。
なので、自身のレベルで安全に登れると言う確信があれば問題ないようです。
そうは言っても、頂上は少しずつ風化して崩落が続いているようですから、危険である事には変わりません。

次回、晴れると良いですね。でもくれぐれも慎重に登って下さいね。
おっちょこちょいの私が言うのは変かもしれませんが。
Commented by tarumae-yama at 2014-06-23 18:14
N君
支笏湖のライブカメラを見てました。
風不死岳と樽前山の外輪山一周、無事達成出来て良かったですね。
雲海だったのですね。
今日の羊蹄山も雲海が広がっていました。
花が一杯で楽しみました。
名前
URL
削除用パスワード
<< ハスカップの実、熟す オリンパスTG-850を持って樽前山 >>