樽前山、6月9日-花の1-

樽前山を代表する花と言えば、タルマエソウ(イワブクロウ)かも知れない。
確かにこの花の最盛期、7合目の展望台から外輪山分岐を経て西山に向かう途中の登山道の両側は、紫色のかたまりが続いていて見ごたえがある。

だが、エゾイソツツジとマルバシモツケも、その規模の大きさでは負けていない。
もし、晴れていて支笏湖ブルーが見られるなら、お花畑コースの両側に広がるこの花の競演と光景に、きっと感嘆の声が出るに違いない。
だから、個人的にはエゾイソツツジとマルバシモツケだと言いたい。

この二つの花が重なるピークは、多分1週間位後のことだろうから、今日は最盛期を迎えたイワヒゲをアップしようと思う。
f0138096_15114826.jpg

f0138096_1512144.jpg

f0138096_15121564.jpg

上3枚、ガスのため水滴を一杯付けたイワヒゲを段々アップで
f0138096_15124173.jpg

樽前山と風不死岳の分岐付近のイワヒゲ。この花はお花畑コースを終えるところから分岐を越え、樽前山の尾根に向かう辺りまでが多いように思う
by tarumae-yama | 2014-06-10 16:22 | 樽前山 | Comments(6)
Commented by ひかる at 2014-06-10 17:26 x
こんにちは。
雫の付い白いイワヒゲが綺麗ですね。ブログを参考にさせて貰い
土曜は八剣山登り、翌日は樽前でコマクサと思ったんですが天候
悪く樽前は諦めました。花盛りを迎えてるようですね。

曇天に降雨と、蝦夷梅雨のように感じる天候が続きそうです。
Commented by mori at 2014-06-10 22:01 x
こんばんは。
樽前山のイソツツジとシモツケの見頃を、tarumaeさんにうかがおうかな~とちょうど思っていたところなんです。
あと1週間くらいなんですね。情報ありがとうございます!
しずくいっぱいのイワヒゲもかわいいですね~。
Commented by tarumae-yama at 2014-06-10 22:23
ひかるさん
今晩は。
八剣山に登ってきたのですね。
あっけなく登れる山ですが、高度感はたっぷりですね。
このところ、本当に蝦夷梅雨とも思えるような天気が続くようで、何とも冴えないですね。
農家には恵みの雨かも知れませんが。

樽前山のコマクサ、駆除前に見られると良いですね。
樽前山は花のシーズンをむかえたようです。
この1,2週間がもっとも華やかかも知れません。
Commented by tarumae-yama at 2014-06-10 22:40
moriさん
今晩は。
樽前山は花のシーズンをむかえたようです。
エゾイソツツジの白い絨毯は、清潔感があって大好きです。
少し早いかもと思いながら昨日登りましたが、丁度良い感じでした。
マルバシモツケは、逆に思っていたより遅くてまだ1,2分咲きといったところです。
これからの天気次第ですが、1週間よりもうすこしピークがずれるかも知れません。
その頃はイワヒゲが終わりかけていると思われ、山はどの花ねらいかですね。
毎週、樽前山に登れたらそれが一番なのでしょうが。
Commented by tamataro1111 at 2014-06-12 08:23
 お早うございます。
イワヒゲの群落が、ただ見事の一言です。
露にぬれて尚一層輝いていますね。
Commented by tarumae-yama at 2014-06-12 20:04
tamataro1111さん
コメントを有り難うございます。
イワヒゲは可憐ですが、まとまると結構見ごたえがありますね。

岩にしがみついている様子がいじらしく見えたりもします。
露に濡れた感じも一寸雰囲気が違って見えるかも知れません。

こちらはうんざりするくらいの大雨で、登山道が心配です。
名前
URL
削除用パスワード
<< 樽前山、6月9日-花の2- 今年50山目はコマクサ満開の樽... >>