風不死岳と樽前山、6月2日-樽前山編-

風不死岳の頂上から久しぶりに支笏湖ブルーらしい支笏湖を堪能し樽前山に向かった。

それにしても、風不死岳の花は樽前山とはかなり様子が違っている。
ヤシオツツジやハクサンチドリ、シラネアオイなどは、樽前山では全く目にしない(と思う)。隣りあった山なのに植生の違いが面白い。

932m峰の斜面をトラバースして外輪山に達すると、登山者が近く遠く目につくようになった。
子供が一緒なのは、昨日運動会が開催された代休ということらしい。

西山ではコケモモの花の状況を見、東山に向かう途中ではコマクサを探しながら東山の頂上に立った。
22日に登ったとき登山道にあった熊の糞、痕跡すらなかったのはヒュッテの管理人さんか誰かが処理したのだろうか。
まだあったのなら、改めてしっかり写真に撮ろうと思っていたのでちょっと残念だった!??

暑さにすっかり消耗してしまったけれど、エゾイソツツジやウコンウツギなどが思いの外咲いていて目を楽しませてくれた。
この週末は、多分エゾイソツツジの群落が満開で迎えてくれるのではないかと思う。

山行記録
風不死岳頂上11:39→登山口12:22→西山ピーク13:21~13:29→東山ピーク14:20~14:37→7合目駐車場15:00

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_22215936.jpg

932m峰の斜面をトラバース中に私を追い抜いた山ガールは驚きの健脚だった。その山ガールを入れて
f0138096_22221418.jpg

東山や西山に向かう登山道。中央に溶岩ドーム。下に山ガールを入れて
f0138096_22222719.jpg

西山に向かう途中スライドした竜君とご両親の記念写真。左端に羊蹄山が霞んで見える
f0138096_22223786.jpg

西山ピークのコケモモ。蕾はまだまだ小さい
f0138096_22224612.jpg

登山道脇のコマクサ
f0138096_2222552.jpg

直ぐ近くに白いコマクサ。1週間後には咲いているだろうか
f0138096_2223636.jpg

外輪山をぐるり回って東山ピークから下りてくる竜君一家
f0138096_22231729.jpg

上半身裸で下山する男性にはビックリ
f0138096_22232657.jpg

東山頂上から溶岩ドームと左に西山ピーク
f0138096_22233585.jpg

別な場所のコマクサ。この辺りのコマクサはピンク色が薄い
f0138096_22234515.jpg

7合目展望台辺りのウコンウツギ。奥に支笏湖と紋別岳
by tarumae-yama | 2014-06-04 07:26 | 樽前山 | Comments(6)
Commented by ka-ma-s at 2014-06-04 08:17
おはようございます。
不風死岳の花いいですね~
不風死岳登山口から100m位入ったところで熊の強烈な鳴き声を
聞いて以来足が向きません(笑
森林限界を超えると太陽をビシバシ浴びるので暑い日にはつらいですね。
今時期の支笏湖ブルー綺麗でしょうね~
それにしても熊の糞気になります(笑
Commented by tarumae-yama at 2014-06-04 21:54
ka-ma-sさん
風不死岳の花はそこそこ種類がありますね。
樽前山とはまるで違うし、恵庭岳とも少し異なっているように思います。

風不死岳で熊の鳴き声を聞いたことがあるのですね。
昔、この山で山菜採りの人が襲われて死亡しています。もう40年近く前になりますが。
http://dic.nicovideo.jp/a/%E9%A2%A8%E4%B8%8D%E6%AD%BB%E5%B2%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

ただ、登山者がヒグマと遭遇して事故に遭ったという事はないと思いますが、ka-ma-sさんはトラウマになっているのでしょうね。
恵庭岳とこの風不死岳は支笏湖の展望台としては一級の山だと思っているので、ぜひお友達に声をかけて登ってみて下さい。
私がお付き合いしても良いです。

樽前山は、真夏直射を浴びて登るのは辛いですね。
頂上では虫が顔にまとわりつくことも多くて、ゆっくり食事も出来ません。
Commented by ka-ma-s at 2014-06-05 01:52
こんばんは~
当時熊情報見た時貼って頂いてる同じリンク先見ました。
他にも三毛別にはビビりました~

いずれ行かねば!と思ってるので10時位から登り始めようと思ってました(笑
秋の6時前後だったと思うので熊も活動してたんでしょうね。
ビビったら一緒に登ってください(笑

樽前山頂で食事の残りかすや飲み物を捨てたりしてる人がいるから
虫が寄ってくるのでしょうか。
頂上付近のみ尋常じゃない数の虫に遭遇します。。。
Commented by tarumae-yama at 2014-06-05 09:48
ka-ma-sさん
お早うございます。
三毛別の事件も凄惨ですね。
ヒグマと遭遇する人は何度も経験するようです。
まあ、それだけ登っていると言うことでしょうね。
私も、年間の回数はそこそこだと思っていますが、至近距離で見た事はありません。
実際に出くわしたら、パニックになって腰を抜かすか背中を見せて走り出すかも知れません(^^;)

これからの樽前山は、頂上の虫が嫌ですね。
無視するには多すぎます(^^;)

風不死岳、ぜひ声をかけて下さい!
Commented by yamakawawalk at 2014-06-05 20:39
tarumae-yamaさん、こんばんは。

樽前の登山道に熊糞ですか・・・。
ご来光登山とサンセットハイクをした者からすると由々しき事態です。
山麓には当然いるので通過とは言え出ても不思議ではないエリアだと思っていましたが、
糞という確たる証拠があると現実に出るんだと思えるので、これからはこちらもそれ相応の心構えで登れます。
出ないよ~って油断するよりは良いのかもしれませんね^^
今年は岩内岳と先日のニペソツ山にて足跡を確認しています。
意外にもカチポロには戸蔦別林道を含め痕跡すらありませんでした。

僕は以前、森町の鳥崎川にて釣りの最中かなり大きい金毛の羆と川でばったり遭遇したことがあります。
こちらは気づきましたが、相手は川底に沈んでいるサクラマスのホッチャレに夢中で構ってもくれませんでした(苦笑
静かに後ずさりして安全圏から観察しましたが、北海道の山の守り神に相応しい堂々とした体躯で感動したのを覚えています。

いずれにしても北海道ではどんな山でもいるものだと思って行動するのが大切ですね。
軽い気持ちで行動すると痛い目に遭いそうです。
貴重な情報有難うございました^^
Commented by tarumae-yama at 2014-06-05 23:33
yamakawawalkさん

私は今までに樽前山はかなり登っていますが、登山道で熊の糞を見たのは初めての事です。その他にも支笏湖周辺の山には数多く登っています。
http://tarumaezan.exblog.jp/16894317/
しかし、実際にこの周辺で遭遇したことはありません。
昔、夕張岳の頂上から親子熊を遠くに見たのと、6年前、ニペソツ山から下山して林道を走行中、子熊が横切ったのを見た2度きりです。
ただ、残雪期に支笏湖の外輪山を何年も掛けて一周しましたが、樽前山西山から多峰古峰山間を歩いている時随分と熊の足跡がありました。
http://tarumaezan.exblog.jp/13465599/
樽前山管理人さんの話だと、ビュッテの下とゲート近くにあるモービル用車庫のそばが熊の通り道という事です。
紋別岳をよく登る知人から、登山道を横切る熊を見たと聞きました。
イチャンコッペ山でも足跡があったそうです。
ただ、なぜか恵庭岳では熊に関する話を聞きません。
でも、きっとその辺に何頭もいるのでしょうね。
yamakawawalkさんは、星景写真を撮るために夜間の行動が多いので、遭遇の危険性は一般の登山者よりずっとあると思います。十分に気をつけて下さいね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 暑い!! 風不死岳と樽前山、6月2日-風... >>