恵庭岳、4月30日-その2-

登山者名簿では、祝日だった前日は3組の登山者があったようだ。
その中に、すでに300回以上登っていて恵庭岳の神様と称されるSさんの名前もあった。
登頂所要時間を見ると、相変わらずお元気な様子がうかがわれ、眩しいほど。

そんな前日のトレースが使えたので、第2見晴台まではつぼ足で登る事が出来た。
もっとも、体重のある私は、幾度かトレースの上ごと踏み抜くことがあったけれど。
特に気温の上がった下山時は、その頻度が増したうえに、勢いがついている分腰まで落ち込んでビックリ。

下りはアイゼンを装着したままだったのだが、安物の8本爪の片方が不調で、落ち込んだときに外れたのか、それに気づかぬまま7,8分も下りてしまった。
気がつかなかったことの注意力のなさと回収の為の登り返しに気持ちが折れ、下山後はもう一つ紋別岳に登る予定だったのだが、すっかりその意欲が萎えてしまった。

私の30分後に登った3人パーティがあったようだが、頂上に上がることなく下山したらしく、結局今回も恵庭岳では誰ともスライドせず、ひっそりとした登山であった。

山行記録
登山口08:29→第1見晴台10:01→第2見晴台10:38→頂上11:10~11:19→第2見晴台11:42→第1見晴台12:07→登山口13:20
f0138096_941051.jpg

第1見晴台のコメバツガザクラ
f0138096_941999.jpg

昨年のマイズルソウの実
f0138096_941183.jpg

コメバツガザクラの葉?
f0138096_9412834.jpg

一つから枝分かれしているように見えるフキノトウ
f0138096_9413651.jpg

登山ポスト周辺は雪がないけれど、歩き出してすぐに残雪がある
f0138096_9414373.jpg

3合目手前の状況、雪の下が空洞になっていたりして踏み抜きに注意が必要
f0138096_9415178.jpg

岩塔直下にある「頭上注意」の看板
f0138096_9415939.jpg

頂上へのロープ。左端に僅かに見えるロープを使った
f0138096_9421143.jpg

諦めかけたときに見つけた8本爪のアイゼンの片方
by tarumae-yama | 2014-05-03 06:48 | 北海道100名山 | Comments(4)
Commented by maatota at 2014-05-03 22:27 x
ラッキー!! アイゼンが見つかったのですね、すっごぉーーーい!!
ホントにヨカッタ、ヨカッタ。
でも・・・
外れたのに気づかれていなかったとか・・・
摩訶不思議ですぅ・・・
でも、tarumaeさんなら「有り」かもですね。だって、とても歩きが速いので、気づかれないのでしょう。
今後は、きちんと装着しましょうーーー、ふふふふ
Commented by N君 at 2014-05-04 07:42 x
おはようございます。

美幌にきております。

先月、単独で恵庭岳に登った時のこと。天気よくて支笏湖は鏡のようで風も穏やかで頂上でしばらくのんびりしようと考えました。
いつものごとくスマホで撮影していたら…足下でかるく崩落…(汗)
なんか焦ってきちゃってすぐに下りちゃいましたf(^^;
近い将来、頂上まで登れなくなるのでは…というのを少し実感した瞬間でした。
Commented by tarumae-yama at 2014-05-04 19:41
maatotaさん
下りでは腐れ雪でアイゼンが効いていなかったために、気づくのが遅れてしまいました。
それにしてもお粗末でした。
留め具の部分の調子が悪いようです。
場面によっては事故になりかねないので、しっかり調整します。
Commented by tarumae-yama at 2014-05-04 19:47
N君
美幌なら藻琴山にでも息子さんと登ったでしょうか?
恵庭岳は頂上部の崩落が続いているようですから、しっかり状況を確認した方が良いですね。
とは言うものの、標識のあるところまで行けるのは時間の問題かも知れません。

そろそろ夏山ですね。
一緒したいのですが、来週も私は微妙な状況です。
名前
URL
削除用パスワード
<< 「ハリヤ」で札幌往復 札幌の桜、そろそろ見頃 >>