風不死岳と樽前山、4月25日-その2-

昼食を摂るのには少々早く、家内に予定外の風不死岳に登っていることをメール送信し樽前山に向かった。
露出した岩場をワカンで登るのに苦労したため、下山時は鎖場の手前からワカンをザックに。

気温は更に上がったけれど、つぼ足でも登りの自分のトレースを使えばそれ程埋まることはなかった。
風不死岳から樽前山へは932m峰の斜面をトラバースするのが一般的だが、私のトレースが使えないことと、林の中で落とし穴にはまる可能性を考え、進んでは見たものの体力の消耗を懸念して引き返し、分岐まで下りた。
多分、それが正解だったと思うものの、すでに13時近くになり風不死岳と西山分岐地点で昼食タイム。

お腹を満たし樽前山東山の尾根を頂上に向かっていると、この日初めての登山者とスライド。
室蘭のOSさんといういかにもベテラン登山者という雰囲気。
アイゼンを効かせて直登したかったようだが、叶わず夏道を使って頂上に立ったとのこと。
続けてスライドしたのは、地元苫小牧のKさん。
ご夫婦で長年登山を続けられるのは羨ましい限り。

樽前山の稜線はもう殆ど登山道が出ているのでつぼ足でもOKだと思う。
コメバツガザクラなど来月には可憐な花が楽しめそうだ。

山行記録
風不死岳頂上11:25→登山口12:19→風不死岳・西山分岐標識12:50~13:03(昼食)→樽前山東山頂上13:47~13:52→ヒュッテ14:20~14:30→5合目ゲート14:38→ゲート前14:46
f0138096_123351.jpg

分岐標識近くで昼食

f0138096_1232369.jpg

東山登頂後西山に向かうという室蘭のOSさん。アイゼンを使う場面はなかったらしい
f0138096_1233145.jpg

風不死岳をバックに苫小牧のKご夫妻
f0138096_1233984.jpg

支笏湖の奥に紋別岳。登山道が見える
f0138096_1234731.jpg

溶岩ドームと左に西山。ドームの噴気は少ない
f0138096_1235570.jpg

東山の尾根と奥に風不死岳
f0138096_124418.jpg

7合目の登山口から東山に向かう途中にある雪渓は登山道を覆い、一番の難所だが雪が柔らかくてつぼ足でも大丈夫
f0138096_1241226.jpg

登山道の木段付近の残雪状況
f0138096_1242065.jpg

5合目ゲート付近。この日錦岡のゲートが開けられたので、早速やって来た登山者の車。カメラはリコー GR DIGITAL ⅡとパナソニックのLUMIX DMC-GX1Xに同じパナの単焦点レンズLUMIX G 20mm/F1.7 II ASPHの2台使用
by tarumae-yama | 2014-04-27 06:38 | 樽前山 | Comments(2)
Commented by N君 at 2014-04-29 08:12 x
おはようございます(^o^)/
通勤中に見る樽前山、かなり雪が無くなってもうすぐ夏山シーズンに入りますね。
雪のある時季に外輪歩きが出来なかったのが残念です。また来シーズン♪

27日の日曜日、羊蹄山を真狩コースから入りました。全線ツボ足で。朝5時半にスタートして外輪稜線に着いたのが9時半。ちょうど4時間。予定通りのタイムで。
スタートが早かったので山頂に1時間、一人で食事したりして過ごしました。
下山を始めると登ってくる人がたくさん見えました。
下山は1時間半で着いちゃいました。予想以上の早さにびっくり!! 雪があると直線的に歩けますからね♪

今回で雪山最終戦。5月中旬辺りから夏山シーズンで動きだそうと考えております。
Commented by tarumae-yama at 2014-04-29 12:55
N君
予定通り羊蹄山に登ったのですね。
順調だったようで、何よりでした。

もう5月は目前で、いよいよ夏山シーズンですね。
どこか一緒したいと思っているのですが、今はまるで予定が立たなくなってしまいました。
私は、少しの時間と晴れ間を見てやはり支笏湖周辺の山が、これからもメインになりそうです。
名前
URL
削除用パスワード
<< カタクリの花 カタクリの花、見頃 >>