風不死岳と樽前山、4月25日-その1-

愛車に電動アシスト自転車「ハリヤ」を積み込んで樽前山に向かった。
ゲートから先は舗装路面が完全に乾いた状態だった。
樽前山でスライドした登山者から聞いて知ったのだが、今日の11時に錦岡のゲートが開放されたとのこと。
下山後、樽前山7合目ヒュッテの管理人Oさんに聞いたところ、モラップ側のゲートは路面の凍上が安定する来月になるらしい。
そして、5合目のゲートが開くのは6月1日?からだが、早まるかもとのことだった。

昨年も同じ頃にハリヤで登っているが、その時は5合目から先は雪が多くて進めず、路肩の雪の上に放置し徒歩でヒュッテに向かった。
今年は、少雪のせいもあるのだろうが、本当に雪解けが早い。

小屋前にハリヤを置いて、向かいの登山口からお花畑コースを通って風不死岳へ。
スパイク長靴で行けると思ったのだが、気温の高さに出だしからズボズボ埋まり、たまらずワカンを装着した。
それでも、何度か落とし穴に落ちてしまった。
落ちると余計なもの?を装着しているので、抜き取るときつぼ足より質が悪く、えらく体力を消耗する。
それと、この時期は残雪の状況が中途半端で、ところどころ登山道が現れているのだが、なかなかその道を繋ぐことが難しく何度か迷走した。
風不死岳の鎖場近くから頂上までは殆ど登山道が出ていたけれど、結局頂上までワカンを履いたまま。

北尾根から登ってくる登山者もいないようで、今回も誰にも会わない静かな風不死岳だった。

山行記録
ゲート前08:14→5合目ゲート08:28→ヒュッテ08:52~08:56→風不死岳登山口09:55→頂上11:04
f0138096_23161159.jpg

昨年とは大違いで5合目から先も雪がない
f0138096_23162215.jpg

雪解け直後で路面は柔らかくて泥をはねるが、7合目まで漕いで行ける
f0138096_23163010.jpg

風不死岳の登山口。残雪がかなりあるが昨年よりは随分と少ない
f0138096_23163878.jpg

お花畑コースから樽前山東山斜面
f0138096_23165041.jpg

風不死岳と西山分岐付近まで沢筋は残雪がたっぷり
f0138096_23171100.jpg

風不死岳と西山分岐付近。尾根筋は登山道が出ている
f0138096_23171068.jpg

樽前山をバックに鎖場
f0138096_23171999.jpg

風不死岳の偽ピーク付近から樽前山を写す
f0138096_23172957.jpg

霞んでいるが、中央に徳舜瞥山とホロホロ山、右に白老3山、左に23日に登ったばかりのオロフレ山がなんとか見える
f0138096_23173951.jpg

支笏湖と恵庭岳。左端に尻別岳と羊蹄山が肉眼ではかすかに分かるのだが、写真では無理?
f0138096_23174774.jpg

偽ピークから風不死岳の頂上。左にイチャンコッペ山
f0138096_23175630.jpg

風不死岳の陽当たりの良い場所ではコメバツガザクラが蕾を付けていた
f0138096_2318492.jpg

同上
f0138096_23181786.jpg

GPSの軌跡。昨年は沢を詰めて風不死岳に登ったのだが、斜面に雪がなくてもう無理だろう
by tarumae-yama | 2014-04-26 07:01 | 北海道100名山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< カタクリの花、見頃 4月25日、風不死岳と樽前山-... >>