藻岩山-慈啓会病院前コース-、4月14日

我が家の庭から風不死岳の頂上部が見えるのだが、朝クッキリと見えたので、出勤前に藻岩山に登る事に決めた。
快晴無風の天気に、気温も上がり春山本番という感じ、行き交う登山者の服装も冬服から脱皮?したように見える。

ピンの抜けたスパイク長靴でも快調に登り、1時間かからず頂上に到着。
ベンチで一緒になった年配の方達と、昼食を摂りながら山談義を楽しんだ。
80歳を超えるお二人から、若さの秘訣を聞いて私もまだまだ頑張れそうな気がしてきた。
登山の良いところは、こうして見ず知らずの人達と気軽に会話を楽しむことができること。

やっぱり、山はいいなぁ~!

山行記録
慈啓会病院登山口10:14→頂上11:09~12:25(昼食)→慈啓会病院登山口13:02
休憩を含めて登りに55分、下りに37分
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_23173470.jpg

登山者二人を入れて
f0138096_23174968.jpg

根開けが進んでいる
f0138096_2318181.jpg

下山時撮影。Tシャツ、短パンスタイルの男性が駆け上がってきた。中央奥に手稲山
f0138096_23181474.jpg

藻岩山三十三体の石仏の二三番から頂上部を写す
f0138096_23182468.jpg

藻岩山展望台の屋上から、左端に恵庭岳、右に空沼岳、狭薄山、札幌岳など
f0138096_23183276.jpg

JRタワーなど中心街と奥に真っ白な暑寒別の山並み(左側)とピンネシリなど樺戸山系(右側)
f0138096_23184420.jpg

真ん中に百松沢山、左に烏帽子岳や神威岳
f0138096_23185293.jpg

頂上で恵庭岳をバックに、チーちゃん?達(名前を失念したm(_ _)m)、気さくなお二人だった
f0138096_231966.jpg

展望台のベンチで山談義を楽しんだ人達と記念写真。私の左の男性は83歳、右は81歳とのこと。右端の男性は私よりひとつ下らしい。それぞれ単独行。83歳の男性は慈啓会コースから1時間15分で頂上と言っていたから、お歳を考えれば凄い健脚!
by tarumae-yama | 2014-04-15 06:51 | 登山 | Comments(8)
Commented by N君 at 2014-04-15 07:59 x
おはようございます(^o^)/
昨日もよい天気でしたね~。
日曜日、恵庭岳登りました。先月、イチャンコッペ山で山友になった千歳のご婦人と一緒に。
スタートから2時間50分ほどで頂上に。
自分にとっては今年一番のいい天気、いい眺めでした~。
Tarumae-yamaさんとご一緒できればよかったんですけどね、仕方ないです。
次回はご一緒に(^o^)/
Commented by スズ at 2014-04-15 13:08 x
こんにちは。スズです。
藻岩山に行くといつも思うことですけど、
若い人よりも年配の人たちのほうが元気だなぁって…。
積雪期はシャベル持って石仏の除雪をしながら
登っている年配の方とも多く出会います。
彼らのおかげで、通年、石仏めぐりしながら
山に登れるので感謝ですねぇ。
Commented by tarumae-yama at 2014-04-15 22:04
N君
恵庭岳、一緒出来なくて何とも残念でした。
でも、最高の天気と眺望に恵まれ良かったですね。
千歳のご婦人も大感激だったことと思います。
次回の日曜日、一緒出来れば良いですね。
Commented by tarumae-yama at 2014-04-15 22:15
スズさん
ご高齢の方は、自分もそうですが、出来るだけ周りに迷惑を掛けぬよう一日でも長く元気でいたいという気持ちから、せっせと運動をしているのでしょうね。
石仏の除雪もそうですが、斜面の急なところに足場を作ったりしていますね。
近くの木にスコップが立てかけてあったりします。
そんなスコップを三角山でも見かけましたが、地元の人達がボランティアでやってくれているのでしょうね。有り難いことです。
Commented by ピータンまま at 2014-04-16 00:12 x
いい天気ですね♪
この半そで短パンの男性ってよく見かける方かも。
まだドロドロではないようですね
早く登りたいです。

私もいつも思います。
ご年配の女性が同じペースでコツコツと登る姿を見ると
日々の努力なんだな~と感じます
ほぼ毎日登っているのでしょうね。

いつも友人と話してます
将来は藻岩山の麓に住みたいと(笑)



Commented by tarumae-yama at 2014-04-16 07:26
ピータンままさん
藻岩山ではトレランの方を時々見かけますね。
最近は樽前山でも良く見ます。
藻岩山の登山道は一部雪のなくなっている部分があり、そこはドロドロでした。
なので、私にはスパイク長靴が最適でした。

近い将来、藻岩山の麓に住めると良いですね。
私も住みたいです(でも私の場合特養かな?)(^^;)
Commented by ぶるまま at 2014-04-16 20:28 x
ご無沙汰しております。
2月後半から引いた風邪が長引き、すっかり山から離れており
体力が落ちてしまいました。
回復してからは年度末の仕事に追われて・・・通勤時に見える
山を眺めてる毎日でした。
tarumae-yamaさんのブログを拝見しながら、山へ行った気に
なれて頑張れました!
ありがとうございます。
そんな中、昨日思いがけず時間が出来て、最低限自分の
思いつく物を準備し、車を走らせ藻岩山へ。
15:00は過ぎていたので、自分の体力はもちろん状況を見て
下山もありかと思いながら頂上へ着くことが出来ました。
いつもは賑わう慈啓会登山コースも誰もいませんでした。
風の音、きつつきの木を打つ音、自分の足音、呼吸だけの
空間に居心地の良さを感じながらも、ふと怖さも感じたりして(笑)
やっぱり山はいいなぁと確認することも出来ました。

いつかご一緒出来るのを目標に!
山修行コツコツ頑張ります。
Commented by tarumae-yama at 2014-04-16 23:45
ぶるままさん
風邪が長引くなど色々大変だったのですね。
でも、藻岩山に登頂出来て良かったです。
私も慈啓会病院コースで登った時に、とても大きなドラミングの音に、これはクマゲラかもと興奮しました。
実際はアカゲラでしたが、随分と反響するものですね。

私のブログを見ていただいているそうで、有り難うございます。
今までは昨年を上回るペースですが、今後どうなりますか・・・・。

そのうちお友達を含めご一緒する機会があれば嬉しいです。
そのときはシルバートリオと合同で。

本当に、山はいいですね~。
名前
URL
削除用パスワード
<< エゾエンゴサク 福寿草 >>