2月8日、支笏湖の外輪山歩き-その1-

紋別岳の登山口にY君の車を停め、私の車でイチャンコッペ山の駐車場に移動した。
8時頃到着すると、イチャンコッペ山に登ると言うpositive51さんが準備中だった。
そんな訳で、途中まで一緒することに。

今朝の千歳も-20℃を下回る厳しい冷え込みだったが、無風と太陽のおかげで行動中は全く寒さを感じることはなかった。
夏道に沿ってトレースがあったのでそれを使ったけれど、614mピークの手前からトレースを外れ尾根に忠実に歩いてそのピークに立った。

途中、前方に札幌の市街が望め、肉眼でもJRタワーが判るほど視界が素晴らしかった。
市街の奥に薄青色の日本海と暑寒別の山並みもクッキリ。
そして614mピークに立つと、支笏湖と周りの山々がいきなり目に飛び込んできて思わず歓声が出た。

しばし撮影タイムとなり、その後イチャンコッペ山に向かうpositive51さんに別れを告げ、我々は紋別岳へ向かって歩き出した。

山行記録
イチャンコッペ山登山口08:12→614mピーク09:12~09:19→735mピーク11:31~11:59(昼食)→紋別岳登山道13:30→紋別岳頂上13:52~14:00→紋別岳駐車場15:03
GPSによる総歩行距離12.20km
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_10434630.jpg

イチャンコッペ山の駐車場に向かう途中、支笏湖とその奥の風不死岳や樽前山を写す
f0138096_10435511.jpg

登山ポストで記帳するpositive51さん
f0138096_1044560.jpg

幌平山の斜面をトラバース中の二人
f0138096_10441338.jpg

斜面の途中で記念写真
f0138096_10442246.jpg

右に幌平山、中央に恵庭岳
f0138096_10443022.jpg

614mピークの手前から、札幌の市街や暑寒別の山並み
f0138096_1044405.jpg

614mピークで撮影中のpositive51さん。中央右にこれからY君と向かう紋別岳が見える
f0138096_10445268.jpg

614mピークから、支笏湖の奥に光り輝く太平洋。モラップ山の左に製紙工場?の煙突から出る煙まで見える
f0138096_11321565.jpg

幌平山の右に漁岳もクッキリ
f0138096_1045338.jpg

単独でイチャンコッペ山へ向かうpositive51さん
f0138096_10452063.jpg

f0138096_1045318.jpg

上の2枚の写真はpositive51さん提供
f0138096_10455023.jpg

GPSの軌跡
by tarumae-yama | 2014-02-09 11:07 | 登山 | Comments(7)
Commented by ひかる at 2014-02-09 13:11 x
こんにちは。
昨日、初紋別岳登山へ行ってきました。寒い日にも関わらず、
無風状態に視界も良く他山登頂への意欲も湧きましたが、あ
のような天候は特異状態と考えてました。
支笏湖周囲のロケーション、太平洋、日本海に遠くの山景色に
感動してました。


Commented by positive51 at 2014-02-09 15:03 x
こんにちは、昨日は大変お疲れ様でした。GPSで見ると本当に長い行程な上にいくつものアップダウンがあって歩きご耐えがあるのが分かりますね。私も紋別岳から734mピークまでのスノーハイクはいつかやってみたいと思っています。
それにしても昨日は気温が低いにもかかわらず無風ですごしやすかったですね。写真もたくさん撮ってもらいありがとうございました。
Commented by ポッケ at 2014-02-09 19:00 x
今年は昨年をも上回るペースで、山を登っていますね!
このルートは、歩きごたえがありそうですが、
日本海まで望めるのですか?
Commented by tarumae-yama at 2014-02-09 19:43
ひかるさん
コメントを有難うございます。
昨日の紋別岳では苫小牧のご夫婦とスライドしただけでした。
もうすこし早く到着していたらお会い出来たかも知れませんね。

紋別岳は、支笏湖周辺では藻岩山のように手頃な山ですが、展望は素晴らしいものがあると思います。山スキーも楽しめます。
昨日は、本当に遠望が利きましたね。
夕張山系や日高の山並みも見えて、本当に良かったですね。
厳冬期としては風が驚くほどなかったですし。

トレースがなければ一寸大変ですが、あればイチャンコッペ山も支笏湖の展望台としてお薦めの山です。
何時か山でお会い出来れば嬉しいです。
Commented by tarumae-yama at 2014-02-09 19:55
positive51さん
昨日の縦走は、紋別岳からスタートすれば、歩きやすい分楽に高度を稼げて有利だと考えていました。紋別岳の頂上近くまで登れば、後は基本的に下りベースですし。
ただ、もし季節風が強ければずっと向かい風の中を歩く形になるので、それを懸念して幌平山側からにしたのですが、結果的には無風状態だったので判断ミスでした。

でも、天気と眺望に恵まれて最高でしたね。
日本海もしっかり見えましたし。
紋別岳から734mピークまでの歩きは、私達のタイムを見ても分かるように往復3時間も見れば十分ですし、高低差も差ほどないのでお薦めです。
Commented by tarumae-yama at 2014-02-09 20:09
ポッケさん
ご無沙汰しております。
コメントをしばらく入れていませんがブログはずっと拝見しています。
そして、一緒に登れる機会がないものかと何時も考えていました。

今年のペースは、異常に多かった昨年と今のところ同じ位ですね。
でも、支笏湖周辺野の低山ばかりです。
これから雪が締まってくれば漁岳や丹鳴岳など一寸ハードな山にも向かいたいと思っています。

日本海の件、イチャンコッペ山からは樹木に遮られて見えないと思いますが、この614mピークからははっきり見えました。
写真の6枚目を大きくすると、札幌市街の左端と山並みの僅かな間が日本海です。
写真だと一寸判然としませんが、肉眼では鮮明でした。
また、視界が良ければ紋別岳の頂上からも見えます。
途中のピークからも見えるので、興味があればぜひ挑戦してみて下さい。
その時は、私達とは逆から歩いた方が楽だと思います。
Commented at 2014-02-10 10:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 2月8日、支笏湖の外輪山歩き... 支笏湖の外輪山歩き >>