1月19日、多峰古峰山

N君と予定していた多峰古峰山、H原さんも都合がつくと。
そこへ先日オコタンペ山で一緒したY君から、どこか山へ案内してくれないか?とのメール。

そんな訳で、H原さんとN君には初対面のY君と4名でタイトルの山へ。
丸山交差点近くの駐車場で合流したH原さんの話では、途中漁岳、オコタンペ山、恵庭岳などの登山口には車が停まっていたらしい。
多峰古峰山へ向かう途中も、樽前山や風不死岳の登山口にはそれぞれ数台の車があり、登山者の姿も見えた。
冬山もいよいよ本番になり、晴天ならこれから週末毎に見られる光景になりそうだ。
当然、多峰古峰山登山口付近にも先行者の車があるものと思っていたのだが、こちらは我々だけの山だった。

それでも、林道はしっかりとトレースがあり、尾根の取り付きや稜線上にも不鮮明ながら踏み跡が残っていたので、有り難く使わせてもらった。

多峰古峰山頂上に到着したとき風不死岳の頂上は雲の中、樽前山山頂部の雲の流れは速くて、いかにも冬の樽前山らしい。
そのうちにどちらも雲が取れてスッキリとしてきたが、風も少しは収まっただろうか?

我々の多峰古峰山はそんな懸念もなく、快晴の下、支笏湖と白く輝く周囲の山並みを堪能しながら昼食を摂った。

山行記録
登山口09:45→頂上11:31~12:18(昼食)→登山口13:21

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_11531198.jpg

林道ゲート前で出発前の記念写真。H原さんの提供
f0138096_11532038.jpg

f0138096_11533013.jpg

もうじき稜線に出るというところで
f0138096_1153383.jpg

木に残る熊の爪痕?を撮影するN君
f0138096_11535374.jpg

多峰古峰山頂上、H原さんの提供
f0138096_115453.jpg

風不死岳や樽前山をバックに記念写真
f0138096_11541366.jpg

スノーシューを使って風除けの休憩所作り
f0138096_11542137.jpg

完成した休憩所で、H原さんの提供
f0138096_11543016.jpg

支笏湖と左端に恵庭岳、イチャンコッペ山や紋別岳も見える
f0138096_11543766.jpg

頂上から、左に風不死岳と白く輝く樽前山
f0138096_11544861.jpg

アップで樽前山
f0138096_11545745.jpg

下山の途に
f0138096_1155458.jpg

木に遮られているが中央に羊蹄山、左にクッキリとミニ羊蹄山のような尻別岳
f0138096_11551560.jpg

GPSの軌跡、上の赤線が登りのもの。9日に登った時とかなり違うが私は何時もはこのコースを採る
by tarumae-yama | 2014-01-20 12:07 | 登山 | Comments(4)
Commented by N君 at 2014-01-20 12:34 x
昨日はお疲れ様でした♪
天気もよく穏やかな日に登ることができました。
頂上からは湖側は支笏湖ブルー。
海側は太陽に照らされた黄金色の太平洋。
まわりの白い山々…
それらを見ながらの昼食タイムは贅沢でありました。

次の日曜日も晴れるといいな♪
Commented by positive51 at 2014-01-20 20:55 x
こんにちは、支笏湖ブルーがとてもきれいに写っていますね。
私はこの日午前中しか時間がなかったので以前から気になっていたモラップ山にソロで登りました。こちらは木がいっぱいあってすっきりとした眺望が得られないのですが多峰古峰山は景色がいいですね。そのうち行きたいと思います。
Commented by tarumae-yama at 2014-01-20 21:51
N君
10日前に登った多峰古峰山からは眺望がそれ程良くはなかった分、今回は感激も大きかったです。
Y君共々初めての山だったでしょうから、晴天と眺望に恵まれて本当に良かったですね。
この山からの支笏湖ブルーは、恵庭岳や風不死岳と比べても決して引けをとらないと思います。
トレースがあれば1時間半前後で登れるので、毎冬一度は登りたい山ですね。
来週のオコタンペ山もこうであって欲しいところです。
Commented by tarumae-yama at 2014-01-20 22:01
positive51さん
コメントは入れませんでしたが、モラップ山の記事は読んでいました。
この山は、稜線上の木々が多くて眺望がそれ程得られないのが残念ですね。
雪が溶け出す頃、野生の福寿草が沢山見られるので、その頃花目当てで登っています。
ところで、多峰古峰山ではpositive51さんの話が出ました。
N君か私に連絡があるかと思っていましたが、時間が取れなかったのですね。

この山も頂上標識のある最高地点は樹木のせいで眺望が今イチですが、そのすぐ先から一級の眺望に変わります。きっと感嘆の声が出ると思います。
ぜひ、登ってみて下さい。
名前
URL
削除用パスワード
<< 1月19日、七条大滝 1月19日、多峰古峰山と七条大滝 >>