1月5日、強風の樽前山

H原さん、positive51さん、N君の4人で樽前山に登って来た。
森林限界点から先は強風に翻弄されたものの、晴天の下、眺望にも恵まれて満足の樽前山だった。

例によって詳細は明日アップしようと思う。
とりあえず、写真を4枚。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_1524594.jpg

f0138096_1525677.jpg

f0138096_153651.jpg

f0138096_1531537.jpg

カメラを忘れるという大ちょんぼで、写真は全てN君のオリンパスTG-630を借りて
by tarumae-yama | 2014-01-05 15:07 | 樽前山 | Comments(8)
Commented by 村上 剛 at 2014-01-05 15:45 x
今日私もソロで登りました。9時45分の山頂は立つのがやっとの強風で、私のデジカメは低温ですぐに動作停止してしまいました。TGはさすがですね。どこで「スライド」したのか、明日のブログを楽しみにしています。
Commented by positive51 at 2014-01-05 19:19 x
こんにちは、今日は本当に素晴らしい景色を見ることができました。
最初のラッセルでは遅れをとってしまい、心が折れそうでしたがベテランお二人のおかげで山頂まで登ることができました。イメージトレーニングはしていましたがやはり実際に行ってみないと分からないことがありますね。とてもいい経験になりました。もっともっと修行したいと思います。
Commented by N君 at 2014-01-05 22:27 x
本日はお疲れ様でした!!
元旦の藻琴山途中撤退の鬱憤を晴らすべく今日は登りました(笑)
風に吹き飛ばされる雪を見ているときれいで見とれてしまいました。
仕入れたばかりのアイゼンもばっちり効いてました♪
冬の溶岩ドームを間近に見れて、東山の頂上に立てて嬉しかったです!
今度は穏やかな天気の日に頂上に立ちたいものです。
Commented by tarumae-yama at 2014-01-05 23:42
村上さん
コメントを有難うございます。
思うに、夏道から森林限界点を越え木段が始まる辺りにソロの男性が見えました。それが村上さんだったのではないかと。
我々は、トイレの右側から林を抜け、932m峰に向かうように途中までトラバースし、それから頂上に立ちました。時間がかかったため、すでに村上さんは下山した後だった様です。
お会いしてお話し出来れば嬉しかったのですが、残念でした。
Commented by tarumae-yama at 2014-01-05 23:47
positive51さん
早速のコメントを有難うございます。
一寸ラッセルで苦労しましたね。
今日もお話しをしましたが、まだ雪が締まるまではラッセルは思いの外体力を使うので、もうすこし待つかなるべく多人数で登った方が良いと思います。
もっとも、ラッセルは体力が付くしダイエットにもなるので私は好きです。まあ、それも限度がありますが。

それにしても、今日は支笏湖ブルーが綺麗でした。
苦労した分、余計そう感じます。
Commented by tarumae-yama at 2014-01-05 23:50
N君
快調だったね。感心しました。
あの馬力なら風不死岳も恵庭岳も一人で頂上に立てるかも。
また一緒しましょう。
Commented by Y at 2014-01-06 12:44 x
こんにちは、あけましておめでとうございます。
年明けから早速登山初めているのですね。

以前苫小牧に住んでいた頃支笏湖にはよくいきましたが
山頂から見るとさらに奇麗なんですね。

どの写真も青い空と白い雪がとっても奇麗です。

そしてイケメン登山家たち^^
今年も素敵な写真楽しみにしています。
Commented by tarumae-yama at 2014-01-06 20:43
Yさん
明けましておめでとうございます。
そして、コメントを有難うございます。

はい、新年早々からの山は、貧乏ひまなしです。って一寸意味が違いますね。
青空の下、上から見る支笏湖の碧さは素晴らしいものがあります。
3月頃には更に碧さが増して綺麗に見えると思っています。
その頃にも、イケメンのN君を誘って別な山からの支笏湖ブルーをお見せできればと考えています。
名前
URL
削除用パスワード
<< 1月5日、樽前山 これもスノーハイク? >>