12月20日、樽前山-樽前山東山から西山へ、そして下山-

東山の頂上には12時前に到着。
上層雲曇りではあるけれど、この時期の樽前山としては驚きの無風状態だし、このまま下山するのは勿体ない。見るところ、外輪山上の積雪は少なく、すんなり歩けそうだから西山へ行っても日没までには下山出来そう。

という事で向かった西山は、思惑通り夏山同然?で快調だった。
しかし、戻りも同じコースで1時間も経っていないというのに、樽前神社奥宮付近から外輪山分岐まで強風が吹き荒れていて厳冬期並みの厳しさを味わった。
行きは穏やかだったのだが、溶岩ドームを回り込む風が収束して強まり、まともに歩けない。
その上、飛ばされた雪粒が顔面に当たり痛いほど。
目出し帽はザックの中にあるけれど、尾根状の吹き曝しの所ではザックから取り出すのもままならない。

1000m足らずの山なのだが、こんな激変に驚いてしまった。
f0138096_2011979.jpg

外輪山分岐付近から、噴煙を上げるドームと左に西山
f0138096_20111887.jpg

樽前神社奥宮と中央に西山
f0138096_20112632.jpg

西山をアップで、中央に羊蹄山が見える
f0138096_20113297.jpg

西山から溶岩ドームと右に東山頂上部
f0138096_20114072.jpg

西山頂上から中央左にホロホロ山、右に白老3山
f0138096_20114746.jpg

西山頂上から支笏湖と羊蹄山
f0138096_20115582.jpg

同上、中央に恵庭岳、右端に風不死岳
f0138096_2012269.jpg

風不死岳を中央に左端は恵庭岳、右端に紋別岳
f0138096_20121080.jpg

下山時、奥に外輪山分岐、1月にはカリカリに氷化してアイゼンがなければ歩けない難所部分
f0138096_20121675.jpg

難所を渡りきり、木段が始まるすぐ上でしばし休憩。支笏湖の奥にイチャンコッペ山
f0138096_20122632.jpg

マカロンのようなウサギの糞
f0138096_20123350.jpg

7合目のすぐ上にある見晴台から支笏湖、鮮明ではないが手前の足跡はウサギのもの
f0138096_20124189.jpg

無事ヒュッテまで戻ってきた。中には札幌から来たと言うご夫婦?が管理人さんと談笑中だった。ご夫婦?はヒュッテが今日の頂上とのこと。
管理人のOさんから、「樽前山の四季」のKさんの近況などを聞くことが出来た
by tarumae-yama | 2013-12-23 07:04 | 北海道100名山 | Comments(4)
Commented by mori at 2013-12-24 22:19 x
こんばんは。
樽前の急変というよりは激変ぶり、やっぱり凄いですね!
冬山はやっぱり怖いなあ~。私は天気の良い日に低山でのんびり
くらいでちょうど良いです。

ウサギさんのマカロン、marumae-yamaさんが雪の中に残した
道迷い防止の何かの目印かと思ってしまいました!
でもこれだと、あっという間に風で飛ばされちゃいますね。
Commented by ぶるまま at 2013-12-25 10:47 x
冬の樽前山!
綺麗ですね~。いつか行けたら・・・。
スパイク靴は購入して、ゲイターを付けて
藻岩山を週1回で慈啓会病院側と旭山記念公園側と
歩いております。
アイゼンやスノーシューが無ければ、他の山は
やっぱり無理ですよね。
来月は、手稲山や小樽塩谷丸山のスノーシュー講習に
参加の予定です。
来年も、まだまだ山初心者の私にアドバイスと山情報を
発信していただければとても心強いです。
また、山でお会いできますように。
Commented by tarumae-yama at 2013-12-25 16:39
moriさん
樽前山、頂上まで逆に風がなくて驚きました。
帰りの強風は、これがこの時期当たり前と思っているので、雪が降っていなかった分ラッキーという感じでした。
この強風の中を歩くのは試練というと大袈裟ですが、気持ちが引き締まる気がして好きです。しかし、ヒュッテまでの往復が長すぎますね。

ウサギのマカロン?、確かに強風で飛ばされるでしょうね。
他に、シカの足跡が沢山ありましたが、マカロンを全く見なかったのが不思議です。
ネズミの足跡もありました。
Commented by tarumae-yama at 2013-12-25 16:57
ぶるままさん
青空が出ていたら支笏湖ブルーが美しかったと思うのですが・・・
今度、晴れているときにまた登りに行きますので、きれいな支笏湖を期待して下さいね。

藻岩山を週1で登っているのは素晴らしいです。
アイゼンやスノーシューがなくてもスパイク長靴だけで登れる山は、この後ドッサリ降らないという条件付きですが、支笏湖周辺では紋別岳にイチャンコッペ山があります。
それに、今日登って来ましたが、風不死岳の北尾根コースもまだ大丈夫です。
しかし、風不死岳は微妙なところがあるので、経験者に同行してもらって下さいね。

ところで、STYLUS 1か G16のどちらかを買われたのでしょうか?
どちらにせよ、評判の良い機種ですから撮影を楽しめますね。
今度、山でお会いしたときそのカメラを見せて下さいね。
名前
URL
削除用パスワード
<< クリスマスイブ あんこ餅 >>