12月3日、またまた風不死岳北尾根

11月30日にms090さんと登った風不死岳で、装着したアイゼンがしっくりこなくて何度も直したものだから、頂上までたっぷり2時間半もかかってしまった。
帰宅後アイゼンを調整したので、調子を確かめたくてまた風不死岳の北尾根へ。
恵庭岳も頭にはあったのだが、装着の具合を見るのには同じコースが良いだろうと。

駐車場手前の倒木はまだ処置されておらず林道を塞いでいたため、前回と同じ所に駐車。
登山者名簿では3日前の我々が最後で、今日もどうやら私だけの風不死岳。

その後、降雪は殆どなかったらしく我々のトレースがしっかり残っているのを見て、ワカンは車に置いて行く事に。
前回は、頻繁にスリップするようになった7合目辺りでアイゼンを使用したが、今回は15分ほど林道歩きの後、尾根に取りつくところで早々と装着。
これは正解だったようで、頂上まで1時間45分で到着。

昼から晴れるという予報だったが、頂上では小雪が舞い恵庭岳すら見えない状況で、30分ほど昼食を摂りながら天気の回復を待ったものの、願いは叶わなかった。

肝心の10本爪アイゼンの調子だが、多少良くなった程度で今ひとつピンと来ない。
まあ、簡易アイゼンに毛の生えた程度の安物だから、期待が過剰なのかも。

山行記録
北尾根登山口11:13→頂上12:58~13:25(昼食)→登山口14:27
休憩を含め登りに1時間45分、下りに1時間2分
f0138096_18161152.jpg

林道から尾根取り付き部分で早々にアイゼンを装着
f0138096_18162176.jpg

中腹から振り返ると支笏湖とイチャンコッペ山(中央左)と紋別岳(中央右)。この頃が一番視界が良かった
f0138096_18163191.jpg

風不死岳頂上から樽前山。樽前山も降雪になっている感じ。溶岩ドームが雲に溶け込んでいる
f0138096_1816393.jpg

噴煙を上げる溶岩ドーム。右下に932m峰
f0138096_18164840.jpg

頂上から932m峰をアップで
f0138096_18165756.jpg

f0138096_1817523.jpg

この食痕はクマゲラ?それともアカゲラ?
by tarumae-yama | 2013-12-04 07:05 | 北海道100名山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 12月4日、青葉公園 LUMIX DMC-GM1K >>