11月24日、恵庭岳-その1-

前日幼稚園に行っている孫の発表会があり、その後の会食で食べ過ぎてしまった。

そんな訳で、ダイエット登山へ。
ただ、山はなかなか決められず、ゲートから長い歩きの樽前山か風不死岳の北尾根かで散々迷った挙げ句の恵庭岳。

昨年も今回と同時期の11月25日に登っているのだが、その時よりずっと雪が少なく夏靴でも第2見晴台まで問題ない状況。
さすがに、頂上岩塔からの下りはスリップの危険があるから、スライドした2組の男性は本格的なアイゼンを装着していた。

今回もワカンをザックにスパイク長靴だったけれど、次回はアイゼン持参で登ろうと思う。

山行記録
登山口08:30→第1見晴台09:53→第2見晴台10:19~11:32(昼食)→第1見晴台11:49~11:59→登山口12:54(一部省略している区間あり)

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_18301357.jpg

支笏湖畔から正面に恵庭岳、右に漁岳
f0138096_18302341.jpg

散々迷った樽前山(左)と風不死岳
f0138096_18303283.jpg

登り専用コースで登りきった先行者。雪は昨年より少なくせいぜい数センチ
f0138096_18304120.jpg

第1見晴台の上で先ほどの先行者がアイゼンを装着中
f0138096_18305096.jpg

8合目標識を入れ中央左に頂上岩塔
f0138096_183058100.jpg

第2見晴台から、支笏湖と奥に紋別岳。一寸霞んでいる
f0138096_1831740.jpg

第2見晴台から頂上岩塔
f0138096_18311623.jpg

オコタンペ湖と奥に小漁山。羊蹄山は霞んでいる上に頂上部が雲の中
f0138096_18312459.jpg

岩塔の下でスライドしたBさん。単独で夏は沢登り、冬は山スキーをやるそうだ。アイゼンをしっかり装着している
f0138096_18313225.jpg

輝く支笏湖と奥に太平洋も輝いている
f0138096_18314039.jpg

頂上に架かるロープが3本見える
f0138096_18314895.jpg

f0138096_18315619.jpg

f0138096_1832420.jpg

無風の頂上は暖か
f0138096_18321220.jpg

f0138096_183220100.jpg

f0138096_18322766.jpg

カメラはパナソニックのLUMIX DMC-GX7+LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 ASPH./POWER O.I.S. H-HS12035
by tarumae-yama | 2013-11-25 07:16 | 北海道100名山 | Comments(2)
Commented by yo-shi2005 at 2013-11-25 09:41
ご無沙汰しております。
まだそれほど雪が深くないようですね、
こんな軽い思いたちで、これほどの山に行ける山岳知識と体力がうらやましい次第です。
画像に写っているピンクリボンは登山道の目印ですか?。私たちはこんなリボンを目印に、滝を求めて、獣道を歩きます。
Commented by tarumae-yama at 2013-11-25 22:31
yo-shi2005さん
コメント有難うございます。
千歳周辺は今のところ雪がない状況で、山も例年より少ないように見えますが、明日以降冬型が強まるようですから、平地でも積雪になるかも知れません。

そんな訳で、今のところ支笏湖周辺の山はまだ夏山の様な感じで手軽に登れますが、それも今度積雪になれば一気に難しくなると思います。

ピンクリボンは、11月2日にこの山で道迷いから滑落事故があったため、登山道上に随分付けられました。
初めて登る登山者には心強い目印でしょうね。
また、これからの時期登山道が雪の下になり、どこを歩くべきか迷うことが出て来たときにもこのリボンは有り難いと思います。
名前
URL
削除用パスワード
<< 11月24日、恵庭岳-その2- 雪山装備の点検 >>