10月18日、風不死岳と樽前山-その2-

風不死岳の頂上で札幌のSさんと少々山等のお話しをし、先に下山して行くSさんを姿が見えなくなるまで見ていた、あんパンをかじりながら。
何時もなら20分程で済ませる昼食を、心地よい陽気に30分以上かけて景色も楽しんだ。

その後、樽前山に向かった。前日東山ピークに立ったので、今日はパスして西山経由で下山しようと考えつつ。
この日-0.3℃まで下がった最低気温も、下山時には随分と昇温し長袖シャツで暑いくらい。

932m峰のコルまでところどころ膝位の雪が残っていたから、しっかりトレースを使わせてもらったが、樽前山の外輪山から西山に向かうようになると、活火山の熱で積雪もまだら状態、後は前日紹介した傾斜のきつい部分に残っている雪面を慎重に渡って無事下山。

帰宅後記録をPCに入れたところ、今年丁度20回目の樽前山(風不死岳は10回目)だった。
もともと樽前山は1番多く登る山だが、今年は何故か特に多い。
さすがにこれだけ登ってその都度ブログにアップしていたら、どれもこれも同じような写真ばかりかも。
もう読者の皆さんは食傷気味と思いつつ、懲りずに今回も沢山の写真をアップした。

山行記録
風不死岳登山口12:21→西山ピーク13:25~13:31→樽前山7合目登山口14:45
f0138096_213871.jpg

932m峰の斜面をトラバース中。この辺りは積雪が多い
f0138096_21381993.jpg

932m峰斜面にゼブラ模様
f0138096_21382826.jpg

コメバツガザクラを撮影している様子をパチリ。カメラはニコンのネオ一眼のよう
f0138096_21383754.jpg

溶岩ドーム付近の吹きだまった部分
f0138096_21384625.jpg

西山に向かう途中で追いついたhir(ヒー?)さん、同意を得てアップ。子供が幼稚園から戻る前に帰宅とかでこの後急いで下山。ご自身のブログ?があるようだが、見るためには専用ソフトのインストールが必要らしい。今年登った樽前山で山にはまって今回8座目と言っていた
f0138096_21385496.jpg

西山ピークから。ソーラーパネルに付着していた氷も昇温で落下した様子
f0138096_2139386.jpg

同上
f0138096_21391248.jpg

西山ピーク付近のコケモモの実
f0138096_21392162.jpg

ガンコウランに付着した樹氷?を前景に風不死岳や支笏湖
f0138096_21393039.jpg

同上。溶岩ドームの右に東山ピーク
f0138096_21394190.jpg

落ちていたシラタマノキの実を前景に溶岩ドーム
f0138096_21395925.jpg

登山道脇に2,3株コマクサがしっかり根付いている
f0138096_2140111.jpg

前日紹介した外輪山分岐手前の一番斜度のある登山道部分。雪に覆われているからスリップしたら停められない。年配のご夫婦が渡っている。その前方にも二人組が見える
f0138096_21402239.jpg

上の写真の部分をアップで。前方に外輪山分岐
f0138096_21403441.jpg

上の写真の辺りから、落葉しているがナナカマドの赤い実で色づいている
f0138096_21404895.jpg

駐車場付近の紅葉、と言うより落葉しているのでナナカマドの赤い実が主体
f0138096_2141045.jpg

7合目見晴台を下山する女性二人組。実は、お一人は3枚目の写真の女性でもある。ここで3枚目の写真をブログにアップする了解を得ようと話しかけたところ、何と昨年8月忠別岳に向かう途中、写真を撮らせてもらった札幌の女性二人組だった。あれ以来私のブログを毎日の様に見ているとの嬉しい話。今回も正面からの写真はNOとのことで、後ろ姿を。レベルの高い山にも随分と登られているご様子。来年この山でコマクサが咲く頃にまたお会い出来そうな予感が
by tarumae-yama | 2013-10-20 07:08 | 北海道100名山 | Comments(9)
Commented by hir at 2013-10-20 15:46 x
先日は楽しいお話&写真のUPありがとうございました(^○^)
思い出してみるとこの樽前山さんのブログ、何度か参考にさせてもらった事ありました。
今月中にもう一回だけ、樽前に登りたいと思っているんですが、またお会い出来れば良いなぁと思います。

この前話していたインスタグラム(IG)の紹介、載せて置きますね。

http://matome.naver.jp/m/odai/2132867948561358401

IGでは momojikodaiのネームでやってます。
ハッシュタグ検索で#932峰と打ち込み、カップヌードルの写真がでれば、私に辿りつきます。
時間がある時にでも覗いて見て下さい。

また、会える日を願って…♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪



Commented by tarumae-yama at 2013-10-20 22:30
hirさん
コメントを有難うございます。
樽前山で山にはまったという人は他にも知っていますが、本当に魅力的な山ですね。
活火山でありながら、春はエゾイソツツジやマルバシモツケなど、夏はタルマエソウ(イワブクロ)が咲き乱れ、案外花の多い山です。
その上、30分ほどで頂上に立てる手軽さでありながら、西山や932m峰のピークを巡ったり、そのまま風不死岳まで行くのも難しくないなどバリエーションも楽しめますね。
冬は、ゲートが閉まるので一転して遠く、そして斜面はピッケルの刃がたたないほどカリカリに氷化してとても厳しい山になるのも、緊張感があってたまらないです。
いまは、時間が追われて単独の慌ただしい登山のようですが、そのうちお子さん達と楽しめると良いですね。

インスタグラムの件、有難うございます。
一寸どのようなものか覗いて見ましたが、私に理解できるかどうか。
後ほど、ゆっくり見てみます。

樽前山は多分例年だとゲートが閉まるのは11月の20日過ぎくらいかと思います。
それまで1度と言わず楽しんで下さいね。
また、お会い出来れば嬉しいです。



Commented by ノースマン at 2013-10-21 00:21 x
実はこの日は我々も樽前山に登っていました。
9時前に7合目の駐車場に付いた時にtarumae-yamaさんらしき方を見かけ、妻に伝えると「違うと思う」と言われ声をおかけしませんでした。
登りはじめてもしばらく二人の間でその話が続きましたが、途中でお会いすることがなかったので「やはり違ったのか?」
と、思っていましたがやはりtarumae-yamaさんだったと確信できました(笑)

駐車場に向かうにつれ多くなる雪に夏タイヤでドキドキしましたが、山の上は風も弱く心地の良い1日でしたね。
Commented by tarumae-yama at 2013-10-21 08:11
ノースマンさん
お早うございます。
林道を走行中、私の前にワゴン車と軽のRV車が、後ろには白い乗用車が走行していましたが、そのどれかがノースマンさんだったのでしょうか?
それとも、すでに出発準備中の登山者も見えていましたからその方達だったかも。
何れにしても、ご挨拶出来なかったのは何とも残念でした。

7合目の駐車場辺りは結構な積雪で、スリップした跡もありましたね。
あの日は視界は今ひとつでしたが、それでも風が弱く暖かで、この時期としてはとても穏やかでした。
ただ、あの雪ではGRのリングを見つけることは出来なかったかも知れませんね。
私も、それなりに目をキョロキョロさせながら歩いていました。

11月10日のアイスクリーム作り、ノースマンさんが先生とのことですから申し込みをしてお会いしたいと思っていましたが、もう定員になったでしょうか?
クライミングの方はパスですが・・・。

今度、樽前山でそれらしき人物を見たときは声をかけて下さいね。
またお会いできる事を楽しみにしています。
Commented by canon-san at 2013-10-21 21:42 x
こんばんは!私は翌日19日に登ってきました。
年20回も…でさすがっ!と思いました。
写真は毎回替わり行く季節を感じられる趣深いものばかりで
毎回楽しく拝見しております。

とくに、この数日間はゼブラ模様や、雪と勢力争いを繰り広げる
溶岩ドームなど、冬山・秋山双方の雰囲気が感じ取られ
なんだか得した気分です(笑

私が撮ってきた写真は誤消去してダメになってしまったのですが
tarumae-yamaさんの記事写真を見て
「ま、また見に行けばいいや」と思っちゃいました(笑
ありがとうございます!

私もゲートが閉まる前にもう1回は登ってみたいと思います。
何度登っても飽きない、いいヤマですよね!
Commented by tarumae-yama at 2013-10-22 09:44
canon-sanさん
コメントを有難うございます。
19日も素晴らしい登山日和だったようですね。
街から指をくわえて眺めていました。
 
折角山に登ったのに、写真を誤消去してしまったそうで、何とも残念ですね。
それでもスマホで撮った写真があって良かったと思います。

canon-sanさんは倶知安の出身のようですから、ウインタースポーツは大得意ですね。
今度、冬の樽前山を一緒しませんか?
スノボはしませんが、尻滑りは得意です。

その前に、ゲートが閉まる前の樽前山でお会い出来れば嬉しいです。
Commented by canon-san at 2013-10-22 22:00 x
ぜひご一緒させてください!
タイミングが合いましたら、ゲート閉鎖前に
タイミングを逃したら、尻滑りセッションで(・▽・)!
Commented by tarumae-yama at 2013-10-23 07:29
canon-sanさん
では、都合の良いときに一緒しましょう。
シルバートリオにも声をかけますね。
都合の良い日と連絡先を非公開コメントで教えて下さい。
Commented at 2013-10-23 22:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 公園の紅葉 10月18日、風不死岳と樽前山... >>