10月14日、恵庭岳

1月2日に紋別岳を登って以来、今日の山で今年100座目になる。
もっとも、風不死岳と樽前山、恵庭岳とイチャンコッペ山、紋別岳など一日に2,3山登る事も多々あったので、実際に山に向かった日は73日間で、100座のうち支笏湖周辺の山が61座を占めるから、それほど自慢できることでもない。
それにしても、100座目が体育の日とぶつかり良い記念になった。
そして、恵庭岳から祝福をしてくれるかのような素晴らしい眺望があった。

冠雪して白く輝く羊蹄山、日高山脈ややはり冠雪した夕張岳と芦別岳、その左手に山全体が白一色の大雪連峰、先日登ったホロホロ山や徳舜瞥山、ニセコの山並み、札幌市街も一望で、JRタワーが肉眼でもはっきりと分かるほど今年1番か2番というような視界の良さだった。

丁度第2見晴台で一緒になった男性二人と頂上に立ったのだが、恐らく期待を超える展望だったのだろう、ずっと感激のしっぱなし状態で、同行した私も大変嬉しかった。

山行記録
登山口07:32→第1見晴台08:55→第2見晴台09:20→頂上09:50~10:15→第2見晴台10:38~10:40→第1見晴台11:04→登山口12:16
f0138096_2285651.jpg

この日の千歳の最低気温が1.8度。千歳川から蒸気が上がっている。3匹のキツネは飾り物
f0138096_229557.jpg

赤い実の奥に登山者を入れたつもりだが、ボケすぎになった
f0138096_2291535.jpg

4合目以下では紅葉と言うより黄葉が少々楽しめた
f0138096_2292453.jpg

第1見晴台からの支笏湖
f0138096_2293318.jpg

第2見晴台から木を通して羊蹄山とオコタンペ湖
f0138096_2294075.jpg

岩の右に冠雪した余市岳?
f0138096_229483.jpg

ロープを使って登頂のOさんと見上げるKさん
f0138096_2295654.jpg

不鮮明だが、第2見晴台に9名ほどの登山者
f0138096_2210445.jpg

右端に冠雪の夕張岳、左に芦別岳、真っ白な山並みは大雪連峰
f0138096_22101225.jpg

支笏湖と奥に風不死岳や樽前山、その奥に太平洋
f0138096_22102011.jpg

湖面の紋様が面白くてアップで
f0138096_22103186.jpg

紋別岳とその奥に日高山脈。幌尻岳も冠雪しているようだ
f0138096_22104148.jpg

頂上からの黄葉、赤みがなくて寂しい
f0138096_22105025.jpg

正面の羊蹄山がクッキリ、右にニセコ連峰
f0138096_2211129.jpg

アップで。コバルトブルーのオコタンペ湖も美しい
f0138096_22111147.jpg

頂上で記念写真を撮るKさんとOさん。続々と上がってくる登山者で大賑わい
f0138096_22112017.jpg

何時ものパターンで、スライドした人の記念写真。KさんとMさんとか
f0138096_22113097.jpg

第1見晴台での親子3世代?の記念写真。Oさん?だったか。このところ記憶力が衰えていて
by tarumae-yama | 2013-10-15 07:05 | 北海道100名山 | Comments(4)
Commented by スズ at 2013-10-15 12:16 x
スズです。こんにちは。
もう恵庭岳も葉がスカスカですねぇ。
羊蹄を始め大雪や夕張、芦別など標高の高い山はすっかり雪景色で、
13日の雪でアッと言う間に白くなった印象です。
いよいよ標高の低い山々にもいつ雪が降ってもおかしくない季節になってきました。
今年も来週と再来週は山の予定がありますが、
それが終わったらしばらく山もお休みするかもです。
Commented by ピータンまま at 2013-10-15 22:01 x
100座目でしたか!
記念すべき登山が素晴らしいお天気でほんとうに良かったですね♪

途中、恵庭岳駐車場を覗いたときにかなりの台数がとまっていたのを
確認しながら通過しました。

北尾根コースの入り口の段差でタイヤが空回りし入れませんでした
(。>0<。)
友人の車も4駆なんですけどね。
北尾根コース、辛かったです
両足の太ももが筋肉痛です( ̄∇ ̄;)
休日なのにほとんど人に会わず、下りでは誰ともすれ違うことも無く
ちょっとコワかったです。
なぜ人気がないのでしょうね?

暖かかったので頂上ではゆっくりできました。
双眼鏡があればtarumaeさんの姿が本当に確認できたかも(笑)
Commented by tarumae-yama at 2013-10-16 13:32
スズさん
恵庭岳も含め今年の山の紅葉は、結局どうだったのでしょうね?
私としては、それほど綺麗な年ではなかったような気がしないでもありません。
まあ、ドンピシャの時に登っていないと言うことかも知れませんが。
何れにしても、この台風26号の強風と雨で、そしてその後の強い寒気でそろそろお終いでしょうか。
私は、今月中に札幌岳と空沼岳の間を歩きたいと思っているのですが、積雪ならきついかも知れませんね。

ところで、冬眠前に安いスノーシューを買って雪山を1,2回楽しむと言っていませんでしたか?
ただ、5,6000円程度のものは止めた方が良いと思います。
一度、ホームセンターで買ったものはすぐに壊れました。
山でだったら怖いです。
予備用があるので、貸しますよ。
Commented by tarumae-yama at 2013-10-16 14:07
ピータンままさん
支笏湖を挟んで同じ日に風不死岳と恵庭岳だったのですね。
私は100座目を樽前山でと考えていたのですが、晴天のあの日、7合目の駐車場に確実に停められるには6時前後の到着を強いられそうで、もうすこしゆっくりできる(寝ていられる)恵庭岳にしました。軟弱ですね。

それにしても14日は素晴らしい眺望でしたね。
コバルトブルーのオコタンペ湖の先に、クッキリと輝くような冠雪の羊蹄山を目にしたときは、感激の声が出そうでした。
ピータンままさんも辛い北尾根を登っていて目にしたのなら、感激もひとしおだったのではないでしょうか。

北尾根コースが何故人気がないのかはよく分かりませんが、あのひたすら登り続ける急な斜面が影響しているかもしれません。真夏なら辛いですね。
しかし、今頃の季節は落葉が進み、振り返れば樹木の間から引き込まれるような支笏湖の碧さが素晴らしく、辛くても晩秋の北尾根コースは私は大好きです。

そろそろ夏山も終わりでしょうか。
残り少ないシーズンを楽しみたいですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 10月14日、イチャンコッペ山... 10月14日、恵庭岳(とイチャ... >>