9月13日、赤岳から北海岳

登山を趣味とする人は、HPやブログを「お気に入り」に登録する基準は何だろう?
私について言えば、一般道から登山口までの説明が詳しくて、自宅から迷わずに行けること。頂上までの登山道の状況が詳しいこと。私と所要時間が近いこと。写真や文章が魅力的な事等だろうか。
これらのことから、私自身のブログにリンクしている上から三つをよく利用させて貰っていた。

ただ、北海道100名山を達成した後は、支笏湖周辺の山ばかり登っていることもあり、今はご無沙汰に近い状態になっている。
翻って、私のブログを「お気に入り」に入れている人は、何が良くてそうしているのだろう?
思うに、多分アップの速さだろうか?高山植物は1週間も経てばすっかり状況が変わっているので、その点では多少役立っているかも知れない。
中には、(三つのHPではあり得ない)山ガールが載っていると言うだけで、登録している人がいるかも。(いないか?(^^;))
そんな人のために、今回から山ガールが登場するので、紅葉写真同様楽しんでいただければ嬉しい。

前置き?がすっかり長くなってしまったけれど、
赤岳到着が予定より遅くなったことで、頂上で証拠写真を数枚撮って先を急いだ。
小泉岳分岐近くで今日初めての登山者(和歌山のAさんは写真撮影目的なので)とスライド。
昨日白雲小屋に泊まり、今日は銀泉台から蘭越町の自宅に戻ると。
看護師だというOさんは、なるほど話をしていると、テキパキかつ献身的に患者さんに接している印象を受ける。

交替制勤務の職場のせいか、平日に山で会う女性に看護師さんが多いような気がする。
Aさんに続いてここでも数分のお喋りをしたため、またもや白雲岳分岐まで遅れ気味。
しかし、その後は登山者と会うことなく、北海岳ではほぼ予定時刻に到着。

山行記録
赤岳06:58→白雲岳分岐07:25→北海岳08:04
f0138096_1257724.jpg

赤岳頂上から、左端に白雲岳、中央右に旭岳
f0138096_12572193.jpg

凌雲岳をバックに蘭越町の看護師Oさん
f0138096_12573034.jpg

中央近くに小さく分岐標識。左端にトムラウシ山や十勝連峰がクッキリ。中央右に白雲岳
f0138096_1257465.jpg

白雲岳分岐標識
f0138096_12575623.jpg

分岐の先では、登山道に凍っている部分が
f0138096_12582217.jpg

f0138096_12583676.jpg

北海岳に向かう途中雪渓が2カ所あった。まだ気温が低くて雪面が固く、やや緊張を強いられた。中央に黒岳が見える
f0138096_12584411.jpg

真っ赤なウラシマツツジと中央に旭岳
f0138096_12585862.jpg

中央左に十勝連峰、右奥は芦別岳辺りか?
f0138096_1259717.jpg

中央にトムラウシ山、この日はトムラウシ山に終日雲がかからず
f0138096_1259174.jpg

北海岳に到着。中央に烏帽子岳
f0138096_12592929.jpg

中央左に黒岳。左奥にニセイカウシュッペ山。上層雲が広がりだしてきた
f0138096_12594224.jpg

左端に凌雲岳
f0138096_12595680.jpg

標識を挟んで右に凌雲岳、左に北鎮岳
f0138096_130674.jpg

中央に旭岳
by tarumae-yama | 2013-09-15 13:23 | 北海道100名山 | Comments(2)
Commented by なまけ者鳥見人 at 2013-09-16 04:27 x
そうですね、私が登山をやっているとしたら、登山道等の情報、グッズ等の情報、ちょっとした工夫、同趣味の者が「ガンバテるなぁ」とか「楽しそうだなぁ」と共感できるところにリンクでしょうか?
登山をしない私が、更新情報が来るようにしてあるのは、前から書いているように文章の楽しさと千歳情報でしょうか(^_^)
ここが野鳥との違いなんですね、野鳥の場合みんな、珍鳥情報が欲しいのでしょうが、場所が特定される情報を載せないのがルールですから(^_^;)
Commented by tarumae-yama at 2013-09-16 17:03
なまけ者鳥見人さん

共感出来ることがリンクの理由というのは分かる気がします。
「文章の楽しさと千歳情報」、については全く遠いような気がしますが。
洒落やユーモアのあるクスッと笑える文章を目指しているのですが、なかなか難しいですね。
千歳情報も、最近は公園の奥まで歩いていないし・・・・。
初めてふくろうを見てアップしたときは、反響が大きかったですね。
皆さん、色々検索しているのですね。

これからは落葉が進むでしょうから、私も なまけ者鳥見人さんの情報を参考に、野鳥撮影に軸足を移していこうかと思います。
名前
URL
削除用パスワード
<< 9月13日、北海岳から黒岳と桂月岳 9月13日、銀泉台から赤岳 >>