9月13日、銀泉台から赤岳

8月3日に愛山渓温泉から一日山を楽しみ、翌日は銀泉台から4色(赤岳、緑岳、白雲岳、黒岳)登山を予定していたのだが、想定外の事が起こって断念。
8月中にその4色登山に出かけるつもりだったのだが、天気が悪かったり予定があったりで実行できないでいた。

やっと出かけられるようになったけれど、すでに9月も中旬。
8月4日と比べると、日の出から日没まで行動出来る時間が丁度2時間も少なくなった。
そんな時間的制約の中、私の体力不足と写真撮影に時間を取られ、今回は緑岳を断念して3色登山となった。
それでも、丁度紅葉(黄葉)のシーズンとぶつかったので、黄色が加わって4色(登山)と強弁できるかも?(^^;)

600枚を超える写真からパッとしないものをドンドン削除していったつもりだが、それでもその時は感動してシャッターを切った写真なので、心情的に甘い作業になったと思う。

ということで、今回の登山報告は、数回に分けてもそれぞれかなりの枚数になりそうだ。
写真の上でクリックすると大きなサイズで見られるが、同じような写真も多いので、その時はスルーして欲しい。

とりあえず、銀泉台から赤岳までをアップ。

山行記録
銀泉台04:42→赤岳06:55
(写真撮影に時間がかかりすぎ、予定の2時間以内で登れず)

写真の説明は殆どなしだが、時系列で並べた。
f0138096_1554234.jpg

岩見沢から高速に乗り、3時48分銀泉台に到着。外気温6度!で寒い。外は満天の星空。エンジンをかけて日の出まで暖房を入れたいところだが、周りの車に仮眠している登山者もいるので、寒さに震えながら待機。241.2kmの表示は自宅からの距離
f0138096_15451928.jpg

日の出時刻まで待てず、ヘッドライトがなくても歩ける4時42分に登山開始。おかげで途中の斜面から御来光に出会えた
f0138096_15453773.jpg

f0138096_15455226.jpg

朝日に照らされ赤みが加味された斜面。遠くの山並みがクッキリ。朝のうちは快晴
f0138096_15472722.jpg

第2花園のチングルマ。雪が残っていて驚いた
f0138096_15474180.jpg

f0138096_15475430.jpg

f0138096_1548763.jpg

f0138096_15482276.jpg

f0138096_15483388.jpg

f0138096_15484671.jpg

f0138096_15485732.jpg

f0138096_1549964.jpg

f0138096_15492045.jpg

f0138096_15493193.jpg

f0138096_15494740.jpg

和歌山から紅葉撮影に来たAさん。何度も紅葉撮影に来ているそうでしばし紅葉談義。HPを開設しているとのこと。後日分かれば紹介したい
f0138096_15495739.jpg

キバナシャクナゲがまだ群生していてビックリ
f0138096_15501071.jpg

f0138096_15502429.jpg

f0138096_15504056.jpg

f0138096_15511926.jpg

f0138096_15513849.jpg

f0138096_15515250.jpg

f0138096_1552841.jpg

f0138096_15522883.jpg

f0138096_15524725.jpg

左端に赤岳頂上
f0138096_15525971.jpg

赤岳頂上から凌雲岳や北鎮岳など
f0138096_15531232.jpg

GPSの軌跡。駒草平付近から黒岳石室まで電池切れに気がつかず。その間を手書きで加えた(紫色)
電池切れの部分は7km以上あると考えられ、その部分を加えると総歩行距離は31kmほど。電池が切れた所からと交換した地点が直線で表示されている。下側にも余分な直線が
by tarumae-yama | 2013-09-14 16:26 | 北海道100名山 | Comments(9)
Commented by mori at 2013-09-14 19:37 x
仮眠2時間で30kmですか?!すごすぎです!
ご来光の風景も素晴らしいですね。私もこんな光景を見てみたい。
写真の続きが楽しみです。

この雨はしょうがないとして、来週に賭けたいと思います!
Commented by ピータンまま at 2013-09-14 20:51 x
写真の続き待ってました!

もう頭の中は紅葉でいっぱいです(笑)
既に入院中に来週と再来週は休みと宿を予約し予定を入れていました( ̄∇ ̄;)
今日1日色々と予定を考えたのですが
なかなかまとまりません。
愛山渓からのコースも考えたのですが
もう夕暮れが早いので明るいうちに戻るのは
ちょっと時間的にも体力的にも無理みたいです(。>0<。)

銀泉台と高原温泉も迷うところです
深夜の移動はちょっと無理があるので
高原沼の散策もいいかもしれないですね
層雲峡よりも先に行ったことがないので
想像もつきませんが。

真っ青な空と朝日に照らされた紅葉はやはり最高ですね♪
そしてまだお花が見れるとは驚きです!

あ~やっぱり深夜の移動が必須ですね~~~!!
これから友人と相談します♪



Commented by positive51 at 2013-09-14 21:07 x
 こんにちは、私山登りを始めてまだ1年経っていませんが山の季節の移ろいは本当に早いですね。私も来週こそ遠征をしたいと思っていますがもう紅葉の時期とは…。
 
 行ったことはないのですが銀泉台は星空撮影のメッカでもあります。ここで撮られた写真がよく天文誌のフォトコンにも載ります。是非星空と山と両方を満喫してみたいです。
Commented by Ei-taro@HYML at 2013-09-15 10:00 x
りょうさん、こんにちわ

大雪山は今が見頃の様ですね。
是非、この季節に登って見たいものです。

教えて頂きたい事が1つあります。

水(スポーツドリンク等)どの程度飲んだのでしょう。
3~4リットルくらいでしょうか。

今後の計画に反映したいので、よろしくお願いします。


続編も待っています。

Commented by tarumae-yama at 2013-09-15 10:14
moriさん
布団を積み込んで登山口で車中泊ならずっと楽なのでしょうが、面倒くさがり屋なので夜中に出発する方法を選びました。
すると、睡眠が中途半端になるため、居間のソファで2時間横になっただけですが、案外すんなり到着しました。
さすがに、帰りの居眠り運転が心配だったので、「道の駅」で休むこともあろうかと寝袋は積み込みました。

30kmを超える歩きとなりましたが、素晴らしい天気と眺望、そして紅葉と花々、それに山ガールや思わぬ人との再会など、興奮と感動で眠気や疲れは殆ど感じませんでした。
さすがに、終盤はへばりましたが。

来週予定?の紅葉登山、天気に恵まれると良いですね。
ブログのアップを楽しみにしています。
Commented by tarumae-yama at 2013-09-15 10:22
ピータンままさん
コメントをありがとうございます。
宿に泊まりながらの登山とは、時間はあるけれど年金生活者の我が身には大変羨ましいです。
山の紅葉期間は短いですから、出かける回数や山は限られますね。
それが悪天とぶつかると最悪です。
好天(と見頃)に恵まれる事をお祈りしています。
昨年、予想外に良かった三段山も多分感動すると思いますので、候補の一つに入れてみて下さい。
Commented by tarumae-yama at 2013-09-15 10:33
positive51さん
先日N君に会ってホロホロ山の事を聞きました。
しばらく悪天続きでヤキモキしていたことと思います。
今回の折角の連休も最悪ですね。

前置き?が長くなりましたが、山を始めたばかりのpositive51さんは、紅葉の素晴らしさに出会えることが楽しみでしょうね。
お薦めの山は幾つかありますが、やはり2000mを超える大雪山が一番でしょうか。
それからドンドン高度を下げ、南下していくと長く楽しめると思います。

銀泉台が星空撮影のメッカとは知りませんでしたが、黒岳石室でも撮影会があるのか、専用の望遠鏡が小屋に置いてありました。
紅葉と星の素晴らしい写真、ブログにアップするのを楽しみにしています。
Commented by tarumae-yama at 2013-09-15 10:49
Ei-taroさん
コメントをありがとうございました。
今回は、長時間歩くことでその分の食料、万が一のためにツエルトや換え衣類、ラジオ、予備の電池等の非常装備も持ったのでザックが重くなり、水の量は最大の検討課題でした。私は汗かきなので十分な水分補給は欠かせません。
結局、スポーツドリンクやお茶など飲料水は約3リットル持参しました。
足りなくなっても、白雲岳小屋の水場が使えると言うことで、私にはギリギリの飲料水でした。
個人差の他に、当日の気温の高さや風なども影響すると思います。
参考になれば嬉しいです。

好天と紅葉に恵まれると良いですね。

Commented by Ei-taro@HYML at 2013-09-15 12:10 x
丁寧にありがとうございます。

ツェルトも持たれたのですね。

私もより厳しく、山を考えたいと思います。

いろいろとありがとうございます。
名前
URL
削除用パスワード
<< 9月13日、赤岳から北海岳 9月13日、大雪山の紅葉-速報- >>