9月10日、狩場山-その2 -

5時にルスツ道の駅でポッケさんと合流後、彼のボルボで狩場山へ。
ターボ付きハイパワーの高性能車、加速すると身体が後ろに持って行かれそう。
早朝で車が少なく、賀老の滝から先の砂利道が登山口近くまで舗装されていたこともあり、考えていたより随分早いスタートとなった。

登山道も、笹刈りがされていて11年前よりずっと歩きやすかった。
私は、「一人歩きの北海道山紀行 by sakag」のHPを参考にすることが多く、sakagさんの所要時間の概ね1割増しを目安に歩いているのだが、今回は快適な登山道と体調が良かったこともあり、引けを取らないタイムだった。

そんな訳で予想より早く到着。頂上にあった「見おろしの沼」という案内板を見て急遽茂津多コースを下って見に行くことに。しかし、20分ほど探したけれど見つけられず。
がっかりしながらまた頂上に戻り昼食タイム。
お喋りと周りの景色を楽しんで、下山を開始。

歩き出してすぐに埼玉の男性と、直後に石狩から来たと言う男性二人組。そして最後に犬を連れたカップルとスライド。
さすが、道南最高峰の人気の山。平日で誰にも会わないと思っていたので一寸ビックリ。

下山後、予定していた千走川温泉は営業時間前?で、黒松内まで走ることに。
向かう車中で、ポッケさんから「もう一つ、ニセコアンヌプリに登らないか?」と。
膝の調子がよほど良かったのだろうが、私にはそんな余力はなく、丁重にお断りした。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_14263676.jpg

5時過ぎ、朝焼けが美しい
f0138096_14264650.jpg

登山ポストで記帳するポッケさん
f0138096_14273310.jpg

登山口の案内看板
f0138096_14274323.jpg

ナナカマドのトンネルを進む
f0138096_14275250.jpg

日本海が見える
f0138096_1428137.jpg

f0138096_14281089.jpg

頂上への緩やかな歩き。空には秋の雲
f0138096_14282249.jpg

親沼とその先に狩場山頂上部
f0138096_14283159.jpg

中央に羊蹄山が見える
f0138096_14284038.jpg

狩場山頂上
f0138096_14285050.jpg

頂上にあった「見おろしの沼」の標識
f0138096_1429049.jpg

沼を見に空身で茂津多コースを下る
f0138096_1429966.jpg

茂津多コースの登山道が見える
f0138096_14291966.jpg

途中こんな岩場も
f0138096_14292970.jpg

茂津多コース上から振り返って狩場山の頂上
f0138096_14293813.jpg

千走川新道コースには全くなかったのに、この茂津多コースにはいたる所新旧の熊の糞が。餌の違いか色が緑がかったのやら黒いのやら、更に固便やお腹を壊したのか下痢便状態のものまでいろいろ
f0138096_14294740.jpg

下山中にスライドしたソロの男性と記念写真。埼玉県で中学の先生だったという61歳のAさん。すでに日本100名山を達成しているそうだ。腰には熊スプレーを装備。車中泊で恵山、アポイ岳、樽前山、風不死岳、目国内岳等幾つも登っている最中とか
f0138096_14295694.jpg

下山中のポッケさんと狩場山初登頂という石狩からの男性二人組
by tarumae-yama | 2013-09-12 07:18 | 北海道100名山 | Comments(8)
Commented by ポッケ at 2013-09-12 08:02 x
同行していただき、ありがとうございました。
天気もよく行き帰りの交通量も少なく、快適でした!
 
ニセコアンヌプリは、何気に口にしましたが、断ってもらえて良かった?
と思いました。
「よし、行くぞ!」と答えられたら、引っ込みがつきませんでしたし・・・
Commented by SEA at 2013-09-12 08:31 x
先日は、いろいろ話ができてありがとうございました。まったう人には会わないだろうと思っていたのでほっとしました。その後、南下し、乙部岳を下見し、今回の北海道の山旅は終了としました。明日、本州に渡る予定です。また北海道に来た時は情報を教えてください。
Commented by tarumae-yama at 2013-09-12 10:44
ポッケさん
樽前山に続き今回もとても良いペースでしたね。
膝痛もなかったようですし、これですっかり自信がついたのではないでしょうか。

次回の黒松内岳?はぜひ一人で登ってみて下さい。
(私はブログ開設以降にも登っているのでパスしたいです)
Commented by tarumae-yama at 2013-09-12 10:53
SEAさん
コメントをありがとうございます。
熊が多いという山では、駐車場に先行者の車があると何となく安心感がありますね。
それにしても素晴らしい健脚ぶりで、惚れ惚れするほどでした。
北海道滞在中はかなり不安定な日が続きましたが、予定通り山は消化出来たのでしょうか?
温泉は楽しまれたことと思います。

次回の来道を心待ちしています。
その時、連絡していただければと思っています。
Commented by ピータンまま at 2013-09-12 20:35 x
朝焼けきれいですね♪

以前ポッケさんのブログ拝見しました
雪渓で大怪我をされて自力で帰宅したとか・・・。
驚きました!!
でも今はこうしてガンガン登ることができるようにななられたとは!!
普段もきっと自宅でも何かトレーニングをされてるのでしょうね。

もちろん私も気持ちかなり高揚してますよ(笑)



Commented by tarumae-yama at 2013-09-12 23:47
ピータンままさん
この日の朝焼け、樽前山の頂上で見た日の出より感動的でした。

ポッケさんは、野塚岳から不屈の意志を発揮しての生還でしたね。
私ならとっくに諦めていたと思います。
今も毎日の様にリハビリと自宅でのトレーニングを欠かさないでいるようです。
完治するか不安が大きいようですが、登山でそんな経験をした人に出会うと、勇気づけられるのではないかと思います。

ピータンままさんも色々山行の計画があるようですから、体力を付けて頑張って下さい。天気に恵まれると良いですね。
Commented by H原 at 2013-09-13 09:50 x
素晴らしい天気に恵まれたようでよかったですね
私は十勝方面たっぷり楽しんできました。

ポッケさんもすっかり現役復帰に近づいたようでなによりです。

数十年前に茂津多から登った長かった山行が思い出されます
大きな山ですね。




Commented by tarumae-yama at 2013-09-13 22:58
H原さん
2度も延期になったせいで、一緒出来なくなったのは残念でした。
3度目の正直でやっと晴天の狩場山でしたが、二人とも案外すんなりと登れたと思います。

茂津多コースは長いですし、あの糞の多さにはびびります。
とてもこのコースを挑戦する気は起きません。

今日は午前0時に家を出て、大雪のお鉢などを歩きました。
そこそこの紅葉と、何より素晴らしい視界の良さに、ゲップが出そうなほど満喫しました。
もう今年は大雪に登らなくても結構というほど大満足でした。
名前
URL
削除用パスワード
<< 9月10日、狩場山の花など 9月10日、狩場山-その1- >>