8月3日、比布岳から愛別岳そして下山

今回の山行で愛別岳に登るかどうかは、愛山渓温泉スタート後、北鎮岳到着11時を目処にしていた。
中岳分岐の4人パーティとお喋りを楽しんでたっぷり休息できたせいか、はたまた当麻乗越で飲んだツムラ68とアミノバイタルの効果なのか、攣る不安もなく10時前に北鎮岳に到着。

これで余裕を持って愛別岳へ行ける。
それに、ガイドブックでは往復2時間だが、せいぜい90分もあればピストン出来るはず。

愛別岳に向かうと、ソロの男性とその後ろに二人組の登山者が戻ってくるのが目に入った。
それにしても、分岐から愛別岳への下りは結構緊張を強いられる。
特に、この分岐直下の急斜面を愛別岳側から眺めると、ロープなしではとても登れそうにないと思える。

愛別岳へはサブザックで往復したため、行きに32分、戻りは36分と順調だった。
分岐に戻り、置いていったザックを担ぎ安足間岳、永山岳と快調だったが、何故か永山岳の下りで一気にエンスト状態になった。
それからは、大きな岩がゴロゴロしている登山道が何時までも続く感じでほとほと疲れた。
まあ、それでも十分明るいうちに戻ることが出来たし、何より天気に恵まれ花と眺望は期待以上で大満足だった。

ところが、愛山渓温泉で汗を流した後銀泉台に移動し、翌日は赤岳、緑岳、白雲岳、黒岳と4色登山の予定だったが、想定外の状況になって移動できず、愛山渓の駐車場で眠れぬ夜を過ごすこととなった。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_14243963.jpg

二人組の登山者が見える。私が朝、愛山渓温泉からスタートするときに札幌からやって来た4人組の二人。残りの二人は比布岳で待っているそうだ
f0138096_14244880.jpg

愛別岳頂上、比布岳や左に北鎮岳
f0138096_1425056.jpg

愛別岳から、永山岳や麓に沼ノ平が一部見える
f0138096_14251286.jpg

中央に北鎮岳、左に稜雲岳
f0138096_14252172.jpg

愛別岳頂上直下から、分岐に繋がる登山道が見える
f0138096_14253479.jpg

急には見えないが分岐直下の滑りやすい斜面で一番緊張するところ
f0138096_14254385.jpg

分岐から私が登ってくるのを見ていたという山ガール。北見と別海に住む山友とのこと。愛山渓温泉から層雲峡に下りるそうで、両地点に車を置いてあると
f0138096_14255264.jpg

永山岳に向かう途中から愛別岳を写す
f0138096_1426150.jpg

永山岳頂上。奥に愛別岳
f0138096_14261038.jpg

永山岳の下りで、コマクサを入れて沼ノ平
f0138096_1426195.jpg

エゾコザクラのお花畑
f0138096_14262839.jpg

エゾカンゾウ
f0138096_14263623.jpg

アオノツガザクラ
by tarumae-yama | 2013-08-11 07:11 | 北海道100名山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 8月3日、北鎮岳頂上からの動画 8月3日、中岳分岐から比布岳 >>