8月2日、天塩岳

1日夕刻、無人の天塩岳ヒュッテに到着。
入山名簿によると、この日新潟の男性など数名の登山者がいたようだが、その後登山者ががやって来る気配がない。
車中泊の予定だったけれど、急遽布団をヒュッテに持ち込んだ。

昔、富士山の8合目小屋であまりの混雑に眠れぬ夜を過ごしたが、逆に誰もいない小屋というのも静かすぎて妙に落ち着かない。
沢音が耳に付き、更に明るくなる前からウグイスとツツドリの鳴き声が加わって、結局殆ど眠れないまま朝を迎えた。

そんな寝不足から、前天塩岳の急斜面の登りは随分しんどいと感じた。
しかし、そんな辛さを吹き飛ばすような素晴らしい360度の眺望が歓迎してくれた。

前天塩岳から天塩岳までは案外すんなりだった。
前回登ったのは14年前家内とだったが、頂上の立派な標識は記憶がない。
それにしても、あの頃の家内は元気であちこち一緒に登ったものだが、今はタブレットで私の山行の様子を見ている状況は寂しいものがある。

天塩岳頂上からは、明日登る大雪の山並みやその右奥に十勝連峰がクッキリ。
前天塩岳の登山道がよく見えるがまだ誰も登って来ていない様子、会話の相手もなく黙々と昼食の餡パンを食べる。

山行記録
登山口06:16→連絡道分岐06:49→前天塩岳08:20~08:26→天塩岳09:18~10:06(昼食)→天塩円山10:43→連絡道分岐11:22→登山口12:03
f0138096_14122886.jpg

1日到着直後の天塩岳ヒュッテ
f0138096_14123797.jpg

貸し切り状態だから1階でも良かったのだが、2階に布団を持ち込んだ。晴れた分夜間に冷え込んでタオルケットでは寒かった
f0138096_14124612.jpg

登山道の案内板を写す
f0138096_14125675.jpg

前天塩岳頂上標識
f0138096_1413446.jpg

中央にこれから向かう天塩岳、左にニセイカウシュッペ山、右に大雪の山並み、その右奥に十勝連峰
f0138096_14131769.jpg

前天塩岳頂上から、中央やや右に渚滑岳
f0138096_14132915.jpg

前天塩岳頂上付近のコケモモの実
f0138096_14133843.jpg

左端に天塩岳、雪渓の左上に西天塩岳、右上に天塩円山
f0138096_14134793.jpg

天塩岳頂上
f0138096_1413559.jpg

頂上からの眺望。標識の右に前天塩岳や渚滑岳が見える
f0138096_141431.jpg

同上。正面に大雪の山並み
f0138096_14141332.jpg

アップで
f0138096_14142432.jpg

雪渓の上に小さく避難小屋とトイレが見える
f0138096_14143694.jpg

天塩円山頂上。標識の左に前天塩岳、右に天塩岳
f0138096_1414456.jpg

天塩岳に向かう登山者と今日初めてスライド。士別市のHさん母子、暑いのに元気一杯の様子。結局Hさん以外には会わず
f0138096_14145398.jpg

連絡道の分岐
f0138096_1415365.jpg

f0138096_14151313.jpg

全体的にコマクサやウサギギクなど咲いていたが量が少なく寂しい感じだった
f0138096_14152967.jpg

GPSの軌跡。旧道を登り、新道を使って下山。(愛山渓温泉への余分な直線が入った) 総歩行距離12.34km
by tarumae-yama | 2013-08-07 07:02 | 北海道100名山 | Comments(6)
Commented by ポッケ at 2013-08-07 08:52 x
確かに一人で山小屋泊は、怖いですよね。
それなら鍵がかけられる車中泊の方が、安心できます。
また片付けもしなくて良いので、朝すぐに出発できますし・・・・
 
手塩岳、快晴なのに人が少なく、良さそうでね。
Commented by tarumae-yama at 2013-08-07 12:00
ポッケさん
山小屋で寝酒でもすれば良いかも知れませんが、私は飲まないので・・・・。
やはり小屋は仲間で楽しく泊まるものでしょうね。

天塩岳、下山すると車が3台止まっていました。
快晴の樽前山なら、平日といえども考えられない事ですね。
Commented by スズ at 2013-08-08 20:59 x
スズです。こんばんは。

天塩岳いいですね。
ちなみに予定があえば行きたいと言っていたのは、天塩岳のことだったのですが、
何だか今さらですよね。本当にすみません。

天塩岳ヒュッテの中ってもっと明るい印象がありましたけど、
2Fはこんな感じなんでしょうか?
前天塩岳の登りは私もつらく感じました。そして天塩岳への登りもつらかったです。
まぁ一泊荷物を背負ってたので、しょうがないかと(^^;。

tarumae-yamaさんには少し物足りなかったかもですが、
私はこの山のヒッソリしている感じもとても好きですよ。
西天塩岳ヒュッテで誰もいない中、泊りましたし。
この山の紅葉はとても素晴らしかったです。
Commented by tarumae-yama at 2013-08-09 08:44
スズさん
ヒュッテの写真は日没頃の写真なので暗く感じるのかも知れません。
旧道から前天塩岳の登りは、案外手強いですね。寝不足の身体には応えました。
西天塩岳の小屋はトイレもあるので、あそこでのんびりするのも良いかも知れませんね。
ナナカマドも多かったから、紅葉のシーズンにシルバートリオにも声をかけて行きますか?
Commented by H親子です!! at 2013-08-11 22:28 x
こんにちわー!!私たちも出会った人はあれから誰もいませんでした(-""-;)残念ながら私たちは円山まででリタイア…。あともう少しだったのですが、娘の体力が持ちませんでした。しかもダニに4箇所もやられ、病院へ。
大変疲れましたが、息子も娘もわたしも初登山でいい経験をしました♪
またいつかどこかの山で出会えるかもしれませんね(*^^*)それでは!!
Commented by tarumae-yama at 2013-08-12 10:14
Hさん
コメントを有難うございます。
あの日、素晴らしい天気なのに誰にも会わず寂しい思いをしていましたが、お子さんを連れたHさんを見て、何かホッとした気持ちになりました。

皆さん初登山だったのですね。
あの気温の高い中ではお子さんには一寸天塩岳は手強かったかも知れません。
それにダニに4カ所も喰われたとはとんだ災難でした。
エゾシカが増えてきているせいか、あちこちでダニに喰われた話を聞きます。

支笏湖の近くに樽前山という手頃で眺望が良い山があります。
1時間もかからず頂上に立つことが出来ます。
ご家族でキャンプを楽しみながらぜひお出掛け下さい。
私がご案内しても良いです。

そんな機会があることを楽しみにしています。
名前
URL
削除用パスワード
<< 「Hold on!!」で、山友... 8月1日、四季彩の丘 >>