7月12日、十勝岳からオプタテシケ山

前回北海道100名山のオプタテシケ山に登ったのは、ブログ開設前年の2006年のこと。
なので今回山行のメインはオプタテシケ山ではあるけれど、前日に富良野岳から十勝岳に登っているから、今回美瑛岳と美瑛富士を登ってオプタテシケ山まで行けば十勝連峰を縦走した事になるので、出来れば2日目はこの4山を登りたいと考えていた。

ただ、望岳台から十勝岳を経由し、美瑛岳と美瑛富士には3年前にH原さんと登っており、時間的に無理なら後者の二つは止めようと。

今回、富良野岳で会ったガイドから、ポンピ沢経由は雪渓の状況から難しいかも知れないと聞かされ、十勝岳を往復するコースを余儀なくされた(結果的には全然問題なかった)。
しかし、これだと往復30kmを超える距離を歩かなくてはならない。
問題は、帰りの美瑛岳の登りと鋸岳への蟻地獄のような埋まる砂の登り。
体力の消耗次第では帰りも登りと同じ時間を要するかも知れない。その場合往復14時間、日没でヘッドライトを使う状況も考えられる。

私のペースで十勝岳まで2時間半、美瑛岳まで更に2時間、そこからオプタテシケ山まであと2時間半の合計7時間ほどだろうと想定し、もし12時までにオプタテシケ山に到着しなければその時点で引き返そうと。

だがしかし、美瑛富士と美瑛岳の分岐で会った男性から、「ポンピ沢経由で来たが全然問題がなかった」と知らされ、これで帰りはポンピ沢経由にすることで明るいうちに十分下山出来る見通しが立った。

旭川から来たと言うその男性は、オプタテシケ山まで往復するとのことでご一緒させてもらうことに。
そんなこともあり、更には、さすがに疲れが出て来たこともあって、下山時に寄ろうと考えていた美瑛富士と美瑛岳には登らずに望岳台へ下山。
それでも私のGPSでは28.4km、往復11時間を要した遠い遠いオプタテシケ山だった。

山行記録
望岳台04:17→十勝岳避難小屋05:02~05:07→十勝岳06:45~06:47→美瑛岳・美瑛富士分岐08:05→美瑛富士・美瑛富士小屋分岐08:31→ベベツ岳09:56→オプタテシケ山頂上10:56~11:25(昼食)→ベベツ岳12:14~12:20→美瑛富士・美瑛富士小屋分岐13:29~13:36→ポンピ沢14:29~14:36→望岳台15:57
f0138096_1824442.jpg

車内で朝食を摂り、4時17分望岳台の登山ポスト前をスタート。正面に前日登った富良野岳
f0138096_1825861.jpg

十勝岳避難小屋を越えた辺りで美瑛岳までピストンすると言った富山の薬屋さんに追い抜かれた。道東の町に一月ほど滞在し営業をしているそう
f0138096_183873.jpg

正面に2日連続で登る事になる十勝岳
f0138096_1831796.jpg

十勝岳を越え鋸岳に向かう途中、昨日上ホロカメットク山の下で会ったプロの写真家が美瑛岳の方から登ってきた
f0138096_1832692.jpg

美瑛岳をバックにイワブクロ。樽前山に多いイワブクロより色が濃いように見える
f0138096_1833446.jpg

振り返ると十勝岳のとんがった頂上部が見える
f0138096_1834368.jpg

正面左に美瑛岳、右に鋸岳、その間に遠くトムラウシ山。
f0138096_1835232.jpg

美瑛岳に向かう途中、振り向くと十勝岳。イワヒゲを入れて
f0138096_184037.jpg

f0138096_184934.jpg

上2枚美瑛岳の肩周辺のお花畑。富良野岳や十勝岳の小屋周辺のお花畑にも負けない規模
f0138096_184193.jpg

美瑛岳と美瑛富士の分岐で休んでいた旭川の60歳男性Uさん。吹上温泉の白銀荘から来てオプタテシケ山までピストンとのことで、下山まで一緒することに
f0138096_1842876.jpg

美瑛富士小屋へ向かう途中の大雪渓。向こう側の登山道が見つけにくかった
f0138096_1843792.jpg

美瑛富士小屋の分岐で、右に美瑛富士、左に美瑛岳
f0138096_1844636.jpg

下山時、正面に美瑛富士小屋と登りの時にはなかったテントが見える
f0138096_1845541.jpg

エゾノツガザクラの先に大雪の山並み
f0138096_185314.jpg

ベベツ岳頂上付近のチングルマの群生
f0138096_1851073.jpg

ベベツ岳から大きく下り、最後の試練になるオプタテシケ山が正面に
f0138096_1851934.jpg

オプタテシケ山頂上から美瑛岳や下ホロカメットク山が望める
f0138096_1853016.jpg

同上、正面にトムラウシ山
f0138096_1854241.jpg

頂上で先行者の新十津川町から来たという男性にシャッターを押してもらい、Uさんと記念写真。今日は我々3人だけという静かなオプタテシケ山だった
by tarumae-yama | 2013-07-16 07:59 | 北海道100名山 | Comments(2)
Commented by 薬屋 at 2013-07-16 18:01 x
写真楽しませてもらっております。実は十勝岳の山頂でカメラを出した物の電池切れ...改めて十勝岳の素晴らしさを実感させて頂いております。私はその後ポンピ沢の明確な情報を得れれなかったため美瑛だ岳の後十勝岳に戻りました。帰り道はほとんど走っていたのですが記事の通り砂走の登りはへとへとになりました。もう一度北海道滞在中に天気を見て斜里岳に登りたいと考えております。またどこかのお山でお会いできたら良いですね
Commented by tarumae-yama at 2013-07-16 23:10
薬屋さん
コメント有難うございました。
十勝岳では色々お話しが出来て楽しかったです。
カメラの電池切れとは何とも残念でした。

それにしても素晴らしい健脚で、私が美瑛岳の肩で花の写真を撮っている時にアッという間に下山していきましたね.挨拶する間もないほどでした。

斜里岳は3度ほど登っているのですが、ブログの開設前の事なのでそのうち私も登りたいと考えています。

また、何処かでお会い出来れば嬉しいです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 7月12日、オプタテシケ山か... 7月12日、オプタテシケ山頂上... >>