樽前山でヘルメット

先日の樽前山、西山斜面の登山道を歩いている時、数十m下に黄色い物体を見つけた。
以前ブログで紹介したが、またラジオゾンデの残骸かもと思いつつ斜面を下りて行くと、それはヘルメットだった。

ヘルメットには会社名がペイントされ、持ち主のシールも貼られていた。
ネットで会社名を検索すると、水文や環境、土質・地質等を調査する会社のよう。
返却方法を相談するつもりで会社に電話すると、シールの本人が電話に出て、「1,2年前に樽前山で強風に飛ばされたヘルメットだが、更新し不要だから使えるならどうぞ!」と。

しかし、あごひも部分がないので、不燃ゴミとして処分することにしたけれど、環境調査会社(の社員)が山に物を捨てた形になったのだから、何とも皮肉!
f0138096_11334092.jpg

処分前にヘルメットの記念写真?
by tarumae-yama | 2013-07-11 06:42 | 北海道100名山 | Comments(2)
Commented by なまけ者鳥見人 at 2013-07-11 12:34 x
まぁ、環境調査会社が環境保護側とは限らないですからね(^_^)
自然観察が趣味で、ストレスをためている人も聞きますから(^^ゞ
Commented by tarumae-yama at 2013-07-12 20:41
なまけ者鳥見人さん
コメント返しが遅くなって済みません<(_ _)>。
記事を予約投稿して、十勝連峰で二日間山三昧をやっていました。

ガスの中?、強風で飛ばされたヘルメットのようです。
でも、天気の良いときに回収の為に探して欲しかったですね。

趣味でストレスがたまるなら本末転倒のような気がしますね。
ご本人は真面目すぎるのかも知れません。
名前
URL
削除用パスワード
<< ハスカップジャム ハスカップの収穫 >>