5月10日、アポイ岳から吉田岳、そして下山

前回アポイ岳に登ったのは9年も前の事だが、その時は家内と吉田岳に登り、その先のピンネシリまでは単独で登り、家内はアポイ岳で待っていた。
今回シルバートリオは、吉田岳で十分満足したようで、「ぜひともピンネシリまで!」との声は出なかった。

前日の野塚岳同様吉田岳でも360度の素晴らしい光景を堪能し、下山の途についた。
アポイ岳から下りだした直後から登山者とスライドするようになり、その数は7組だったろうか。殆どがソロか2人組だったけれど。

野塚岳以来初めて出会った登山者は札幌から来たと言う単独女性で、先頭のH原さんが挨拶を交わし、シマエナガさんも交えて話をしているうちに、3人は昨年百松沢山で同じように挨拶をしていることが判明。
更に、彼女は昨年紋別岳頂上で私にも会っていると言う。
それで、帰宅後私のブログで確認したところ、その時写真を撮らせてもらったKさんだった。

「もう雪山は飽きたので雪のない山を登りに来た」とのことだから、頻繁に登っているらしい。
シルバートリオにはそんな驚きの出会いが待っていたアポイ岳だった。

山行記録
アポイ岳08:29→吉田岳09:16~09:33→アポイ岳10:07~10:18→馬の背10:43~11:14(昼食)→5合目小屋11:33→登山口12:23
f0138096_21315938.jpg

アポイ岳から空身で吉田岳へ
f0138096_2132843.jpg

中央に吉田岳、その奥にピンネシリ
f0138096_21321751.jpg

吉田岳頂上の二人
f0138096_21322785.jpg

同上
f0138096_21324375.jpg

前方のアポイ岳に向かって下山開始
f0138096_21331181.jpg

中央右手に様似の漁港が見える
f0138096_2133216.jpg

アップで。様似の市街と漁港
f0138096_21333137.jpg

札幌のKさんを入れて記念写真
f0138096_21334114.jpg

馬の背で地図を見ながら山座同定の二人
f0138096_21335259.jpg

昼食後馬の背から下山
f0138096_2134298.jpg

f0138096_21341144.jpg

f0138096_21342050.jpg

f0138096_21342990.jpg

by tarumae-yama | 2013-05-17 07:20 | 登山 | Comments(5)
Commented by yah-_-yah at 2013-05-17 09:51
僕はアポイ岳に3回登りましたが、いずれもアポイ止まりでした。
今度は吉田岳まで行ってみたいです。
が、ピンネシリとなると、「う~ん・・・」となっちゃいますね、やはり。
ピンネシリまで往復する人はそんなに多くないだろうから、笹被りもあるだろうし、ダニも怖いです。
Commented by tarumae-yama at 2013-05-17 16:36
yahさん
吉田岳までのピストンは1時間半もあれば可能なのでお薦めです。
以前登った時はお花畑もありました。
確かにピンネシリへは、ハイマツがトンネルになっていたり枝が伸びていたりして歩きにくかったです。あれから9年経っているので今は良くなっているのかも知れませんが。
ピークハンターでなければ、無理に登る事もないかもですね。
私は5度目のアポイ岳でしたが、登る度に花が減っている様な気がしてなりません。
Commented at 2013-05-25 07:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by k at 2013-05-25 08:07 x
上記の者ですが、気づいたら、書き込み慣れしてないから、間違ってロックしちゃったみたい…
早く穴に落ちない山にならないかなぁ~
Commented by tarumae-yama at 2013-05-25 11:37
kさん
コメントを有難うございました。
コメントがなくて寂しい思いをしているものだからアポイ岳で強要?してしまい申し訳ありません(^^;)

あの日のアポイ岳は素晴らしい眺望でしたね。
吉田岳まで足を伸ばしたのは、健脚な貴女なら何の問題もなかったと思います。
こちらの方が眺望が良いし、多分一人で景色を堪能したのではと想像しています。

恵庭岳の雪解けが遅れていて、すっかり消えてなくなるのはまだ10日以上かかるかも知れませんが、その頃にはツバメオモトやサンカヨウの花が迎えてくれるのではないでしょうか。
名前
URL
削除用パスワード
<< 5月17日、自宅から自転車で樽前山 オオルリとキタキツネ >>