4月20日、風不死岳北尾根

白老山岳会のKさんよりメールが来て、20日支笏湖周辺の山に登りませんか?と。
そんな訳で、Kさん達4名にシルバートリオが加わり、風不死岳を北尾根から登る事になった。

午前中降水確率50%の予報通り、雪や霰が降ってきたり青空が広がって来たりの早春の山らしい天気。
ひたすら急登の斜面だから、晴れれば暑いくらいだし、風雪模様になればアウターなしでは辛い。
そんな状況に翻弄されながらも、山仲間のお陰で冬山の終幕を楽しむ余裕があった(かも)。

山行記録
登山口08:43→頂上10:53~11:41(昼食)→登山口13:09

Kさんのブログに風不死岳の記事がアップされました。←青文字部分をクリックして下さい。
f0138096_11174050.jpg

駐車場所からダイレクトに登山口近くの林道へ
f0138096_11182297.jpg

夏山時期ならゲート前の駐車場となる場所で、シルバートリオはワカンを、白老からのメンバーは全員スノーシューを装着。グループではっきり分かれた道具の違いが面白い
f0138096_11183197.jpg

スタート地点でもまだ50cm以上の積雪だろうか?昨年4月2日の北尾根一昨年4月24日の北尾根
f0138096_11184075.jpg

急斜面の尾根に汗をかき皆アウターを脱いで
f0138096_11184872.jpg

同上
f0138096_11185846.jpg

スタート直後の天気の良いときに。支笏湖の奥に紋別岳
f0138096_1119787.jpg

8合目付近の急斜面をワカンで登るシマエナガさん(前)とH原さん
f0138096_11191665.jpg

同じ所で。ワカンがスリップしてきてここからアイゼンに切り替え。私だけ頂上までワカンのまま
f0138096_11192499.jpg

頂上のシルバートリオ。頂上にいた先行の若者に撮ってもらう
f0138096_11193269.jpg

霰が降る視界のない頂上で。Kさんの撮影
f0138096_11194466.jpg

風を避け頂上直下で樽前山を眺めながら昼食タイム。ワカンで下山は危険なので私はここからアイゼンを装着
f0138096_11195370.jpg

下山直後、急に視界が出て来たので恵庭岳をバックに記念写真
f0138096_112072.jpg

f0138096_11202815.jpg

f0138096_11203846.jpg

尻滑りを楽しむシマエナガさん
f0138096_11204820.jpg

同上。白老山岳会のMさん
by tarumae-yama | 2013-04-21 12:02 | 北海道100名山 | Comments(8)
Commented by H原 at 2013-04-21 14:02 x
お疲れ様でした

真冬から春までめまぐるしい天気でしたが程ほどの
スリルも味わえ楽しめました。

今度はのんびり春の陽気登山ですね。
Commented by たろちゃん at 2013-04-21 16:02 x
昨日は有難う御座いました。

山頂付近の急斜面はスリル満点で、とっても楽しかったです。
会員のSさんも無事に登りきり、総会では師匠に風不死岳の事を
楽しそうに報告してました。

ワカンのお話も大変勉強になりました、有難う御座います。
また機会が御座いましたら、御一緒させて下さい。

どうも有難う御座いました。


Commented by positive51 at 2013-04-21 18:32 x
こんにちは、風不死岳お疲れ様でした。実は私もこの日風不死岳に登ろうかと思っていたのですが、予報が悪そうだったので比較的安定していそうな室蘭岳に登ってきました。風不死岳もそろそろワカンだけで登れるかと思っていましたが山頂付近はまだアイゼンが必要なんですね。もう少し雪解けが進めば北尾根ルートもワカンだけで登れるでしょうか。または樽前山7合目からなら危険な場所を避けて登れるのかもしれませんね。
昨年と一昨年の記事も見ましたが年によって状況はかなり違うものですね。
Commented by tarumae-yama at 2013-04-21 21:41
H原さん
それなりに楽しめましたね。
何時もは女気のないシルバートリオですが、Sさんが加わって華やいだ雰囲気が良かったです。
勿論、白老山岳会の皆さんがにこやかで明るい人達だったこともあります。

ところで、体調が戻られたようで一安心です。
また、手頃?な山を計画しますので宜しくお願いします。
Commented by tarumae-yama at 2013-04-21 21:44
たろさん
天気は今イチでしたが、それなりに楽しめましたね。
アイゼンの経験を出来た方もいらっしゃったし、尻滑りも楽しそうでした。

またお師匠さんやNさんともご一緒したいので、声をかけて頂けたら嬉しいです。
Commented by tarumae-yama at 2013-04-21 22:03
positive51さん
昨日は室蘭岳だったのですね。
随分積極的に登られているご様子、ブログで拝見しています。

今頃の風不死岳、8合目より上ではワカンよりアイゼンの方が確実に速く登れると思いますし、下山の時は安心度が全然違います。
というか、ワカンではかなり緊張すると思うので、アイゼンがあるなら積極的に使った方が良いかと。

もう少し後ならロープが使えると思うので、それまで待つという事もありかも知れませんが、多分ワカンで頂上まで登ってみたいのでしょうね。

また、今の時期の夏道の状況は分かりませんが、鎖場の鎖がでているなら何とかなるかも知れません。
しかし、ゲートが開くまでは結構な距離ですね。
Commented by S at 2013-04-21 23:04 x
シルバートリオの皆さま、昨日は大変お世話になりました。

急斜面での初アイゼンでは、どうなることかと悪戦苦闘しておりましたが、とても良い経験ができました。

H原さんには、迎えにきてもらい、下りもアドバスを受けながら無事に難所をクリアできたことに感謝いたします。

是非また、tarumae-yamaさん、シマエナガさん、H原さんとご一緒させて下さい。

とても楽しい時間をありがとうございます。
Commented by tarumae-yama at 2013-04-22 09:21
Sさん
コメント有難うございます。
天気は今イチでしたが、色々経験できて楽しかったですね。
ベテランのH原さんは誰にでも親切ですから、Sさんもサポートしてもらい心強かったのではないでしょうか。
私は、下山時上から眺めていただけで何のお手伝いも出来ませんでしたが、Kさんを通して山へのお誘いは得意?です。
また、ご一緒する機会があればと思います。
名前
URL
削除用パスワード
<< 散歩での光景 最中ブラウニー >>