4月13日、空沼岳から様茶平縦走-その2-

今回は週末とは言え天気に恵まれなかったせいか、空沼岳を含め縦走中誰にも会わなかった。
しかし、空沼岳と漁岳を繋ぐ尾根から外れ様茶平に向かう尾根を下っているときに、今日のものと思われる新しいスノーシューのトレースがあった。
どの林道で登って来たのか不明だが、どうやら漁岳に向かったらしい。

(単独としての)漁岳ほど人気がなくても、あれこれルートを考えて様茶平周辺のピークを踏む登山愛好者はそこそこいるようだ。

実際、誰にも会わなかったと書いたが、様茶平の急斜面から本流林道に合流する寸前、目の前を3人のパーティがスキーで通過していった。
駐車場で挨拶をしたところ、様茶平から二つ先のポコまで登って来たとのこと。

晴れさえすれば、この周辺の尾根歩きは眺望が抜群だから、知る人ぞ知るルートなのかも知れない。
f0138096_1831294.jpg

空沼岳頂上のシマエナガさん
f0138096_18311164.jpg

ハイマツ帯の尾根を進むシマエナガさん。軽量のシマエナガさんでも時々膝くらいまで踏み抜く。重い私は太ももまで落ちることがあってワカンを抜くのも大変。上2枚はオリンパスのTG-620で撮影
f0138096_18311966.jpg

様茶平頂上から中央やや右に空沼岳の頂上が見える
f0138096_18312741.jpg

様茶平から下山中、中央に恵庭岳、その左に風不死岳も見える
f0138096_18313649.jpg

同上、振り返って中央奥に様茶平の頂上部
f0138096_18314451.jpg

晴れれば支笏湖ブルーが綺麗に見えるのだが・・・
f0138096_18315375.jpg

山スキーを楽しんできたという札幌からのパーティ。ビーコンやゾンデ棒持参で装備は万全。
あれこれお話しをしたが、皆さんにこやかで素敵な雰囲気。女性は、高名な苫小牧山岳会のIさんの姪御さんとか。昨年3月、支笏湖の外輪山を一周したときのブログをたまたま見たそうで、パーティから祝福の握手を求められ舞い上がってしまった。お祝いに作ってくれた家内のケーキも話題に上り、その話を家内にしたところ嬉しそうだった
f0138096_1832275.jpg

そんな訳?で、シマエナガさんも入って記念写真。上の6枚はオリンパスのOM-Dで撮影
by tarumae-yama | 2013-04-16 07:14 | 北海道100名山 | Comments(4)
Commented by スズ at 2013-04-16 19:23 x
スズです。こんばんは。
うわぁ、このハイマツ帯は大変そうです。
輪カンで踏み抜くと抜けなくなりそうです。
いや、実際、踏み抜いたのですね。ご愁傷さまです(^^;。

しかしtarumae-yamaさんはどこに行っても人気者ですね。羨ましいです(^^)。
シマエナガさんの貫禄も中々のものですね(^^;。
一緒に写っている四人の写真を知らない人に見せて、
この「パーティの誰がリーダー?」ってアンケート取ったら、
シマエナガ票が圧倒的優位にたちそうです。
Commented by シマエナガ at 2013-04-16 20:28 x
いゃあー、あの尾根歩きは何度行ってもいいものですね~
また、天気の良い日に再挑戦したいものです、、、
スズさん
確かに、偉そうに見えるので、私が一見リーダーみたいですね、、、
でも、他の御三方が直立不動ですので、貫禄やたたずまい、、御三方に“あの有名な”と言わしめた、カメラを構えているtarumae-yamaさんが真のリーダーに見えるのは間違いありません、、、
Commented by tarumae-yama at 2013-04-16 22:12
スズさん
写真で見るよりハイマツ帯はさほど広くなかったので助かりました。
気をつけているつもりでも、突然の踏み抜きは精神的にも疲れますね。

全然マイナーなブログですが、たまたま私のブログを見たそうです。
確かに、最後の写真だけ見ると、リーダーはシマエナガさんという雰囲気ですね。
Commented by tarumae-yama at 2013-04-16 22:16
シマエナガさん
ぜひ、好天時にシルバートリオでもう一度歩いてみたいですね。
眺望がよくて、それほどハードではない距離なのも魅力的です。

札幌からのパーティは、気さくな人柄で大変好感が持てましたね。
また、どこかでお会い出来れば嬉しいですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 4月15日、郊外の福寿草 千歳郊外の福寿草など >>