4月13日、空沼岳から様茶平縦走-その1-

シマエナガさんとの待ち合わせ場所である本流林道に向かう途中、オコタンペ分岐近くの駐車場に数台の車、更に漁岳林道前にも数台の車が停まっていた。
今日の恵庭岳や漁岳は多くの登山者で賑わうのだろう。

そんな車を沢山見た直後なので、シマエナガさんの車を本流林道に置いて金山林道に到着したとき、車が全くなかったのには拍子抜け。

ワカンを履いて8時前にスタートしたのだが、車にGPSを置き忘れ1kmほどの余計な歩きと約20分のタイムロス。

青空が顔をのぞかせ、昼から晴れるという予報に期待が高まる。
うっすらとトレースが残っていて、シマエナガさんのワカンが沈む事は殆どなかった。
しかし、念のために持参したスノーシューやアイゼンの重量の他に、元々体重があるのでシマエナガさんのトレースを使わせてもらっても私のワカンはそれなりに沈む。

その上、軽快かつ快調に進むシマエナガさんの歩幅が大きくて、私の5歩目が彼の4歩目と一致するような状況。
それでも、私のコンパスに合わせ小刻みに歩いていたそうだ(^_^;)

結局、天気は好転するどころか、空沼岳に到着したときは風雪模様の荒天。
とても眺望を楽しみながら昼食を摂るという状況になく、記念写真を撮ってすぐ縦走先の1200mピークに向かった。
しかし、急速にお腹が減ったこともあり、そのピークの手前で風を避けて昼食。

1200mピークから漁岳に繋がる稜線歩きは、とても4月中旬の山歩きとは思えない厳冬期の様な気分を味わったけれど、コルから様茶平へ向かう尾根に左折した頃、ようやくまた青空が覗くようになった。
まあ、最後までスッキリとした青空にはならなかったけれど、様茶平の下山中が一番眺望に恵まれた。

今回の写真は全てシマエナガさんから送られてきた写真で構成した。
私が撮った写真は、-その2-として明日アップしようと思う。

山行記録
金山林道ゲート前08:15→林道合流点09:15~09:20→空沼10:16→空沼岳頂上10:58~11:08→1200mピーク手前で昼食→様茶平頂上13:13~13:25→本流林道入り口14:37(多少時間にズレがあるかも)
GPSの総歩行距離15.1km
f0138096_14112864.jpg

昨年同じ頃(4月14日)にも空沼岳に登っていて、その時より積雪は多いと思えたのだが、最初の渡渉点のスノーブリッジは消失していた
f0138096_14114086.jpg

ワカンのまま飛び石を使って渡渉
f0138096_1411528.jpg

バックに頂上が雲の中の恵庭岳が見える
f0138096_1412371.jpg

空沼で、正面に空沼岳の頂上に繋がる尾根の先端部が見える
f0138096_14121581.jpg

空沼をバックに
f0138096_14122633.jpg

文字が消えている標識を挟んで空沼岳頂上で、シマエナガさんの三脚を使用
f0138096_14124446.jpg

f0138096_14125426.jpg

ガスと風雪の1200mピーク手前
f0138096_14131272.jpg

ハイマツ地帯を歩く私
f0138096_14132451.jpg

左手が崖の稜線歩き
by tarumae-yama | 2013-04-15 07:26 | 北海道100名山 | Comments(2)
Commented by スズ at 2013-04-15 15:32 x
スズです。こんにちは。

GPS忘れたり、スノーブリッジがなくなったり、雪に降られたりと、
中々難儀な山行だったみたいでお疲れ様でした。
しかし4月も中旬に入ろうかというのにまだまだ冬景色ですね。

反面、札幌近郊はポツポツと雪が降ったぐらいで、不思議なぐらいに安定していました。
風向き的に雪雲が流れて来ていて警戒してたのですが、
全部こちらに来る前に力を失ったみたいです。
Commented by tarumae-yama at 2013-04-15 19:49
スズさん
ハイマツ帯で踏み抜きが多くて精神的に疲れましたが、それでもなかなか楽しかったです。
晴れればとても眺望の良いルートだと思うので、来年また歩いてみたいです。
よければお誘いします。鬼が笑うかな?

さすがに、この時期降る雪に真冬の勢いは感じられなくなりましたね。
夏タイヤに何時交換したものか、思案中です。
名前
URL
削除用パスワード
<< 千歳郊外の福寿草など 千歳郊外の水芭蕉 >>