4月1日、恵庭岳-頂上からゲートまで-

後で知ったことだが、我々が恵庭岳の頂上に立ったほぼ同時刻、スズさんがイチャンコッペ山の反射板ピークに到着していたらしい。
彼のブログで、風邪を引いた上に手足の痺れがあって病院で検査を受けたとあったから、帰宅途中にイチャンコッペ山の登山口駐車場で、昼食中のスズさんを発見したときは驚いた。
頂上から、反射板ピークの先に豆粒の様な人影が見えたのだが、それはまさにスズさん本人であったとは。
そう言えば、シマエナガさんとスズさんの3人で昨年11月25日に登って以来の再会だった。

ともあれ、恵庭岳の頂上から大展望を堪能し、それでもどこか後ろ髪を引かれるような思いで下山開始。

シルバートリオのH原さんから、昨年2時間で登ったと聞いていたのだが、我々は3時間以上も要した。
まあこれは、高度を上げる度、振り返る度に展望が広がるものだから、なかなか足が進まなかったせい、と思いたい。

その代わり?、下りは1時間20分でゲート到着だから順調だった、と思う。
f0138096_15532638.jpg

絶景を堪能し、下山を始めるシマエナガさん
f0138096_15533746.jpg

頂上からの一番緊張を強いられる場所。両サイドが落ち込んでいるうえに今も崩壊が進んでいる
f0138096_15534592.jpg

登りより下りの方が緊張するロープ場
f0138096_15535452.jpg

無事岩塔を下りきって
f0138096_1554323.jpg

f0138096_15543398.jpg

オコタンペ湖を望みながら気持ちの良い下り
f0138096_1554146.jpg

急斜面を下りきってアイゼンからワカンに切り替えるシマエナガさん
f0138096_15551275.jpg

岩塔も遠くになった
f0138096_15552280.jpg

下りは1時間20分と順調にゲートまで戻ってきた
f0138096_1555313.jpg

帰宅途中、イチャンコッペ山の駐車場でスズさんを見かけたので、Uターン
f0138096_15553948.jpg

購入したばかりのニコンのD7000と広角レンズを嬉しそうに持つスズさん
f0138096_15554843.jpg

駐車場から千歳の我が家に移動。自宅でもしばしカメラ談義。左は私のオリンパスOM-D。D7000と比べると赤子のよう
by tarumae-yama | 2013-04-04 07:01 | 北海道100名山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 4月1日、恵庭岳-シマエナガさ... 4月1日、恵庭岳-登山口から頂... >>