4月1日、恵庭岳-登山口から頂上まで-

夏山シーズンには30数回登っている恵庭岳だが、積雪期には登っていない。
8年前に山スキーとスノーシューで登ったものの、アイゼンを携行しなかったため岩塔の基部から引き返している。

いつかは再挑戦をしてみたいとずっと思っていた。
今回シマエナガさんの同行を得てやっと念願が叶った。
シマエナガさんも、頂上への規制前に登っているけれど、冬の登攀は初めてとのこと。

そこそこ風があり雪煙が舞う場面に遭遇したものの、十分な青空と期待以上の眺望に励まされ、不安だった岩塔登りも案外すんなり突破し、崩落が進みすっかり狭くなった頂上から360度の大パノラマを心ゆくまで堪能した。

山行記録
オコタン分岐ゲート前08:33→頂上11:37~12:10(昼食)→オコタン分岐ゲート前13:30
(休憩や、ワカン、アイゼンの装着を含め登りに3時間4分、下りに1時間20分)

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_23361858.jpg

登山口に向かう前、湖畔から白く輝く樽前山と風不死岳
f0138096_2336295.jpg

同上、岩塔もクッキリの恵庭岳
f0138096_23363764.jpg

8時半過ぎ、ゲート前をつぼ足でスタートするシマエナガさん
f0138096_233646100.jpg

ワカンを装着し、冬期閉鎖中の道道から尾根に向かうシマエナガさん。後ろはオコタンペ山に登ると言う苫小牧からのパーティ
f0138096_23365795.jpg

シマエナガさんの前方に土曜、日曜と連日登ったsnufkinjrさんのものと思われるトレースが延びている
f0138096_23371015.jpg

目の前の急斜面にワカンのまま取りついたけれど、スリップの不安が
f0138096_23372164.jpg

傾斜のきついところでワカンからアイゼンに交換するのも大変なので、途中の大岩の下まで登って交換。ここにワカンとポールを置いていく
f0138096_2337322.jpg

中央右に尻別岳の頂上部が見えてきた。最初は羊蹄山と勘違い
f0138096_23374180.jpg

アイゼンに履き替えて登るシマエナガさん。右に雪煙を上げる漁岳が見える
f0138096_23375114.jpg

同上、左端に先日登った丹鳴岳と右端に漁岳
f0138096_2338225.jpg

f0138096_23381171.jpg

f0138096_23382889.jpg

f0138096_23383820.jpg

f0138096_23384775.jpg

f0138096_2338562.jpg

f0138096_233957.jpg

上7枚、シマエナガさんを追って
f0138096_23391664.jpg

頂上からの眺望、空沼岳や藻岩山なども見える
f0138096_2339298.jpg

同上、紋別岳やイチャンコッペ山など
f0138096_23394017.jpg

風不死岳と奥に白い樽前山、アップで
f0138096_23395054.jpg

中央奥に徳舜瞥山とホロホロ山、その手前に白老3山
f0138096_234022.jpg

中央に白いオコタンペ湖。奥に小漁山。更に奥にうっすらと羊蹄山
f0138096_2340155.jpg

GPSの軌跡。中腹の青旗にワカンとポールをデポ
by tarumae-yama | 2013-04-03 00:45 | 北海道100名山 | Comments(2)
Commented by yah-_-yah at 2013-04-03 14:48
いや~、ほんと絶景ですね!羨ましい!
これなら思わず「万歳!」もしたくなっちゃいますね。
tarumae-yamaさんが冬の恵庭岳が8年ぶりっていうのも意外でした。
それだけ今年は精力的に色んな山に登られているってことなんでしょうか。
今季はもう機会がないと思いますが、来年登ってみたいです。
Commented by tarumae-yama at 2013-04-03 19:59
yahさん
いや~、絶景でした。
冬は空気が澄んでいるから余計素晴らしいですね。

再挑戦が8年も経っていたなんて自分でも一寸ビックリでした。
来年一緒に登りますか?
名前
URL
削除用パスワード
<< 4月1日、恵庭岳-頂上からゲ... 3月29日、百松沢山-同行者... >>