3月24日、漁岳-写真を中心に-

今回の漁岳は、8名もの大パーティとなった。
大半は1月13日に樽前山に登ったときのメンバーだが、その時参加出来なかったシマエナガさんがご近所のFさんを誘い、更に先日の風不死岳で苦楽を共にしたminakayakさんも加わった。

元々は、最近冬山に意欲を燃やすyahさんと、希望の山を一緒する約束だったのだが、なかなか都合と天気が合わないうちに風不死岳の北尾根や白老岳、徳舜瞥山等を登ってしまい、唯一残っていた山だった。

今回のメンバーの半分以上がブログを持っているので、それを紹介して私の山行報告は省略、写真だけにしようと思う。

yahさんのブログ←青文字部分をクリック。
minakayakさん
ms090さん
しずさん

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_13585536.jpg

f0138096_1359547.jpg

f0138096_13591880.jpg

f0138096_13592672.jpg

f0138096_13593493.jpg

f0138096_13594292.jpg

f0138096_13595198.jpg

f0138096_13595870.jpg

f0138096_140692.jpg

f0138096_1401441.jpg

f0138096_1402395.jpg

f0138096_1403188.jpg

f0138096_1403931.jpg

f0138096_1404714.jpg

f0138096_1405478.jpg

f0138096_141350.jpg

f0138096_1411260.jpg

f0138096_1412528.jpg

f0138096_1413844.jpg

by tarumae-yama | 2013-03-26 14:07 | 北海道100名山 | Comments(4)
Commented by yah-_-yah at 2013-03-26 14:15
なるほど!
こういうルートを辿っていたんですね。
僕は自分の感覚で、「こんな感じかなぁ」とルート付けました(ヤマレコの記事にて)。
下山時はtarumae-yamaさんの言っていた、『合理的ルート』を降りたものとばかり思っていましたが、登りと同じルートを戻ったんですね。
登りと下山と違うのは恵庭鉱山の部分だけだったのですね。

正直言って、途中まったく地図を見ることもなく(持ってはいきました)、トレースを辿ることしか頭になかったので、よくわかってませんでした。
次にトレースがない状態で一人で登るとしたら迷いそうです。
Commented by shizuko0421 at 2013-03-26 16:39
tarumae様、お疲れ様でした。
ありがとうございます!
わたくしめの記事はSDカードを実家に置いてきてしまったので
今週後半のUPになりそうです。

去年登ったときは、多分ですが
ルートがもう少し北側から直登したような気がします。
それにしても
小漁岳がとても綺麗に見えました!
恵庭岳も何とか全貌が拝めて感無量です!

ヘタレも返上できつつあるので(本当にそうだろうかw)
夏山に向けてのトレも頑張ろうと思います!!

ホッカイロ、ありがとうございました♪^^
Commented by tarumae-yama at 2013-03-26 20:12
yahさん
距離が長いと、わざわざ忠実に尾根を繋がなくても済むルートが体力や時間の面で有利ですが、それでも新雪が深いとトレースを借用した方がずっと楽が出来ます。
尾根歩きの方が雪が締まっていて歩きやすいという事も多くて、ケースバイケースですが。
帰りは、最短の『合理的ルート』と思ったのですが、結構沈んだので登りのトレースで下りました。
Commented by tarumae-yama at 2013-03-26 20:20
しずさん
雪がたっぷりの漁岳でしたね。
尻滑りは面白く楽しかったですね。
あれで一気に盛り上がったような気がします。

もう少し北側から直登というのは、頂上直下の急斜面の事でしょうか?
もしそうなら、私もいつもなら北側にトラバースして尾根に乗ります。

ブログのアップを楽しみにしています
名前
URL
削除用パスワード
<< 3月24日、漁岳-同行者から... snufkinjrさんと友人が... >>