3月17日、白老岳-前編-

白老山岳会のたろさんの車と支笏湖の丸山駐車場で7時半過ぎに合流し、白老岳に向かった。
我々のパーティは5名で、何時ものシルバートリオに、昨年10月風不死岳を2人で登ったN君と、苫小牧のpositive51さんが加わった。

positive51さんは、私のブログにコメントしてきたことがきっかけで今回の参加となったのだが、お会いするのは初めて。
当然のようにシルバートリオのH原さんやシマエナガさんにとっても初対面。
N君も、私以外は誰もが初対面という異色?のパーティ。

林道のゲート前に到着すると、すでに先行した白老山岳会のパーティがいるとのことで、今日は我々を含め15名を超える大所帯の様相。

そんな訳で、我々はすでに立派なトレースが出来ているところを歩くという何ともラクチン登山となった。
風はあるものの、抜けるような青空からの陽光は強く、すでに春山の感じ。

途中、南白老岳をバックにたろさんパーティと合同記念写真を撮ったりしながら、予定よりずっと早く白老岳の頂上に立った。

私にとっては、2011年4月にH原さんと昨年1月にポッケさんも加えた3人で登っているので3年連続の白老岳になるのだが、今回も眺望に恵まれ360度の大展望に酔いしれた。
シマエナガさんや他の2人は初めての白老岳というから、H原さんや私以上にこの素晴らしいパノラマに息を飲んだに違いない(と思う)。

たろさんのブログ←青文字部分をクリック

山行記録
林道ゲート前08:20→頂上10:10~10:58(昼食)→林道ゲート前12:06
休憩を含め登りに1時間50分、下りに1時間8分
f0138096_1725489.jpg

スタートする白老山岳会のパーティ。すでにゲート前は車で一杯。我々のすぐ後に来たRV車2台は、下の駐車スペースに向かったようだ。久しぶりの好天の週末、途中通った樽前山ゲート前にも車が一杯だった
f0138096_1731329.jpg

白老山岳会のパーティと我々のメンバーも一緒になって登る
f0138096_1732126.jpg

たろさんを先頭に白老山岳会のパーティ(の一部)
f0138096_1733028.jpg

有り難くトレースを使わせてもらい進む我々のパーティ
f0138096_1734073.jpg

正面に白老岳の頂上部
f0138096_173491.jpg

アップにすると登頂中の3人が見える
f0138096_1735817.jpg

南白老岳
f0138096_174855.jpg

一番手前はN君
f0138096_1741962.jpg

中央奥に恵庭岳、手前に2人の下山者が見える
f0138096_1742943.jpg

頂上からの尾根に乗るところ、雪煙を浴びているのはシマエナガさんとN君か
f0138096_1743878.jpg

尾根から南白老岳。左側は雪崩斜面か樹木が殆ど見られない。中腹に亀裂が見える
f0138096_1744977.jpg

中央にホロホロ山と徳舜瞥山。手前に冬期閉鎖中の道道86号線が見える
f0138096_1745775.jpg

頂上で記念写真を撮るたろさん
f0138096_175649.jpg

スコップやスノーシューを使って風除け展望台を作っているH原さんやN君
f0138096_1751787.jpg

頂上で記念写真。撮影者はpositive51さんで代わり?に写っているのが1月21日北広山でお会いした「くじらの山旅」のOさん(右から2人目)
f0138096_1752697.jpg

恵庭岳をアップで。斜面の中腹に1972年2月、札幌オリンピック冬季大会で滑降の競技が行われたコース。その後植林されたのだが、稲妻模様からコースだった場所とはっきり分かる
f0138096_1753747.jpg

頂上直下を山スキーの二人組。このほかにもスキーやボードを担いだカップルが来て賑やかな頂上だった。中央に風不死岳(左)と樽前山
by tarumae-yama | 2013-03-19 00:01 | 登山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 3月19日、ワカンとスノーシュ... 3月14日、932m峰と風不死... >>