2月23日、白老山岳会のパーティと紋別岳-写真編-

23日に紋別岳の記事をアップした折、山行の詳細は後日と書いたけれど、10日前にも紋別岳に登ったばかりだし、今年すでに3度登っているので、詳述するのは止めて写真をメインに載せた。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_12475691.jpg

駐車場からすぐに結構な登り。エゾシカの食害が進む林を進み、振り返ると支笏湖とその奥に樽前山や風不死岳が見える
f0138096_1248571.jpg

写真を撮りながら先頭を行く白老山岳会のたろさん
f0138096_12481456.jpg

頂上直下から。正面奥にキラキラと輝く太平洋
f0138096_12482513.jpg

頂上のアンテナ群、強風に雪煙が舞う
f0138096_12485868.jpg

頂上に到着の白老山岳会のパーティ。一番下にソロの登山者も見える
f0138096_12483462.jpg

紋別岳頂上。中央に恵庭岳
f0138096_12503111.jpg

今日の最終目?の748mピークに向かう白老山岳会のパーティ
f0138096_12504299.jpg

同上
f0138096_12505843.jpg

亀裂の入った斜面を慎重に進む白老山岳会のSさん(左)とNさん、奥に紋別岳
f0138096_1251786.jpg

748mピーク到着目前
f0138096_12513244.jpg

748mピークからの眺望
f0138096_12514675.jpg

同上、前方に恵庭岳
f0138096_1252164.jpg

恵庭岳をアップで
f0138096_1252139.jpg

748mピークで談笑中の白老山岳会の皆さん、話題はサングラスについてだったような
f0138096_1252268.jpg

748mピークをバックに下山開始
f0138096_12523613.jpg

前方に紋別岳頂上部のアンテナを見ながら
f0138096_12525179.jpg

振り返って恵庭岳方面
f0138096_1253344.jpg

登山道に合流後、その先の沢地形を下って
f0138096_12531597.jpg

雪庇の出来た小沢を下るたろさんとSさん。 カメラはパナのG3にオリンパスの広角レンズで
by tarumae-yama | 2013-02-25 13:23 | 登山 | Comments(4)
Commented by スズ at 2013-02-25 18:28 x
スズです。こんばんは。
この日天気良かったですよね。
私も紋別岳行こうと思っていたのですが、体調悪くてあきらめました。
何だか仕事が一段落したのもあって、数ヶ月分の疲れがドッときた感じです。
行けば会えましたね。残念です。
3月、4月と暖かくなってくるに連れて、山に行く機会も増えそうです。

今週は出張ラッシュで、今から東京に向かいます。
そして明日帰ってきて、週末にまた東京と言う...
D7000の点検が運よく東京出張に当たってくれると、
店頭で受け取って、即、使えるんだけど、どうだろう...
Commented by mori at 2013-02-25 19:58 x
moriです。こんばんは。
23日は、支笏湖の向こう側は晴れていたんですね。支笏湖の札幌側は吹雪と地吹雪の混じる、悪天でした。
748ピーク手前の雪原、きれいですね~。こういう所、好きです~。
晴れたら行ってみようかな。ピーク下の亀裂がこわいので、その下には近づかないようにします。そこ以外に危ない所はありましたか?
Commented by tarumae-yama at 2013-02-25 23:39
スズさん
コメントが一寸なかったので、出張か仕事が深夜まであったのかと思っていました。
この日の紋別岳は晴れてくれましたが、支笏湖に雪雲が襲来し、時々風不死岳や樽前山を隠していました。
北側は風雪が強かったようですね。

同じ日、イチャンコッペ山には知人が二組登っていたようです。
お会い出来なかったのは残念でしたが、また3月、4月にお誘いします。
それまで、体調が戻ると良いですね。

早くD7000が手元に届くと良いですね。
D7100が発売になりますね。でもD7000も併売とか。
そのせいかキタムラ価格が一気に値上がりしました。
スズさんはピッタリのタイミングで手に入れたと思います。
Commented by tarumae-yama at 2013-02-25 23:52
moriさん
冬型の気圧配置の時、支笏湖周辺は晴れることが多いですが、それでも恵庭岳側と紋別岳や樽前山側でも天気の差があると感じます。

紋別岳から748mピークまでの雪原は、疎林なのでとても見晴らしが良いです。
最近は人気が出て来ているようで、トレースを目にするようになりました。
ぜひ、出かけてみて下さい。運が良ければトレースが使えるかも知れません。

このコースを歩いていて、1,2度穴に落ちたことがありますが、深くはありません。
ただ、748mピーク直下でも少しすぽんと埋まるところがありましたが、これも殆ど支障になることはないと思います。

ぜひ、天気の良いときに歩いてみて下さい。感動することを請け合います。
名前
URL
削除用パスワード
<< PENTAX K-30 18-... ドイターのザック、紋別岳で初デビュー >>