2月10日、徳舜瞥山とホロホロ山-ホロホロ山から下山編-

徳舜瞥山とホロホロ山からの雄大な景色に満腹感を抱きながら下山を始めた。
夏なら、ホロホロ山頂上部の緊張する岩場やハイマツの枝が煩わしい登山道が、雪でしっかり埋まっているためにすんなりと歩ける。

二つの頂の中間まで来ると、徳舜瞥山から下りてくる4人パーティと頂上の下を迂回する白老山岳会のパーティが目に入った。
数分後にスライドした4人パーティの話では、我々がホロホロ山の頂上で会った4人組とは同じ北大のサークル仲間とのこと。

やがて徳舜瞥山を迂回した白老山岳会のトレースにやって来たが、どうせ下山するのだからとそのまま真横に回り込んだ。
ところがこれが失敗で、トラバース斜面が急でスリップしたら止まりそうにないから、緊張の歩きとなった。
その先も、沢地形となって余計な体力を使うことに。
やはり、この山を知り尽くした地元白老山岳会のトレースに有り難く従うべきだった。

そんな小さな見込み違いがあったけれど、登りの時のトレースにぶつかってからは順調に駐車地点に戻った。
f0138096_21351731.jpg

我々のずっと前の稜線上を歩く白老山岳会のパーティが見える。頂上にも登山者がいるようだ
f0138096_21355456.jpg

振り向くと、ホロホロ山から北大生のパーティも下りだした様子
f0138096_213646.jpg

徳舜瞥山からの下山者が見える
f0138096_2136143.jpg

記念写真のH原さんとms090さん、二人の間に手を振るminakayakさん。頂上からの4人組の右に小さく白老山岳会のパーティの姿も見える
f0138096_21362449.jpg

スキーをザックに4人組とスライド。このパーティは、私の後ろからやって来るパーティと同じ北大のサークル部員同士とのこと
f0138096_21363317.jpg

同じサークルの部員が合流目前
f0138096_21364247.jpg

真ん中のトレースは白老山岳会のパーティのもの。我々は楽をしようとそのまま回り込む
f0138096_21365069.jpg

中央に合流後それぞれの山に向かう北大のパーティが小さく写っている
f0138096_21365952.jpg

急斜面をトラバース中、周りに木がないのでスリップしたらそのまま下まで流されそう
f0138096_2137875.jpg

徳舜瞥山をバックに、傾斜が緩くなって一安心
f0138096_21371633.jpg

下を回り込んだ我々が早いと思ったけれど、中央付近に小さく下山中の白老山岳会のパーティ
f0138096_21372436.jpg

気持ちの良い1050m台地付近の歩き
f0138096_21373375.jpg

スノーモンスター
f0138096_21374463.jpg

モンスターの奥に白く輝く徳舜瞥山
f0138096_21375681.jpg

青空に樹氷が美しい
f0138096_2138747.jpg

撮影中のms090さん
by tarumae-yama | 2013-02-13 07:54 | 北海道100名山 | Comments(6)
Commented by たろちゃん at 2013-02-13 11:55 x
本当に、”これぞ冬山”的な美しい世界が満載の山行でしたね♪

tarumae-yamaさんのお写真を拝見してるだけで、顔がニヤけてきますw 普段は写真撮られるより撮ってる方が多いので、カップラーメン食べる自分の姿も楽しく拝見させて頂きました♪

あれだけの素晴らしい体験が出来ましたので、しばらく悪天続いても文句言いません(爆)

本当、お疲れ様でした。
Commented by tarumae-yama at 2013-02-13 21:35
たろさん
実は今日もH原さんを除くあの時のメンバーで紋別岳に登ってきました。
昼から晴れるという予報を信じたのですが、むしろ雪が降ってくる始末。
それでも青空がありそれなりの景色を楽しめましたが、とてもとてもあの徳舜瞥山とホロホロ山のようには行きませんでした。
本当に最高に美しい世界でしたね。

たろさんは素晴らしいカメラを持っているからどうしても撮影係になるでしょうね。
今度ご一緒するときは是非モデル役でお願いします。
Commented by ms090 at 2013-02-14 00:11
写真を見て改めて思いましたが、この日は顔がにやけっぱなしですね。
特に徳舜瞥山山頂に着いてからは、天気はますます良くなっていくし信じられないほど状況が良くてもう笑うしかないと言った感じでした。

本当に楽しくて楽しくて、記憶に残る山行になりました。
Commented by shizuko0421 at 2013-02-14 09:05
tarumae様、トクシュン&ホロホロお疲れ様でした!
写真だけで充実した山行だったのが伝わってきますよ!
私も2828しちゃいますw

それにしても、良い山ですね~♪
これを見るとますます登ってみたくなります。
天気が良い悪いと山の印象も変わってきますよね!
私も去年一昨年とニペに登った時の印象
ガラリと変わりましたもん^^

これはトクシュらないとダメだと思いました!
また初めて登る山が冬山フラグがもう一本立ちそう・・・かな?
山行録参考にしますね^0^♪
Commented by tarumae-yama at 2013-02-14 20:36
ms090さん
過去の徳舜瞥山やホロホロ山の記録を検索して見ると、なかなか我々のような素晴らしい条件に恵まれた報告は少ないですね。

まだしばらく楽しみたいという気にさせた山で、本当に幸運でしたね。
Commented by tarumae-yama at 2013-02-14 20:40
しずさん
事前の予報から、ここまでの好天と眺望は想像も出来ませんでしたから、天にも昇るような絶頂感でした。

ぜひぜひ、お友達と登って同じ絶頂感に浸って下さい
きっとスノーモンスターも大歓迎してくれると思います。
名前
URL
削除用パスワード
<< 2月13日、紋別岳から735m... 2月10日、徳舜瞥山とホロホ... >>