2月10日、徳舜瞥山とホロホロ山-徳舜瞥山まで編-

6時45分に樽前山へのゲート前でms090さんをピックアップして全員が揃った。
徳舜瞥山のスタート地点は、村有牧野手前の最終民家付近で、ここまでは除雪されていた。

近くに室蘭ナンバーの車が停まっていて出発の準備中。
その3人パーティから挨拶を受けて我々がスタートしたのは7分後の7時40分。

新雪が20cmほど積もっている中を我々は有り難く先行者のトレースを使わせてもらった。
早く追いついてラッセルを交代したいと思ってはいたのだが、休憩中のパーティに追いついたのは40分も後のことだった。

改めてお礼の挨拶すると白老山岳会と言うことで、足の速さに納得。
メンバーの若い男性から、「先月樽前山で会いましたね、その時のたろちゃんです」とのこと。
そう言えば、樽前山の記事に早速コメントを寄せていただいていた。

思わぬ再会に驚いたが、その後は我々のパーティが先になったり、抜かされたりしながら徳舜瞥山からホロホロ山の頂上まで楽しくご一緒させてもらった。

山行記録
スタート07:40→徳舜瞥山頂上09:57~10:14→ホロホロ山頂上10:46~11:20(昼食)→徳舜瞥山トラバース地点11:44→スタート地点13:13

写真が余りにも多いため2,3回に分けますが、それでも多いです。
辛抱強くお付き合いただければ嬉しいです。
f0138096_13202100.jpg

最終民家で飼っているワンちゃんが、先導役になってスタートしていった白老山岳会パーティ
f0138096_13201382.jpg

村有牧野を行く我々のパーティ、前方に徳舜瞥山見えてきた
f0138096_13202320.jpg

先導を終えたワンちゃん、遠くの羊蹄山を眺めるの図
f0138096_13203235.jpg

追いついたパーティの記念写真。メンバーのたろちゃんさん(左、どこか昔巨人で活躍した元木大介に似ている?)
f0138096_13205481.jpg

前方に徳舜瞥山、撮影中のH原さん
f0138096_13204781.jpg

樹氷が朝日に輝いて綺麗
f0138096_1321914.jpg

我々のパーティの前を白老山岳会のパーティが行く
f0138096_13211736.jpg

モンスター群の中を行くH原さん
f0138096_13212633.jpg

徳舜瞥山を目の前に大展望台?に到着
f0138096_13213543.jpg

同上、そこで羊蹄山をバックに合同の記念写真
f0138096_13214530.jpg

三脚をセットして合同記念写真撮影準備中のたろさん
f0138096_13215573.jpg

記念撮影後、我々が先を行く
f0138096_1322490.jpg

振り向くと羊蹄山が素晴らしい。下に小さく白老山岳会のパーティ
f0138096_13222382.jpg

f0138096_1322363.jpg

f0138096_13224627.jpg

f0138096_13225889.jpg

f0138096_1323988.jpg

上5枚は、徳舜瞥山の急斜面を登る我々のパーティ
f0138096_13231850.jpg

頂上直下で前方に支笏湖や恵庭岳、左の方に空沼岳などの雄大な景色が飛び込んできた
f0138096_13233044.jpg

徳舜瞥山頂上で全員の記念写真。白老山岳会のNさん?の撮影
f0138096_13234495.jpg

直後にホロホロ山から北大山岳部の5人パーティが登ってきた。中央にホロホロ山
f0138096_13235633.jpg

北大山岳部パーティの記念写真。北海道出身者は一人とのこと
f0138096_132471.jpg

3組のパーティで賑わう徳舜瞥山頂上
f0138096_13242585.jpg

GPSの軌跡。ホロホロ山からの帰りは、徳舜瞥山のピークを踏まずに巻いて下山
by tarumae-yama | 2013-02-11 14:01 | 北海道100名山 | Comments(6)
Commented by たろちゃん at 2013-02-11 15:16 x
昨日は色々と有難う御座いました。

いや~!本当に、最高の一日を過ごす事が出来ました。
お天気も山もお風呂も...どれもが100点満点でした♪

今回の記事を自分もアップしましたが同じような写真ばかり並べてしまい、同じ言葉を連呼してます。ボキャブラリー少なさ過ぎるのも困ったもんですね(汗)

tarumae-yamaさんには色々とお世話になり有難う御座いました。
また何処かの山でお会い出来る日を楽しみにしております。
お疲れ様でした。


Commented by シマエナガ at 2013-02-11 16:36 x
画像がきれいですね~
まさにオリンパスブルー用のおあつらえ向きの天気だったみたいですね、、、
ラッセルもそれほどでもないようで(先行者がいらっしゃたから?)、アイゼン・ピッケルも必要ないみたいで、どうやら最後までスノーシューでよかったみたいですね、、、
私はやはり起きられず、近場でウロウロしていました
それにしても、年間山行ベスト5候補が早くも出現の感ありみたいですね~
次は、なんとか頑張って参加したいものです、、、

Commented by スズ at 2013-02-11 16:56 x
こんにちは。スズです。
難しい天気予報でしたが好天に恵まれたようで良かったです。
賑やかそうな雰囲気が伝わった来ます。
結局、新しいレンズは持っていかなかったんですね。
それでも樹氷の写真きれいです。Toughも中々やりますね。
Commented by tarumae-yama at 2013-02-11 18:31
たろちゃんさん
コメントを有難うございます。
トレースを使わせていただいたおかげで我々は随分と快調に登れました。
昨年のホロホロ山は本当にラッセルが大変で身も心もホロホロ寸前だったことを思い出します(^^;)

前週の徳舜瞥山は悪天だったようで、今回スッキリリベンジを果たしたというところでしょうか。
ブログを拝見しましたが、沢山の写真と感動の連呼に、興奮ぶりが良く伝わって来ます。

本当に良い天気と眺望に恵まれ、我々も口々に良かった~と言う感想でした。
温泉でもその感動の余韻がまだお互いに続いていた感じでしたね。

また、山でお会い出来る機会があれば嬉しいです。



Commented by tarumae-yama at 2013-02-11 18:40
シマエナガさん
参加出来なくなったのが本当に残念でした。
昨年のホロホロ山が悪天で大変だっただけに、好天の今回の山に一緒でないのが重ね重ね残念です。

白老山岳会のパーティのおかげでラッセルが殆どなくて大変楽をさせてもらいましたし、アイゼンを装着しなくてもそれほど危険とは感じませんでした。
まあ、使った方が断然安心という部分がなくもなかったのですが。

次回はご一緒出来るのを楽しみにしています。
Commented by tarumae-yama at 2013-02-11 18:47
スズさん
OM-Dに新しいレンズを付けて山での撮影を楽しみにしていたのに、玄関に置いたまま出かけるという大チョンボをしてしまいました。
TG-620と2台態勢のつもりだったのです。

それでも、天気や被写体が素晴らしかったので、安い防虫、もとい、防水カメラでも中々の健闘ぶりですね。

スズさんも、D7000と広角ズームレンズが写りが良くて大満足の様子、何よりです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 2月10日、徳舜瞥山とホロホ... 2月10日、徳舜瞥山とホロホロ山 >>