1月28日、樽前山-最終編-

西山ピークでは吹き溜まりの風下側で昼食を摂った。
スーパーの特売用?パンでも、お腹が空いているととても美味しいと感じる。
20分後、素晴らしい眺望とで満腹感に満たされいよいよ下山へ。

それまで弱かった風も、樽前神社奥宮への登りにかかると溶岩ドームを回り込みながら収束して吹き抜けるのか、この季節らしい寒風となった。

東山ピークでは、ザックを担いだまま写真を数枚撮っただけでヒュッテへと下りた。
当初は932m峰のコルまで尾根伝いに歩く予定だったのだが、13日に登った時ほど急斜面は氷化しておらず、スノーシューの歯がしっかりと食い込む手応え。
それならば、時間短縮のためにまっすぐ下りたい。
と言う訳で、眼下のヒュッテを見ながらたったの20分で到着。

急斜面を下りながら、この雪面の状況なら尻滑りが楽しめたかもと思った。
それ用のプラボードを持参しなかったことがチョッピリ悔やまれた。
f0138096_11362993.jpg

西山ピークから、左端に風不死岳、右端に溶岩ドーム、真ん中に支笏湖と奥に紋別岳
f0138096_11363998.jpg

西山頂上標識と東山に向かう外輪山上の登山道。右手奥に日高の山並みが見える
f0138096_11364986.jpg

東山ピーク近くから、溶岩ドームからの噴煙と左手に西山ピークが見える
f0138096_11365992.jpg

東山頂上標識、支笏湖が僅かに見える
f0138096_1137750.jpg

溶岩ドームから激しく昇る噴煙、左端に輝く太平洋
f0138096_11382834.jpg

エビの尻尾に覆われた樽前山東山頂上標識。オリンパスTough TG-620で撮影
by tarumae-yama | 2013-01-31 11:49 | 北海道100名山 | Comments(2)
Commented by ms090 at 2013-01-31 23:58
多峰古峰山は全然風がなかったのですが、樽前山は噴煙が真横に流れていたので強そうだなと思ってました。
西山ピークから見た外輪山のラインが綺麗です。噴煙がそこに沿って流れているのも良いですね。
Commented by tarumae-yama at 2013-02-01 16:01
ms090さん
多峰古峰山は何度も登っていますが、そう言えばこの山で強風に遭った事は記憶にありません。
頂上でのんびりとくつろげて良かったですね。
私も西山ピークでは風に当たらずのんびり出来ました。

ホロホロ山の記録、拝見しました。
徳舜瞥山との往復1時間10分はさすがです。
ただ、3時間以上かけて到着した頂上から眺望がないのは悔しいですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 白鳥やカモなど 1月28日、樽前山-その2- >>