1月28日、樽前山-その1-

以前ある人からコメントがあり、スノーシューで樽前山に登りそこから支笏湖ブルーを見たいと。
それで、この時期の樽前山にスノーシューだけで登れるものかやってみた。

前にも書いたが、ヒュッテから夏道をそのまま進むのは外輪山分岐の手前がカリカリに氷化していてとてもスノーシューでは危険だし、頂上まで直登するのもスノーシューの歯が刺さらず、スリップしてそれこそ歯がたたないと思う。

それで、一番可能性があるのは、ヒュッテから林を抜けまだ傾斜の緩い932m峰のコルを目指して進むことだろう。
途中から支笏湖がきれいに見えるし、コルまで登れば稜線上は風で雪が飛ばされつぼ足でも頂上に立てるのではと思う。

昨日、計画したコースで樽前山に登り、条件が良かったため932m峰、西山、東山と三つのピークにスノーシューだけで立つことが出来た。

詳しくは明日以降。

山行記録
ゲート前08:47→5合目ゲート09:35→7合目ヒュッテ10:15~10:18→932m峰11:17~11:19→西山ピーク12:03~12:23(昼食)→東山ピーク13:02→7合目のヒュッテ13:22~13:24→5合目ゲート13:52→ゲート前14:36
GPSによる総歩行距離21.64km

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_1042656.jpg

溶岩ドーム
f0138096_10421699.jpg

ドームの一部をアップで
f0138096_10422597.jpg

正面に西山ピーク
f0138096_10423910.jpg

東山の頂上
f0138096_10424953.jpg

東山の頂上から、支笏湖ブルーが美しい。左に風不死岳
f0138096_1043493.jpg

GPSの軌跡。上りはヒュッテの上から932m峰のコルへダイレクトに。沢地形が雪に埋まっていて実に理想的な歩きになった。 オリンパスの防水カメラTough TG-620で撮影
by tarumae-yama | 2013-01-29 11:00 | 北海道100名山 | Comments(10)
Commented by shizuko0421 at 2013-01-29 11:10
tarumae様、こんにちは~♪
はーーーー
びっくらこきました!!
総距離が21km?!健脚という枠を完全に飛び越えてますね!
それは、まさにネ申という領域に足を踏み入れてますよ!


樽前山の周りをほぼ1周している・・・ ̄☐ ̄;
樽前山、違うルートもとても気になります♪
昔の夏山ガイドに
苔の洞門からのコースが載っていて、行ってみたかったのですが
現在はもう行けないみたいですね・・・

詳細レポも、楽しみにきぼんぬしています( ̄∧ ̄)ノシ
Commented by スズ at 2013-01-29 13:04 x
スズです。こんにちは。
昨日、コメントがなかったのでどこかに出掛けているのかと
思っていましたが、樽前だったんですね。
これは一転して穏やかな感じです。
冬の晴れた日は景色が最高ですね。

最近は平日に安定した天気が続いていて、
少々歯がゆい思いをしています。

朝天気が悪い⇒ゲンナリ⇒酒を呑む⇒動けない
最近の週末はずっとこんなパターンに陥ってます(^^;。
なんとかしなくちゃですけど
体が言うことを聞かないのも事実なんですよ。

TG-620の支笏湖は芸術的なまでに青いですね。
これはちょっとやりすぎ感が(^^;。
全体的に画像が青い気がするんですけど、
ホワイトバランスも少しずれてるんでしょうか?
Commented by yah-_-yah at 2013-01-29 13:17
昨日の樽前は風が穏やかでしたか?
そうでなきゃ外輪山回れないですよねぇ。
冬の外輪山1周してみたいです。

下りのルートは東山ピークからヒュッテにまっすぐ降りてるようですが、ここもスノーシューで行けたんですか?
Commented by tarumae-yama at 2013-01-29 16:17
しずさん
私もGPSの表示を見て少し過大に思いました。
H原さんやシマエナガさんと同じGARMIN社製のGPS(機種は違いますが)を使っていますが、何時も私のものが一番距離が長く表示されます。
なので、多分20kmは歩いていないかも知れません。
それでも、さすがに疲れました。
尾根上でしっかりスノーシューの歯を食い込ませる部分があって、それが太ももに響きました。

苔の洞門からのコース、禁止になる前に2,3度歩いていますが、素敵なコースでしたから残念ですね。

しずさんもアポイ岳、頑張りましたね。
天気と眺望に恵まれて何よりでした。
Commented by tarumae-yama at 2013-01-29 16:26
スズさん
何時もコメント有難うございます。
毎日が日曜日なので、何時でも気楽に出かけられます。
ただ、ガソリン代の高騰で、どうしても支笏湖周辺の山になりがちです。

今度も週末は予報が悪いですね。お気の毒です。

TG-620の支笏湖ブルーには驚きますね。
まるで絵画です。
シーンモードのビーチ&スノーの設定で撮っているのですが・・・
WBが調整できるものか取説をみてみます。
Commented by tarumae-yama at 2013-01-29 16:40
yahさん
出かける前に室蘭地方気象台のウインドプロファイラで風速を確認し、これなら外輪山を一周できると判断しました。
樽前神社奥宮から東山ピークまでの区間はそこそこの風速でしたが、厳冬期としては随分穏やかだったかも知れません。

確かに、13日の時と同じように東山からまっすぐ下りましたが、当初は安全を考えコルまで尾根を歩くつもりでした。
ところが、少しだけ下りてみると13日よりずっと条件が良くて、スノーシューでも大丈夫と判断しました。
まっすぐ下りられるなら時間が随分短縮出来ますからね。

この外輪山巡りは、先日の風不死岳の時にminakayakさんと約束したので、その下見の意味もありました。
日程が合えばお誘いしますよ。
Commented by mori at 2013-01-29 18:36 x
こんばんは!樽前山にスノーシューで登れるのか、以前に聞いたことがあるような気がしますが、他にもそんなこと思う人がいるんですねー。
(いないって)
自分だと多分ヒュッテまでかその手前で力尽きると思いますが、tarumae-yamaさんがこうしていろんな手法を考え出してくれると、嬉しいですね。
続きのレポも楽しみです!
Commented by ms090 at 2013-01-29 21:36
ゲート前で車を発見して登っているのは分かったのですが、やっぱり外輪山を回っていたのですね!

昨日、minakayakさんと多峰古峰山に登り、12時10分に山頂に着いて景色を見ている時、西山で人が動いているよう見えたのは気のせいではなかったかも。
気象庁は曇り予報でしたが、思いのほか晴れて登山日和でしたね。
スノーシューだけでの樽前山全ピーク制覇おめでとうございます。

帰りは14時20分位まで、ゲート手前駐車場に居たのですがニアミスでした。
Commented by tarumae-yama at 2013-01-30 00:07
ms090さん
地元なのに5年ぶりの多峰古峰山とは意外でした。
2008年と言えば私と二人で登った時ですね。

お互い穏やかな天気に恵まれて良かったですね。
眺望も良くて満足の山行でした。

私も西山ピークからずっと多峰古峰山を見ていましたが、残念ながらお二人には気がつきませんでした。

来月の徳舜瞥山、シルバートリオも参加予定なので宜しくお願いします。
Commented by tarumae-yama at 2013-01-30 10:52
moriさん
実は以前のコメントを念頭に記事を書きました。
問題は、ゲートから7合目ヒュッテまでの往復13kmの歩きだと思います。
それで、トレースがありましたし私もやったことがありますが、この部分を歩くスキーを使うことでかなり実現性が高くなると思います。
(帰りが楽で時間を短縮することが出来ます。ただし、持っていればの話ですが)

林を抜けた後、932m峰のコルまではスノーシューでも軽アイゼンでも難しいことはないかと。

支笏湖ブルーを期待して、是非天気の良いときに挑戦してみて下さい。
名前
URL
削除用パスワード
<< 1月28日、樽前山-その2- ヤマガラやスズメなど >>