1月13日、樽前山-最終編-

樽前山の頂上にトップで立ったyahさんの到着時刻は11時34分だったらしい。
私の到着は11時40分、すぐ後にH原さんが続いた。
最後尾のNAKさんの到着を待つ間、強風を避けるため近くのケルンで身を隠していた。

そのNAKさんが登頂するのを待って全員で記念写真を撮ったのが11時49分。
立っていることが難しい強風に撮影直後下山を開始したが、そのことでNAKさんには申し訳ないことをした。
念願の頂上から雪の溶岩ドームをやっと目の当たりにしたというのに、その光景を目に焼き付けることも写真を撮ることもままならない短時間で下山を促したのだから。

元々せっかちな性格だが、そういうことに気配りの出来ない事が私の欠点の一つ、としみじみ思う。

ともあれ、支笏湖ブルーや周りの眺望には恵まれた樽前山登山だった。
f0138096_12175793.jpg

下山中、遠くに苫小牧市街と太平洋
f0138096_121875.jpg

f0138096_1218164.jpg

f0138096_12182779.jpg

f0138096_12183697.jpg

f0138096_12184862.jpg

ヒュッテと支笏湖をバックに
f0138096_12185994.jpg

ヒュッテ管理人のOさんに撮っていただく
f0138096_12191051.jpg

アイゼンからスノーシューに履き替えて下山開始。ヒュッテ前で
f0138096_12191937.jpg

途中、ヒュッテ泊の登山者とスライド。この日の登山者は我々以外に5,6組7,8名か。奥にyahさん
yahさんから写真が送られてきたので2枚ほど追加
f0138096_13223392.jpg

NAKさんの頂上到着を待つ間ケルンで風を避けて待機。しずさんは強風でこけた?
f0138096_13224641.jpg

ここまで下りると風の影響も殆どなく、皆の背中にリラックス感が
by tarumae-yama | 2013-01-15 12:45 | 北海道100名山 | Comments(6)
Commented by yah-_-yah at 2013-01-15 12:51
CL、お疲れ様でしたー!
イチ参加者とCLの大変さは天地ほどありますからね。
僕なんかすごく楽させてもらいました。

それにしてもホントいい景色を拝ませてもらいました。
苦労の代償にこれがあるから登りたくなりますよね。

下山途中の支笏湖をバックに5人の写真、とってもいい写真ですね。
写真からも皆の達成感が伝わってくるようです。
Commented by tarumae-yama at 2013-01-15 23:20
yahさん
たいしたことも出来なかったですが、天気に恵まれたのが幸いでした。
yahさんが元旦に登った時のような吹雪状態なら、5人の掌握が出来ずにパニックになっていたかも知れません。

今度は風の弱いときに外輪山をのんびり一人で歩きたいと思っています。
別にパーティが嫌いという訳ではないので、yahさんが希望すれば二人で行きますか?
Commented by たろちゃん at 2013-01-16 21:51 x
はじめまして。
”1月13日 樽前山”で検索したところ偶然自分達の画像を発見しコメントさせて頂きました。
林道で写真を撮って頂きました、ヒュッテ宿泊のサングラス掛けてる方です。 ブログ拝見させて頂きました、強風厳しい樽前山が伝わってきます。
また何処かでお会いした際には宜しくお願い致します。
Commented by tarumae-yama at 2013-01-16 22:48
たろちゃんさん
コメントを有難うございます。
同行の方は見覚えがあるような気がしました。
勘違いかも知れませんが、2,3年前テントを持って紋別岳に向かっていた方に似ています。

たろちゃんさんのブログを少し拝見させていただきましたが、白老山岳会の会員なのでしょうか。
正月の南白老岳、よくあの傾斜をスノーシューで登れるもんですね。
わたしは、一昨年の10月に長靴で川をさかのぼって頂上に立ちましたが、四つん這い状態の急斜面ですね。

昨年10月の黒岳も拝見しましたが、写真が素晴らしいです。
山をやる人はかなりカメラ(写真)に凝る人が多いように思います。

また遊びに来ていただけたら嬉しいです。
Commented by たろちゃん at 2013-01-17 21:17 x
こんばんは。
風不死岳良いですね~♪お疲れ様でした。

はい、白老山岳会会員です。
先輩達はスノ-シューでも、何でもスタスタ歩いてますねw
自分は樹木にブチ当ったり、枝に引っ掛かりながら何とか降りてきました(泣)

カメラを最初に覚えたのですが、山や自然の美しさに惹かれて山に来てしまった感じですね。 樽前山も幼少の頃から見てきた山ですので大好きです。tarumae-yamaさんのハンドルネームも素敵ですね。

色々な山を学びたいと思っておりますので、tarumae-yamaさんのブログでも色々勉強させて頂きますね。改めまして、宜しくお願い致します。
また、私のハンドルネームに敬称は不要ですので何なら”たろ”だけでも結構ですw
また寄らせて下さい。
Commented by tarumae-yama at 2013-01-17 23:24
たろさん
続けてのコメントを有難うございます。
何度も登っているホロホロ山ですが、昨年初めて白老コースから登りました。
林道が修復されたらもっと人気が出る山でしょうね。

白老側からの樽前山は千歳からとは全然印象が違いますが、何れにしても魅力的な山だと思いますし、この山は私の登山の原点です。

またどこかの山でお会いするのを楽しみにしています。

名前
URL
削除用パスワード
<< 三菱アウトランダー 1月13日、樽前山-頂上まで編- >>