1月13日、強風の樽前山

晴天に恵まれたが強風の樽前山に6名で登ってきた。
寒さはそれほど感じなかったものの、頂上では立っているのがやっとという程の強風に、厳冬期の樽前山の厳しさの一端に触れた気がする。

そんな状況下、紅一点で夏冬を通して樽前山は初めてというしずさんは、カリカリ斜面にしっかりアイゼンの歯を効かせ、不安を感じさせることなく頂上に立ったのには感心した。

1年前、この樽前山の8合目でスノーシューのトラブルから無念の撤退をしたNAKさんは、やっとリベンジを果たした、という思いを持っただろうか。

詳しい山報告は明日以降と言うことで。
とりあえず、写真を4,5枚。
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_16244734.jpg

森林限界点に出ると強風で斜面の雪が煙のように飛んでいく
f0138096_16245966.jpg

同上。頂上へ直登するメンバー
f0138096_1625865.jpg

振り向くと支笏湖ブルーが素晴らしい
f0138096_1625444.jpg

穏やかな頂上に見えるが、立っているとふらつくほどの強風の中で登頂記念写真
f0138096_16255390.jpg

アイゼンの歯を効かせて下山中のms090さん。 1月13日OM-Dで撮影
by tarumae-yama | 2013-01-13 16:40 | 北海道100名山 | Comments(16)
Commented by mori at 2013-01-13 17:27 x
皆さんご無事で何よりです。
私も低山に登っていましたが(樽前、見えました!)けっこう風が強かったです。
続き、楽しみにしてまーす。
Commented by ピータンまま at 2013-01-13 18:56 x
今日は朝から真っ青な青空で
もう樽前山方面の空ばかり気になってましたよ

本当に皆さん無事でよかったです。
なんかカッコいいー!!!
2枚目の写真なんて雪煙が舞っていて
一体ここ何処!?って感じで
物凄い強風であることが伝わってきます!

山ガールしずさんも頑張ったんですね♪
やっぱりしずさん、ただ者ではないでしょ?(笑)

続きの写真も楽しみです♪
Commented by ポッケ at 2013-01-13 19:29 x
今日皆さんで樽前山行かれたようで
強風ですが展望があり、良かったですね。
一枚目の登り始めは、各人距離があり、かっこいい画ですね。
これをみると、H原さんとtarumae-yamaさんが
最後尾から追い上げたようですね!!
Commented by スズ at 2013-01-13 20:21 x
スズです。こんばんは。
樽前山お疲れ様でした。
今日は風が強かったから大丈夫かなと思ってましたけど、
皆さん無事で山頂に立てたみたいでよかったです。
どれも良い写真です。風の強さが伝わってくる感じ。
Commented by yah-_-yah at 2013-01-13 21:03
メチャクチャup早いですねー!
僕はまだ家に帰ってもいない時間でした!
あのあと休暇村の温泉に入っていきました。NACさんも来てました。

僕の方は現像の方がまだ時間かかるので、今日中のupは無理そうです。

それにしてもOM-DはJPEGの質が高いですね。
Commented by ms090 at 2013-01-13 23:03
流石に仕事が速いですね。
今日はどうも有難うございました。とても楽しかったです。

どの写真も構図が決まってますね。
お陰さまで自分もカッコ良く見えます(笑)

私もブログに記事をアップするのはもう少し掛かりそうです。
Commented by H原 at 2013-01-14 10:43 x
樽前山おつかれさまでした、登山隊長として全員無事登頂できてさぞほっとしたことでしょう、またどこかお誘いください。
Commented by tarumae-yama at 2013-01-14 12:41
moriさん
強風の樽前山でしたが、しっかり支笏湖ブルーを堪能しました。
スノーシューでも安心して登れるときにご一緒出来たらと思っています。

北広山も眺望がよくてよかったですね。
今度登りに行ってみたいと思います。
Commented by tarumae-yama at 2013-01-14 12:45
ピータンままさん
この時期の樽前山らしい強風でしたが、それでもこれ以上強かったら登頂は厳しかったかも知れません。
支笏湖ブルーが綺麗で、皆さん満足したと思います。
是非、残雪期の樽前山に皆さんと一緒に登りませんか。

しずさん、想像よりトーンが低かったのですが、前日手稲山に登った疲れがあったかも知れません。
それにもかかわらず、常にトップで走りそうな感じでした。さすがですね。
Commented by tarumae-yama at 2013-01-14 12:53
ポッケさん
地吹雪状態で写真的にはよかったですが、本格的なアイゼンが初めてというメンバーが2,3人いて一寸心配でした。
まあ、歯がしっかり効いてくれる雪面状態でよかったです。
若者は元気よく飛び出すので、我々シルバーは置いて行かれました。

以前登ってから約二月、そろそろ歩き応えのある樽前山に一緒に登りませんか?
Commented by tarumae-yama at 2013-01-14 12:59
スズさん
一緒に登れなかったのが残念でした。
皆でワイワイ登ると長い林道歩きも長く感じないと思います。

斜面を登っているときは耐風姿勢をとることはなかったのですが、頂上に立つと凄い強風でした。
あれ以上なら無理だったでしょうね。

無事全員が登れてよかったです。
Commented by tarumae-yama at 2013-01-14 13:05
yahさん
私のブログに良い点がもしあるとするなら、それは新鮮なことかも知れません。
山の参考にする読者が、少しでも有り難いと思ってくれるなら嬉しい事です。

下山中のms090さんと3人であれこれカメラの話は楽しかったです。
Commented by tarumae-yama at 2013-01-14 13:09
ms090さん
一緒に多峰古峰山に登ったのが5年前、オコタンペ山で偶然会ったのが4年前。それ以来ご無沙汰でしたが、yahさんのブログでコメントにたびたび登場するのを懐かしく思っていました。
yahさんと初対面の挨拶が出来たでしょうし、これからも機会があれば一緒しましょう。
Commented by tarumae-yama at 2013-01-14 13:14
H原さん
故障者も無く全員あの強風の中を登頂出来たことに、今本当に安堵しています。
これも、H原さんに参加してもらえたお陰です。
あの若いメンバーの中では本当に有り難かったです。

次回は、風不死岳北尾根と言う事でご同行をお願いしたいです。
Commented by nak_nob at 2013-01-14 17:25
昨日はありがとうございました。
歩き方といいアイゼンの使い方等いろいろ教えて頂きありがとうございました。
あとストック、スキー靴での歩きにはアイゼンであれ必須だと感じました。
単独だったら絶対に途中撤退している強風の中、ようやく冬の山頂に立て、雪の溶岩ドームを肉眼で見る事ができました。
感謝です(^^)
Commented by tarumae-yama at 2013-01-15 11:28
nak_nobさん
昨年は残念な結果だった分、今年は意気込みが違いましたね。
兼用靴とアイゼンのセットがしっくりこなかったそうですが、それでもガッツでの登頂でしたね。
もう少し頂上でゆっくり出来たら良かったと思いました。
写真を撮るヒマも眺望を楽しむ時間もなかったですね、スミマセンでした。

ストックの件ですが、私は樽前山のもっとカリカリの斜面で使ったことがありますが、全く刺さらず、バランスを崩しそうになって過信するのは禁物だと肝に銘じました。
名前
URL
削除用パスワード
<< 1月13日、樽前山-頂上まで編- 写りの比較 >>