1月10日、多峰古峰山

登山口になる林道ゲート前は、丁度1台停められる分除雪されていてラッキー。
ここに停められなければ、除雪されていない歩道部分をスコップで雪はねし、一汗かくところだった。

今日は膝上位のラッセルも有りかと覚悟してきたから、少しでも荷物を軽くするためにカメラは何時ものOM-Dを止めてコンデジにした。
ところが、前日のものらしい幅広なトレースが延びていて拍子抜け。
スノーバスケットの跡から2,3人組のものと思われるそのトレースは、急斜面を前に忽然と消えている。
登りやすいところを探した様子もなく、あっさりUターンしたようだ。

私が何時も使うルートまで戻り、この斜面上の尾根まで来るのには2,30分かかりそうだから、少し迷ったものの目の前の急斜面を登る事に。
しかし、笹の上の雪は柔らかくてスリップ、スノーシューは歯が笹に引っかかってもう邪魔なだけという状況。
結局、腕力を頼りに笹や枝をつかんで身体を持ち上げ、尾根に出たときは汗ビッショリ。
時間にして10分からせいぜい15分か、この部分だけで行程の半分以上のエネルギーを使った気がした。

尾根に出てトレースに合流したけれど、それは単独者のものでしかも強風に消されて殆どないも同然。
だが、尾根上は頂上まで殆ど埋まることなく、案外すんなりだった。

下りは私が何時も使うルートで戻ったのだが、消えかかったトレースは忠実に尾根をたどり445mピークへと延びていたから、この単独者も支笏湖の外輪山巡りをやっているのだろうか。

山行記録
ゲート前09:36→頂上10:59~11:19→ゲート前12:05
休憩を含み登りに1時間23分、下りに46分
f0138096_23284388.jpg

林道ゲート前は丁度1台分除雪されていた。ゲートからトレースが延びている
f0138096_23285180.jpg

支笏湖と恵庭岳がクッキリ
f0138096_23285963.jpg

正面に多峰古峰山。右側の水平な部分の急斜面を直登した
f0138096_2329910.jpg

多峰古峰山の頂上標識
f0138096_23291821.jpg

頂上は細長く、樹木が視界を遮り先に行かないと支笏湖がよく見えない
f0138096_23292821.jpg

左側から雪雲が流れてきて恵庭岳が隠されつつある
f0138096_23293658.jpg

左に紋別岳、右端に風不死岳
f0138096_2329471.jpg

今まで気がつかなかったけれど、ゲート近くに登山口の標識が。レンズが曇って写真が不鮮明になっている
f0138096_2330096.jpg

GPSの軌跡。下側のラインが登りのもの。急斜面を直登した部分が分かるだろうか?地図の上でクリックすると大きくなります
by tarumae-yama | 2013-01-11 07:27 | 登山 | Comments(3)
Commented by shizuko0421 at 2013-01-11 09:14
tarumae様、こんにちは♪
多峰古峰山聞いたことのある山でしたが、景色もなかなかいいですね~^^

こういう山景色を見ると、テンションがあがります!
私も通勤途中、百松沢山(多分)見ながら通勤してますが
毎日「登りたし・・・!」と後ろ髪引かれる思いで会社に行ってます♪

なので、明日こそ!!
軽く山行ってきます!
今度は無事に登山口までたどり着ければいいなあ~^^;

今週末、天気予報とにらめっこですが
樽前山の神々しいお姿が拝見できればと思って楽しみにしていまーす♪♪

Commented at 2013-01-11 15:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tarumae-yama at 2013-01-11 18:32
しずさん
多峰古峰山は支笏湖の展望台です。
晴れていれば羊蹄山も見えますし、樽前山や風不死岳の形が違って見えて新鮮です。
運が良ければクマゲラやウサギの姿を見ることが出来るかも。
ぜひ、一度友達と登ってみて下さい。

13日の樽前山、週間予報では14日にのばした方が良さそうですね。
どうせなら青空の下で登りたいですし。
名前
URL
削除用パスワード
<< Hokkaido かもめ食堂 1月10日、多峰古峰(たっぷこ... >>