1月5日、オコタンペ山-最終編-

日曜日の今日、オコタンペ山を予定している人の参考に少しでもなればと思い、昨日は帰宅後すぐにPCに向かい14時半過ぎには記事をアップした。

昨日は、まだ正月休みなのかゲート先の工事がなくて道道を歩くことが出来た。
その上、年末に除雪されていたため新雪が15cmほどで、ラッセルに負担を感じることもなかった。
ただ明日以降、昨年同様の工事が再開されるようなら、この道は警備員に阻止され、オコタンペ山へは林道経由になるだろう。

5日の朝も最低気温が-21.9℃と厳しく冷え込み、自宅近くの千歳川から川霧が発生し朝陽に輝いていた。
そんな光景を撮影中のカメラマンが2人車内から見え、そのカメラマンを前景に写真を撮ろうと一瞬思ったのだが、時間に遅れたくなくてそのまま登山口へ向かった。
ところが、そのカメラマンの一人が何と札幌のH原さんだったと合流してから知った。

オコタンペ山の登山そのものは、連日の雪かきでお疲れモードのシマエナガさんが珍しく不調の様子だったけれど、まあまあ順調だった。
一番懸念された尾根の取りつき部分の急斜面も、このところの冷え込みでクラストしていて埋まることなく、スノーシューの歯が効いて案外すんなり登れた。
その先も、頂上まで殆どラッセルすることなく手頃な登山だった。

スタート直後から絶えず小雪が舞い、眺望もパッとしないものだったけれど、トレースのない新雪の上を、あれこれコースを考えながら3人だけの登山を楽しんだ。
f0138096_11401912.jpg

国道脇を歩いて漁岳に向かうミューラーさんと友人。結局時間切れで頂上には立てなかったらしい。もし登れたならこんな光景を目にしたはず。晴天の漁岳の眺望など←青文字をクリック
f0138096_1140579.jpg

1年前は工事中で歩けなかったところを進むシマエナガさん(前)とH原さん
f0138096_11411945.jpg

道道から尾根取り付き部分の急斜面を登るシマエナガさん。スノーシューではギリギリの斜度
f0138096_11414182.jpg

頂上近くを進むH原さん
f0138096_11415364.jpg

同じようなところを登るシマエナガさん
f0138096_1142155.jpg

正面にオコタンペ山頂上部。手前シマエナガさん
f0138096_1142992.jpg

頂上直下から、雪に覆われたオコタンペ湖と左端に逆光に光る支笏湖の一部
f0138096_11421890.jpg

頂上から漁岳、降雪のため判然としない
f0138096_11422617.jpg

頂上の直ぐ下で記念撮影
f0138096_11423573.jpg

青空が出てオコタンペ湖がクッキリと見えだした
f0138096_11424328.jpg

頂上直下の尾根を下るH原さん
f0138096_11425131.jpg

正面の恵庭岳はなかなか頂上が現れない
f0138096_1143062.jpg

中央左にイチャンコッペ山と右の方に紋別岳
f0138096_1143954.jpg

最後の急斜面を下るH原さん。スノーシューでは緊張する急斜面。シマエナガさんはもう道道に出た。
f0138096_11431727.jpg

ゲート付近
f0138096_11432568.jpg

ゲートの注意書き
f0138096_1143334.jpg

H原さんの車を見送って。近くの駐車場に出発時はなかった車が2台。幌平山に向かったのか、それともスライドしなかったが林道経由でオコタンペ山に登ったものか
by tarumae-yama | 2013-01-06 12:09 | 登山 | Comments(6)
Commented by ピータンまま at 2013-01-06 14:34 x
tarumae-yamaさん、こんにちは。
今年もよろしくおねがいいたします♪
どんどん登ってますね!
こちらはすっかり冬眠モードに入ってしまってます( ̄∇ ̄;)

オコタンペ湖が見えるんですね(^o^)/
オコタンペ山や漁岳は夏も登れるんでしょうか?
tarumae-yamaさんの夏の記録では登場してなかった
ように思えたので。
札幌方面から行くとイチャンコッペ駐車場よりも手前から入るんですね

支笏湖周辺の地理がいまいちわかりませんが
こちらから1時間半ほどで行ける距離なので
今年はどんどん行ってみたいと思ってます♪
Commented at 2013-01-06 17:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yah-_-yah at 2013-01-06 18:43
オコタンペ山、お疲れさまでした。
仰る通り、見事なコース取りですね。
まるで登山道を歩いたかのよう。
GPSがあると自分の足取りを後で確かめることも出来るしいいですね。
来シーズンくらいには欲しいアイテムです。
Commented by tarumae-yama at 2013-01-06 22:18
ピータンままさん
天気に恵まれ今年沢山登れたら良いですね。
こちらこそ宜しくお願いします。

で、漁岳とオコタンペ山の事ですが、どちらからもオコタンペ湖が見えますが夏道はありません。
漁岳は夏に沢(川)から登る人はいますが、一般的ではありません。
なので私は夏に登ったことはありません。
雪が締まってくる3月以降ならオコタンペ山で2時間、漁岳で登りに4時間あればピータンままさんのペースでも登れると思います。
その頃、道路は夏道状態だと思いますので、ぜひしずさん達と登ってみて下さい。私が計画をしても良いですよ。
ただ、3月なら状況によってはワカンが必要だと思います。
ネットで7000円くらいで買えるかと。
尻滑りなど夏山とは違う楽しさがあり、ぜひ挑戦してみて下さい。
Commented by tarumae-yama at 2013-01-06 22:23
kuriokunさん
こちらこそ宜しくお願いします。

樽前山の件、たいがーさんからの連絡を待っている状況です。
連絡がありしだいメールします。
Commented by tarumae-yama at 2013-01-06 22:35
yahさん
5日のコースは、ゲートで閉鎖されている道道を使ったので短時間で登れましたが、もし工事等で通れなければ林道から幾つものピークを忠実に尾根歩きをするのが一般的かも知れません。
そうなら一寸登り応えがありますが、それでも半日登山の手頃な山ですからお薦めです。
私達が歩いたルートは偉そうに理想的と書きましたが、山を一寸でもやっている人なら誰でも似たように通ると思います。

GPSは冬山などでは必携かと思いますが、今ではスマートフォンが役立つという人もいます。
液晶が大きくて圧倒的に使い易いそうです。
私は全くスマホを使えませんが。
名前
URL
削除用パスワード
<< ゴルフ場で冬の遊び 1月5日、オコタンペ山 >>