12月17日、スノーシューで紋別岳

この時期自宅から半日で登山を楽しめる山は、トレースを期待できる紋別岳しかない。
イチャンコッペ山も多峰古峰山もトレースさせあれば往復3時間で可能なのだが、平日にトレースはあてに出来ない。
で、17日の紋別岳は平日ではあったけれど期待どおりだった。

週末の雪で紋別岳もスキー滑走が可能となり、綺麗なシュプールが斜面に残っていた。
今度紋別岳に登るときはぜひ山スキーで来たいと思う。
私の場合華麗なシュプールと言うより加齢によるふらつきシュプールだが。

山行記録
登山口10:17→頂上12:05~12:38(昼食)→登山口13:27
上りに1時間48分、下りに49分
f0138096_11564232.jpg

駐車場から頂上まで4849mなので丁度中間付近の標識。保安道路にしっかりトレースがあった
f0138096_11565142.jpg

3000mを過ぎると強風でトレースが半分埋まっている。その上や横にウサギの足跡
f0138096_1231202.jpg

ウサギの足跡を入れて、木の奥に恵庭岳
f0138096_115799.jpg

頂上近くは吹き溜まり状態。奥に樽前山が見える
f0138096_11571864.jpg

頂上のアンテナの下から支笏湖
f0138096_11572712.jpg

頂上の直下の斜面を登る4人パーティ、先頭はスノーシューが埋まり大変
f0138096_11573660.jpg

頂上までもう2,3分
f0138096_11574540.jpg

札幌から来たと言う4人パーティの記念写真
f0138096_11575722.jpg

頂上から支笏湖、奥に樽前山と風不死岳(右)
f0138096_11581059.jpg

保安道路を外れ、南東斜面を下りる途中から頂上部
f0138096_11582291.jpg

f0138096_11583618.jpg

f0138096_11584653.jpg

スノーシューでグリセードのように下りるのは爽快!
「えっ、そうかい?」・・・先日の樽前山と同じダジャレ(^^;)
f0138096_11585458.jpg

カーブミラーを使って自画像。スタートして10分足らずなのに汗だく
by tarumae-yama | 2012-12-18 12:26 | 登山 | Comments(3)
Commented at 2012-12-18 13:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yah-_-yah at 2012-12-18 17:14
いくらトレースがあるとは言え、速いですね!
夏道と変わらないタイムじゃないですか!

冬でも汗だくになるような天気の時って、着るものに悩みますよね。
紋別岳くらいの山で、安定した晴れならTシャツ1枚でもいいくらいですが。
Commented by tarumae-yama at 2012-12-18 23:41
yahさん
登山に要する時間は、もちろん個人の体力差が大きいと思いますが、私はせっかちなだけです。
それより積雪期は雪の状態が一番影響すると思います。
それにyahさんのようにカメラを取りだしてじっくり撮るなら、時間はどんどん加算されますね。私は写真にかける時間は短い方だと思います。

私は人よりずっと汗かきなので、氷点下でも動いている限りはTシャツでも良いかも知れません。そして、大量の汗でダイエットになったと思っているお馬鹿さんです。
しっかり水分を摂らないと危険なことですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< エネループプロ 12月17日、紋別岳 >>