12月5日、イチャンコッペ山

週間予報は雪マークが続いている。
そんなこともあり、つかの間の晴れ予報を信じ、昼前からイチャンコッペ山へ。

1日、紋別岳の駐車場でスパイク長靴を履こうとしたら裂け目があった。
安物を買うと2シーズンが良いところのようだ。
で、今回は前日に「プロノ」で買ったスパイク長靴の履き試し。
2480円とやはり安物。その上は6000円以上だったからとても手が出ない。
軽くてなかなか良い感触だが、その分薄くてもろに外気の冷たさを感じるかも知れない。

今日は、手前の恵庭岳の駐車場に車がなく、イチャンコッペ山の駐車場にも車の姿はなかった。
スノーシューをザックにくくりつけ、もう冬眠しているとは思うものの一応熊鈴を鳴らしながら、急坂を登り始めた。
前日に50mmを超す大雨で登山道から雪が消えていると思ったけれど、ずっと積雪状態。
その雪はうっすらと凍っていたが、スパイク長靴のピンが効いてなかなか良い感じ。

週末のものかトレースがあったので有り難く使わせてもらったが、反射板ピークから続く尾根まで来ると時々埋まるようになってスノーシューを履いた。

スタート時は青空が広がっていたけれど、反射板ピークを目前に風雪模様になった。
反射板ピークから先は、強風で埋められたのかトレースの跡が判然としない。
トレースから外れると、スノーシューを履いていても膝下くらいまで埋まるため、目を凝らしてトレースを探した。
日曜日に、反射板ピークからsnufkinjrさん(とFさん)が頂上までラッセルをしたそうだ。お二人のお陰で私は随分楽をさせてもらった。

頂上に着くまでに雪雲が去って青空を期待していたのだが、むしろ風雪が強まって支笏湖や反射板ピークすら見えない状況に、昼食も摂らず引き返した。

途中、幌平山へのトレースが2,3本あったので登ろうかと考えたのだが、今日のイチャンコッペ山で今年99山。区切りの100山目はtarumae-yama(樽前山)と決めているので一寸勿体ない気はしたがパス。

山行記録
登山口10:56→反射板ピーク12:16→頂上12:31~12:33→反射板ピーク12:48→途中で昼食→登山口13:54
登り1時間35分、下り昼食時間を含め1時間21分
f0138096_2363820.jpg

登山口に向かう途中。風不死岳と左に白い樽前山
f0138096_2365076.jpg

登山ポストから、奥に恵庭岳
f0138096_2365934.jpg

恵庭岳の頂上岩峰をアップで。大分雪が増えた感じでもう私一人では登れないかも
f0138096_237895.jpg

幌平山の斜面をトラバース中に、幌平山頂上部を写す
f0138096_2371611.jpg

トラバース中に支笏湖と奥に風不死岳、樽前山
f0138096_2372633.jpg

中央に恵庭岳、手前中央右に幌平山
f0138096_2373434.jpg

奥に反射板ピーク
f0138096_237417.jpg

支笏湖と中央左に紋別岳
f0138096_2375045.jpg

反射板ピークの直下から。右端に白く輝くイチャンコッペ山頂上部
f0138096_2375780.jpg

反射板ピークの下から、振り向くと支笏湖は降雪で隠されている
f0138096_238590.jpg

反射板ピークから頂上方面。トレースは殆ど消えている
f0138096_2381322.jpg

イチャンコッペ山頂上。雪のため奥の恵庭岳どころか反射板も判然としない
f0138096_2382319.jpg

風雪が強まって昼食を摂る状況ではなくなった
f0138096_2383198.jpg

下山時、反射板の手前から
f0138096_2383958.jpg

下山時、唯一スライドした札幌からのOさん夫妻。長靴にアイゼンスタイル
f0138096_2384788.jpg

支笏湖や紋別岳を眺めながら途中で昼食。家内が温かく食べられるよう菓子パンにカイロを貼りつけてくれていた
f0138096_2385484.jpg

このキノコは食べられるのか?
by tarumae-yama | 2012-12-06 07:25 | 登山 | Comments(12)
Commented by yah-_-yah at 2012-12-06 07:33
イチャンコッペお疲れさまでした。
昨日は案外天気いいかと思ってましたが、午後は雲が増えたようですね。

ところでスパイク長靴でスノーシューって履けるんですか?
スパイクのピンが邪魔にならないんですか?

それとOさん夫妻のように長靴にアイゼンってありなんでしょうか?
長靴のように柔らかい靴だとしっかり装着できないように思うのですが、、、
Commented by ぴ~ちゃん at 2012-12-06 08:40 x
相変わらずアクティブに山を登られていますね。
どうして、そんなに元気なんでしょう~
私は冬眠しました。。。
雪解けを今から楽しみにしています^^;
いつもオノロケごちそうさまです^^
Commented by shizuko0421 at 2012-12-06 09:14
イチャコ様、お疲れ様でした♪
スノーシューで膝下かあ~・・・・
私が想像してた以上に積もってますね^^;
イチャコでそれ位なら、ふっぺし・・いや、風不死も同じ位ですかね?
先週、ヤマレコで登られた方のレポを見ると
行けそうかな~と思ったんですが。。
悩みどころ満載です\(^o^)/

奥様のカイロアイデア、いただきました(^3^)v
私も真似っこしてみよう♪
Commented by tarumae-yama at 2012-12-06 11:31
yahさん
スタート時はよい天気だったのですが、残念でした。まあ、近いからまた出かけます。
スパイク長靴にスノーシューでも問題ないですが、スノーシューのビンディングを傷つけるから高額なスノーシューを買ったyahさんにはお薦めはしません。

O夫妻は長靴に多分4本か6本の簡易アイゼンを着けていたと思いますが、しっかり歩けるかどうかは状況次第ですね。
今頃のイチャンコッペ山や藻岩山なら全然問題ないと思います。

これからの山は状況次第で色々変わりますから、ウエアも装備も悩みどころですね。
Commented by tarumae-yama at 2012-12-06 11:35
ぴ~ちゃんさん
お元気ですか?
昨年の今頃はスポーツセンターにせっせと通ってダイエットしていましたが、単調なので、今は近間の山で体重を落としています。

冬眠したのですか?
藻岩山など天気が良ければ雪山も楽しいと思いますけれど。
Commented by tarumae-yama at 2012-12-06 11:47
しずさん
大雨で積雪が減ったと思っていましたが、むしろ頂上標識からは2日の段階より増えているように見えます。

膝下まで埋まるのは、体重の重さとダイエット目的のザックの重さがあるためで、しずさんならせいぜいくるぶしくらいかも知れません。
それと、傾斜地では強いMSRも浮力の点ではTUBBSやATLASに負けるかも知れません。

私も風不死岳の北尾根を歩いてみたいと思っているのですが、トレースがあるとないとでは全然違うのでタイミングが難しいですね。私一人ではとてもラッセルを続けられません。

カイロは食べた後身体に貼りつけて使えるのでこれからの時期有り難いですね。
蛇足ですが、カイロを貼りつけたパンは(使わなくなった)スキー帽に入れて冷えないようにしています。
Commented by スズ at 2012-12-06 12:39 x
スズです。こんにちは。

99山目おめでとうございます。
一年で100山ってやっぱりすごい。
私もざっくり数えてみたけど多分40ぐらい。

100山目の樽前山は厳しそうですね。
頑張って下さい(^^)。
Commented by tarumae-yama at 2012-12-06 17:33
スズさん
大半が支笏湖周辺の山ですから、数の多さは自慢になりません。
スズさんは日帰り限度一杯の山が多いから40山は凄いと思います。

ゲートから樽前山の7合目まで往復結構時間がかかるため、下りの時間短縮を考え、歩くスキーか山スキーで登ろうか思案中です。
ゲート付近に雪がなければつぼ足にスノーシューとアイゼン持参でしょうか?
スノーシューの予備があるので、冬眠前にスズさんも付きあいませんか?
Commented by ピータンまま at 2012-12-06 22:08 x
一枚目の写真好きだなぁ~♪
今日の支笏湖は波が高く一部通行止めになってるようですね。
とうとう99山達成したのですね お疲れ様です!!

スパイク長ぐつ、探してるのですが女性用がないです
ネットで見ると全て1万5千円以上!
男性用だと色々あるんですけどね。

折角購入したアイゼンもまだデビュー前です
このまま根雪になってしまうと
藻岩山に行くのが大変です
アイゼンデビューは円山になるかもです(笑)
Commented by tarumae-yama at 2012-12-07 10:02
ピータンままさん
5日、普段穏やかな湖面の支笏湖も強風といまだに水位が高いこともあり、波しぶきが道路を濡らしていました。
そんなときの支笏湖でした。鏡のような湖面の支笏湖(例えば今年の4月25日)も素晴らしいですが、こんな支笏湖も、眺める分には良いですね。

スパイク長靴、女性用はその辺のホームセンターにも置いていないのですか?
15000円以上するなら躊躇しますね。多分品質が良くて長持ちはするのでしょうけれど。

スパイク長靴は一寸重いので、普通の長靴にアイゼンをセットして登ると言う方法もありかも知れません。5日のイチャンコッペ山でお会いしたご夫婦の様に。

アイゼンデビューの記事を楽しみにしています。
Commented by スズ at 2012-12-08 18:49 x
スズです。こんばんは。
いやいや、お誘い自体は嬉しいですが、
ここまで平地に雪が積もってくると、
樽前山登山は丁重に御遠慮したいところです(^^;。
私は地道に藻岩山と戯れることにします(^^)。
Commented by tarumae-yama at 2012-12-09 00:19
スズさん
樽前山はゲートから歩くことになるので気が進まないですよね。
シルバートリオでとも考えましたが、週間予報はパッとしませんし、100山目は一人で歩こうと思っています。
この大荒れの天気で山はドッサリ積もったでしょうから、ラッセルがきつくて5合目のゲートまでも行けないかも知れません。
まあ、ダイエットにはなるでしょうから何度でも出かけます。
名前
URL
削除用パスワード
<< ペンタックスのミラーレス機-その2- ブラザー MyMio MFC... >>