11月25日、恵庭岳-その1-

スズさんとは8月の武華山・武利岳、シマエナガさんとは9月の黒岳以来、。二人が顔を合わせるのは昨年11月23日のイチャンコッペ山以来のはずだから丁度1年ぶりの再会。

9時に恵庭岳の登山口に集合。先行者の車が2台あった。
シマエナガさんの靴は、秀岳荘で買ったスノートレなのかおニューの防寒靴らしい。
スズさんは愛用のキャラバンのGK69。そして私は購入したばかりのソレルの防寒靴。

出だしからうっすらと積雪があり一寸スリップするところもあるが、見晴台までまあ問題なし。
しかし、今日の私はスタートから絶不調。
防寒靴が重いのと、下半身はタイツにズボン、そしてオーバーズボンというスタイルだが、膝がスムーズに上がらなくて二人からどんどん遅れる。
見晴台まで殆ど2時間もかかってしまった。

見晴台から積雪が一気に増えることが予想されるため、ここからスズさんは6本爪のアイゼン、シマエナガさんは車に置いて来たとのことで私の購入したばかりの10本爪アイゼンをお貸しした。初めての装着が自分ではないのが可笑しい。
私はワカンというスタイル。

さすがにアイゼンやワカンだとスリップすることなくすんなり歩ける。
途中、腰までの吹き溜まったところもあったけれど、先行者のお陰で我々は全くラッセルなしで頂上に到着。
一時小雪がちらついたが、青空と無風の穏やかな頂上が出迎えてくれた。

山行記録
登山口09:02→見晴台10:58~11:11→頂上11:52~12:56→見晴台13:17→登山口14:28
休憩を含め登りに2時間50分、下りに1時間32分
f0138096_11325134.jpg

6月には登山名簿記帳小屋があったのだが、撤去されたようだ。
f0138096_1133045.jpg

f0138096_11331075.jpg

f0138096_11332947.jpg

f0138096_11333911.jpg

5合目で休憩をしていると凄い勢いで登って来る二人組が眼に入った。まるでぴよしろうさんのようだと声を出したところ、それを耳にした先頭者に「お知り合いですか?」と聞かれ、顔を合わせるなり、立て続けに「tarumae-yamaさんですか?」と。
何と、私のブログを毎日のように見ているというsnufkinjrさん(左端)だった。ぴよしろうさんのブログやコメントのやりとりでお名前だけは知っていたのだが、まさかお会いするとは思わなかった。お隣はFさん。
お二人は1日で羊蹄山を4往復したという超人。
f0138096_11352083.jpg

snufkinjrさんのブログから勝手に写真をお借りした。なお、snufkinjrさんのブログは友人関係限定公開のようなので残念ながら紹介出来ない
f0138096_11354660.jpg

ロープ場を進むスズさん。上でシマエナガさんが撮影中
f0138096_11355474.jpg

ロープ場の終点近くを登るお二人
f0138096_1136188.jpg

見晴台にて、先行者に撮って頂く
f0138096_1136983.jpg

先行者の二人組は見晴台で下山していった
f0138096_11361634.jpg

アイゼンを装着中のスズさん
f0138096_11362594.jpg

同上。先を行くシマエナガさん
f0138096_11363478.jpg

すっかり葉を落とした樹間からオコタンペ湖が望める
f0138096_11364739.jpg

頂上に到着のスズさん
f0138096_11365835.jpg

岩峰に登山者がシルエットとなって見える
f0138096_1137954.jpg

樹氷の奥に風不死岳と樽前山
f0138096_11372037.jpg

頂上から撮影中のシマエナガさん
f0138096_11373144.jpg

昼食準備のスズさん。ノンアルコールビールを片手に撮影中のシマエナガさん
by tarumae-yama | 2012-11-26 12:01 | 北海道100名山 | Comments(12)
Commented by yah-_-yah at 2012-11-26 15:11
恵庭岳お疲れ様でした。
日曜は案外登ってる人がいたのですね。
でもこの時期の恵庭岳に登る人っていうのは、さすがにベテランばかりですね。

第二見晴台から上は行ったことがないので、よくわからないのですが、この岩塔は雪が積もってても登れるもんなんですか?
やっぱここは気持ちよさそうですねぇ。

確かに、おNEWのアイテムを自分より先に他人に使われるっていうのは、、、(;^_^A
tarumae-yamaさん、心が広い!

それにしても登山口の小屋は何でなくなちゃったんでしょうね。
誰かイタズラでもしたのかな?
Commented by tarumae-yama at 2012-11-26 16:55
yahさん
恵庭岳は我々も含め6組13名の登山者だったと思います。
昨夜からの降雪で、恵庭岳も今までのように簡単には登れなくなったかも知れません。
私も、来年の残雪期まで恵庭岳には向かわないと思います。
樽前山のゲートが閉まった今、トレースが期待でき手頃に登れる支笏湖周辺の山は紋別岳くらいとなりました。

恵庭岳頂上の岩峰に立った登頂者の話では、スリル満点だったそうです。
冬山の経験者でなければ絶対これからの時期やめた方が良いと思います。
ただ、頂上に立たなければ360度の絶景が得られないので悩ましいですね。

小屋はかなり傷んでいたので撤去となったのかも知れませんが、詳しいことは分かりません。
Commented by シマエナガ at 2012-11-26 17:31 x
昨日は、お疲れ様でした
絶不調のあの黒岳以来の山登りで不安がありましたが、なんとか登ることができました
シーズン最初でしたので、装備チエックをかねての山登りと考えていましたが、まさかのアイゼン忘れ、、、
新品を使わせていただき申し訳ありませんでした
広い心に感謝です
おかげさまでコケることもなく無事帰ってこれました
使用感としては、装着も簡単でコスパ抜群ですね
私も欲しくなりました  アマゾンに貢いでしまいそうです、、、
それにしても、思っていた以上の好天そして無風状態
シーズン最初の山を堪能できました




Commented by H原 at 2012-11-26 18:44 x
皆さんお元気なようでなによりです、はやくも過酷な冬山挑戦ですね、うらやましいかぎりです。自分も何とかしなければ・・・と思いつつ、皆さんのブログめぐりで登った気になっています。今度ご一緒できればうれしいです。
Commented by ピータンまま at 2012-11-26 21:47 x
冬の恵庭岳ですね♪
想像しただけでも怖いのですが、
あのロープなんかは雪で濡れて凍っていないのでしょうか?

でも、写真に写ってる皆さんの笑顔を見ると
お天気にも恵まれ楽しい山行になったのでしょうね。
ところで、シマエナガさんはブログやってないのでしょうか?
Commented by スズ at 2012-11-26 22:12 x
スズです。こんにちは。

登山名簿記帳小屋、2007年の写真を見て思いだしましたが、小屋というよりはバラック(^^;。いや、ほんとに疲れましたけど、snufukinjrさんとF氏との出会いも含めて、楽しくて楽しくて、前回の十勝岳以来の良い休日となりました。

思えば2007年当時は息絶え絶えに辿りついた8.5合目でしたけど、膝が笑いそうとか言いつつも余力残しで登れている分、この5年間で心肺は随分と鍛えれたようです。膝については今年の笑い収めということで...(^^;。
Commented by ぴよしろう at 2012-11-26 22:43 x
ご無沙汰しております。
ブログ休止中・・・というより登山休業中のぴよしろうです。
たくさんの山があるのに、こんなふうに出会うのは不思議なものですね。
驚きました。

で、自分のことですが、体が少し回復したかと思ったら昨日から持病となってしまった足の付け根の痛みが出てしまい、歩くのがやっと・・・という感じで・・・不調のサイクルから抜けられず、たぶんしばらくはダメですね。
もうしばらくは休業する予定です。
Commented by tarumae-yama at 2012-11-26 23:36
シマエナガさん
恵庭岳は快調でしたね。
特に下りでは見晴台から先の登山口まで全く姿を見ることはありませんでした。
スズさんに追いつくのがやっとでした。
あれだけ疲れた恵庭岳は久しぶりのような気がします。

10本爪、気に入ったようで早速注文されたのでしょうか?
私も次に使う時は安心して装着できると言うものです。

今度はH原さんと一緒出来れば嬉しいです。

ピータンままさんが、ブログの解説、もとい、開設を希望しているようです。
他にも沢山隠れファンがいると思いますので、ぜひ検討して見て下さい。

Commented by tarumae-yama at 2012-11-26 23:40
H原さん
仕事が入ったのでは仕方がないですね。
必要としているところがあるというのは素晴らしいです。
私は現職時代から全く必要とされていませんでした(^^;)、多分。

今度はシルバートリオ登山隊がメインで出かけたいです。
もうピセナイ山は無理でしょうかね。
Commented by tarumae-yama at 2012-11-26 23:49
ピータンままさん
あのロープ場のロープは十分頼りになりましたが、下り専用コースのロープは凍っていました。
中途半端な雪の付き方で、ワカンでは下りにくくて四苦八苦でした。
でも、比較的天気に恵まれ楽しかったですよ。
多分、私を含めてもう少し悪目の天気を予想していたのが、青空と眺望に恵まれたためもあるのでしょうね、きっと。

シマエナガさんもシルバートリオのH原さんもブログをやっていません。
写真の腕はどちらも素晴らしいので、ブログを開設してくれたら嬉しいですね。
今度、直接お願いしてみます。 
Commented by tarumae-yama at 2012-11-27 00:00
スズさん
いろいろなことがあって楽しかったですね。
シマエナガさんとは丁度1年ぶりの再会だったでしょうし。
頂上でご馳走になったソーセージ、とても美味しかったです。


膝納めなんて言わずに、来月も雪のイチャンコッペ山なんかどうです?
反射板ピークからの眺めは(晴れていれば)一級品です。

Commented by tarumae-yama at 2012-11-27 00:07
ぴよしろうさん
ご無沙汰をしています。
メールも有難うございました。

ぴよしろうさんがブログに麦汁満載の山報告をアップしてくれないと寂しいです。
そう思っているファンや隠れファンが多いはずです。
恵庭岳でお会いしたNさんもFさんも同感だと思います。
一日も早く体調を取り戻し、また楽しい記事のアップを期待しています。

年末に向かいますます多忙になると思いますが、風邪にも気をつけてお過ごし下さい。
名前
URL
削除用パスワード
<< アイゼンとワカン 11月25日、恵庭岳 >>