11月16日、恵庭岳、イチャンコッペ山、紋別岳-紋別岳編-

今日3山目の紋別岳のスタートは、遅くても14時までと決めていた。
紋別岳は舗装された保全道路が登山道だし、元日に御来光登山でヘッドライトを点けて登った経験もあるから、暗くなっての下山に不安はない。
とは言うものの、明るいうちに登山を終え温泉に入りたい。

紋別岳の駐車場には3台の車が停まっていたが、私がスタートして30分もしないうちに3組の登山者とスライドしたから、どうやら貸し切りの紋別岳になってしまった。

北から雪雲が流入し、空沼岳や漁岳、小漁山などが段々ぼやけてきて恵庭岳も頂上部が隠れだした。
そのうち風不死岳や樽前山も見え隠れするようになった。
やがて紋別岳の頂上に着くのを待つかのように雪が舞い風が強まった。
塔屋の風下に身を寄せて雪雲をやり過ごし、少し明るくなってから小走りで下山。
途中、うっすらと虹が目の前に現れた。

山行記録
登山口13:55→頂上14:55~15:00→登山口15:46
登りに1時間、下りに46分
f0138096_13253634.jpg

中間地点から紋別岳の頂上部
f0138096_13254468.jpg

同上
f0138096_13255429.jpg

恵庭岳の背後から雪雲が流入し、恵庭岳も頂上部が隠れだした
f0138096_1326360.jpg

右端に発電所と奥に千歳市街
f0138096_1326123.jpg

紋別岳頂上
f0138096_13262026.jpg

支笏湖も雪のため奥からぼやけだした
f0138096_13263817.jpg

頂上から、支笏湖温泉街と中央の左上に国民休暇村。湖畔の桟橋の先が湖面上昇で波に洗われているように見える
f0138096_13264643.jpg

先日(11月15日)の記事で紹介したお薦めのコースを写真で。笹が雪でしっかり隠されたなら右上のイチャンコッペ山方向へスノーシューで好きに歩ける。眺望が良いのでぜひどうぞ!
f0138096_13265446.jpg

分かりにくいかも知れないが、下山中に現れた虹
by tarumae-yama | 2012-11-19 07:40 | 登山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 11月19日、樽前山 11月16日、恵庭岳、イチャ... >>