11月16日、恵庭岳、イチャンコッペ山、紋別岳-恵庭岳編-

最低気温が氷点下3度まで冷え込んだから、厚着の身に防寒着や予備の手袋、靴下、替え上着等を詰め込んだためザックはパンパンになった。
スパイク長靴も重いので、カメラをミラーレス一眼からコンデジに、食料も最低限にして気持ちだけ軽くした。

登山口の駐車場は1番乗りだった。
登山者名簿に記帳し、凍った登山道を歩き出す。
長靴は大きめだから中で足が遊んでいるが、それでも調子良く高度を上げていく。
気温は低いが風がないので、5合目の急登で汗が噴き出しフリースを脱いだ。
それにしても、恵庭岳で何時も思うのは、登りでも下りでも5合目と6合目の間が随分長いと言うこと。
それ以外の区間ではすんなり歩けるのだが、この辺りで疲労を感じるのだろうか。
そんなことを考えながら7合目のロープ場に到着。
雪の状態によっては11月でもロープが埋まっていることがあるのだが、今日はここまで雪は殆どない。
見晴台に到着すると、青空をバックに冠雪の頂上岩峰と周りの木々が樹氷となって最高に美しい。

写真を数枚撮ってすぐ頂上に向かう。
見晴台から先は一転登山道が雪で真っ白。
ただ、積雪は1,2cmほど。長靴のスパイクが良く効いて全く不安は感じない。
頂上直下が樹氷のトンネルとなっていて、幻想的な光景に感嘆の声が出そうになる。

一番乗りの頂上で眼下の支笏湖ブルーの支笏湖を堪能。
苫小牧方面や太平洋もよく見える。
一方、漁岳や空沼岳方面には下層雲が広がって遠望が効かず、羊蹄山も全く見えないのが残念と言えば残念。

しかし、コバルトブルーのオコタンペ湖はしっかり見られたし、周囲の樹氷も太陽に白く輝き、言葉もないほど美しくこれだけで十分満足。

今日は誰にも会わないのかと思った矢先、5合目でソロの男性が登ってきた。
挨拶すると千歳からの男性で、俳優かと思ったほどのイケメン。
その後、立て続けに中年ご夫婦とソロの中年男性とスライド。
結局、私を含め今日の恵庭岳は5名の登山者だった。

山行記録
登山口07:45→見晴台09:08~09:10→頂上09:33~09:57(休憩?)→見晴台10:11→登山口11:00
休憩を含め登りに1時間48分、下りに1時間3分
f0138096_22514483.jpg

支笏湖湖畔から恵庭岳。頂上部にうっすらと冠雪
f0138096_22515483.jpg

登り専用のロープ場。雪は殆どない
f0138096_2252316.jpg

上部がカリカリに氷結していて長靴のスパイクも歯が立たない。今日一番緊張した箇所
f0138096_2252152.jpg

見晴台から頂上部。樹氷が美しい
f0138096_22522341.jpg

頂上直下の樹氷のトンネル
f0138096_22523192.jpg

頂上からミズノのグローブを前景に支笏湖
f0138096_22524252.jpg

左端に紋別岳。右端に風不死岳
f0138096_22525060.jpg

頂上から頂上岩峰を
f0138096_2252597.jpg

オコタンペ湖
f0138096_2253699.jpg

f0138096_22532027.jpg

f0138096_22533434.jpg

f0138096_22534380.jpg

遠くに札幌市街
f0138096_22535232.jpg

左端に藻岩山、右端にJRタワー
f0138096_2254459.jpg

見晴台から、左端にこれから登るイチャンコッペ山と右端に紋別岳
f0138096_22541610.jpg

ウサギの足跡
f0138096_22542587.jpg

ツルリンドウの赤い実、このまま雪に埋まるのだろうか
f0138096_22543899.jpg

霜を付けたマイズルソウの実
f0138096_22544880.jpg

初めてスライドした千歳のOさん。 カメラはパナソニックのTZ30
by tarumae-yama | 2012-11-17 07:05 | 北海道100名山 | Comments(7)
Commented by shizuko0421 at 2012-11-17 13:32
樽前様、また遊びに来ました♫
凄い!登り1.45とは( ̄◇ ̄;)
さすが!!殿様です!
しかも長靴…!
一発目が恵庭、後キツくなかったですか?
オコタンペ湖綺麗でしたよね(^^)
私もあの湖好きです♫

殿様、ヤマレコされてるのかと?ブログに書いてた気がしたんですが、私の幻覚だったかもww

支笏湖外輪山周り燃えて行こうと思います♫次の山行録も楽しみにしてますね!

いつも人のブログから樽前様のブログ拝見してたのですが、お気に登録しました\(^o^)/これでダイレクトに樽前様のブログに行けそうです☆

お時間あるときに、過去ブログじっくり読ませて下さいね( ´ ▽ ` )ノ


Commented by ピータンまま at 2012-11-17 14:39 x
お殿様!私もそう呼ばせていただきます(^o^)/
お殿様をその気にさせた張本人からメッセージですね♪
こちらの超スパー山ガールさん、とても一山超えてきた動きでは
ありませんでしたよ!
あっと言う間に全く姿が見えなくなりました。
この時期、恵庭様へ登る素人は私たちぐらいだったかも。。。
全ての方に抜かされロープ場では『滑落するの見守っててあげるよ』
なんてからかわれるくらい(笑)
きっと毎年大怪我してる人もいるんでしょうね。

このオコタンペ湖はどこから撮られたのでしょう?
立ち入り禁止をもう少し進むと木が途切れたのでしょうか?
まったく気が付かず残念です
Commented by tarumae-yama at 2012-11-17 16:51
しずさん
連続のコメント、有難うございます。
6月15日に登った時はもう少し早く頂上に着いたのですが、この時期はその時のようにザックを軽くできません。
万が一の時は即凍死に繋がりかねませんから。

オコタンペ湖は、晴れていれば恵庭岳からの眺望が本当に素晴らしいですね。
冬は厚く結氷するので、ぜひこのオコタンペ湖を渡って向かいの小漁山などにも挑戦して見て下さい。yahさんを誘って。

私の拙いブログをリンクしていただき、本当に有難うございます。
Commented by tarumae-yama at 2012-11-17 17:00
ピータンままさん
殿様はやめて下さいね。
ただのtarumaeだけでもOKです。
ハイフンを入れるのが面倒ですものね。

仕事が忙しいでしょうし、週末何時も好天という訳ではないでしょうから難しいですが、その気になればしずさん並みのパワーがつくと思います。
山の体力は山で付くと誰かが言っていましたが、それは事実だと思います。

私も登山の間隔が開くと下山の翌日は階段の上り下りが辛いですが、数日毎に登っている今は、翌日の筋肉痛から解放されています。

最後に、質問の件はピータンままさんのブログに非公開コメントでお答えしました。
Commented at 2012-11-17 23:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by はじめまして! 千歳のOです! at 2012-11-18 15:50 x
改めまして、あのときスライドした千歳のOです。はじめまして。
恵庭岳の他にイチャコンペに紋別岳まで行かれたのですね。凄い!!
僕も今度トライしたいです。でも来年になりそう・・冬山装備をもっていないので。少しずつ装備増やして冬山にトライしたいですね。
僕も以前エキサイトで何年か写真ブログやっていました。本格的に山登りも始めたことだし。また始めようかと思います。
ではでは。
Commented by tarumae-yama at 2012-11-18 23:28
Oさん
コメントを有難うございます。
16日は綺麗な樹氷が見られて良かったですね。
幻想的な恵庭岳を堪能したと思います。

これからの山は厳しくなりますが、とりあえずスノーシューで支笏湖周辺の低山を楽しまれたらどうでしょう。
オコタンペ山や多峰古峰山などお薦めです。

エキサイトでブログをやっていたのですね。
再開したならぜひ教えて下さい。
同じ街の住民同士ですから、またお会い出来そうですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 11月16日、恵庭岳、イチャ... 11月16日、恵庭岳、イチャン... >>