11月10日、ホロホロ山と徳舜瞥山-その1-

H原さんと二人でホロホロ山に登ってきた。
シルバートリオを形成するシマエナガさんは用事があって残念ながら不参加。

H原さんと一緒に山に登るのは5月の神居尻山以来だから何と半年ぶり。
仕事が忙しいとのことでなかなかタイミングが合わなかった。

私はホロホロ山に今まで8,9回登っているけれど、全て徳舜瞥山経由で、唯一の例外が3月スノーシューで三階滝付近から登ったもの。
そんな訳で白老コースを一度歩いてみたかった。

大雨で林道が崩れていなければ、1時間で頂上に立てるお手軽なコースだが、我々は林道の4.5kmほど先の通行止め地点に駐車。準備を整えた後沢沿いの登山道を進み、帰りにその崩れた林道を歩いて駐車地点まで戻った。

晴天に恵まれ、その上殆ど無風の頂上から360度クリアな眺望を楽しんだ。
ホロホロ山では14,5名の登山者と一緒になったりスライドしたが、全員が徳舜瞥山経由で登ってきたもので、白老コースは週末なのにただの一人として会わない寂しいものだった。

山行記録
白老コース登山口09:13→林道との合流点(林道が崩れていなければここが登山口)09:48~09:55→ホロホロ山頂上10:54~11:04→徳舜瞥山頂上11:47~11:56→ホロホロ山頂上12:27~12:51(昼食)→林道との合流点13:31~13:34→白老コース登山口14:11
f0138096_2293229.jpg

白老コースの登山口
f0138096_2295443.jpg

おっかなびっくり渡渉の私
f0138096_2210470.jpg

ロープのある急斜面を登るH原さん
f0138096_22101366.jpg

前夜に降ったのか雪が残っている
f0138096_22103148.jpg

ホロホロ山頂上直下のH原さん
f0138096_22104142.jpg

頂上から遠くに支笏湖と恵庭岳や風不死岳、樽前山など周囲の山が見える
f0138096_22314438.jpg

左の二人は岐阜からの登山者でその右が案内してきた倶知安のガイドさん。右端にH原さん
f0138096_22105330.jpg

左端に徳舜瞥山と中央右に羊蹄山
f0138096_2211399.jpg

羊蹄山をアップで
f0138096_22111233.jpg

空身で徳舜瞥山に向かった直後、岩の上でフリースのポケットからスマホが落ちて岩の割れ目に入ってしまった。頂上にとって返してヘッドランプで探し、大きな石を取り除き、周りの土を崩し腕を伸ばしてやっと回収できた。10分間のドタバタ劇だった。回収後のスマホとヘッドランプ。スマホの上に広げた穴が見える。石が動かなければ腕を入れられなかったから、手に戻ったのは全くのラッキーだった
f0138096_22112164.jpg

回収後のスマホを撮影中のところをH原さんが後ろから撮影したもの
f0138096_7473028.jpg

GPSの軌跡。登山口から沢コースで登り、林道を使って下山。写真の上でクリックすると大きくなります
by tarumae-yama | 2012-11-11 07:33 | 北海道100名山 | Comments(10)
Commented by ピータンまま at 2012-11-11 16:54 x
tarumae-yamaさんはホロホロ山でしたか~
久しぶりのすばらしい青空でしたね♪最高の山行日和でした。
スマホ、無事に救出できてよかったです(^o^;)

ギリギリまで近くの藻岩山の予定だったのですが
友人が一人でも恵庭岳を登ると言い出したの
急遽予定を変更し一緒に恵庭ちゃんに挑戦してみました!

落ち葉が多過ぎて踏跡がわかりにくく
スタートからどっち方向へ進めばよいかわからなくなり
不安倍増でした!
やっぱりあのロープはちょっと・・・
引き返したくなりましたが、友人は楽しみながらどんどん進んでいくのです(笑)
ロープ場の岩と第2見晴台に向かう途中の湿った岩は
凍ってツルツルでした(>_<)
途中で引き返そうとしたところ、下りてきた方が
すばらしい景色なので是非行ったほうが良いと勧められ
ゆっくり登ってみました
本当に行ってよかった!!! 見晴台からの景色よりさらに
すばらしかったです♪

今日は久しぶりに全身筋肉痛で辛いです~
Commented by kuriokun at 2012-11-11 18:39 x
H原さんの素敵なお姿を、久しぶりに拝見できて嬉しく思いました。
冬山シーズンからは、またご一緒できればと思っています。

MSRのスノーシュー、また新しいモデルが出ましたね。
Commented by mori at 2012-11-11 20:17 x
 こんばんは~。ホロホロへ行かれたんですね。私も真っ白な羊蹄を見に行きたいと思っていました。山頂がもうかなり白くなっていますね。天気の良い日に行ってみたいです。
スマホ取り戻せて良かったですね。きちんとふた(?)のできないポケットはキケンです。今期、自分は山のトイレに車の鍵を落として流してしまいましたから…。家族に遠路はるばるスペアキーを持ってきてもらうハメになりました。お互い気をつけましょう!
Commented by tarumae-yama at 2012-11-11 22:23
ピータンままさん
土曜日は風も穏やかで本当に山日和でしたね。
ホロホロ山からでも支笏湖ブルーがとても綺麗に眺められました。

恵庭岳の見晴台からの景色、そして第2見晴台(頂上)からの展望も気に入ったようで、地元の人間として嬉しいです。
6月のツバメオモトが登山道沿いに群生する頃も良いので、また来年ぜひ登ってみて下さい。

スマホは宝の持ち腐れ状態なので、回収できなければ携帯に戻ろうと思いました。
そんなことを考えながら穴掘り作業をやっていました。
Commented by tarumae-yama at 2012-11-11 22:27
kuriokunさん
H原さんとあれこれ話題にしていたのですよ。
冬山シーズンから一緒出来るなら、シマエナガさんやスズさん達も喜ぶと思います。
あの最高に良かった多峰古峰山で、ラッセル隊長として再デビューはどうでしょう?
Commented by tarumae-yama at 2012-11-11 22:37
moriさん
ニセコ方面の山だったのですか?
ホロホロ山の白老コースは、5合目から振り向けば支笏湖や周辺の山が眺められ、なかなか良かったです。
ただ、水量が多くて渡渉は一寸緊張しましたが、それでも登山靴でOKでした。

車のキーは災難でしたね。
その瞬間頭が真っ白になったと思います。
私はスペアキーをある方法で用意しているので、鍵については不安はないのです。

スマホも、フリースのポケットにファスナーがついているのにやってしまい、不注意を反省しています。
ホロホロ山で一緒になったガイドさんが言っていましたが、ニセコの山でも私と同じ事をやっている登山者が結構いるとのことでした。

Commented by miton-chu at 2012-11-12 17:43
うわぁ!何よりスマホが心配です。ちゃんと動いてますか?
Commented by tarumae-yama at 2012-11-12 23:24
miton-chuさん
岩の上で2度バウンドして割れ目に落ちたので、死んだかと思いました。
ロック解除ボタンを押しても液晶が真っ黒なままでしたから、やっぱりと。

電源を切ったままだったので、真っ黒なのは当たり前でした。
今のところピンピンしています。
ウレタン製のカバーが役立ったようです。
Commented by miton-chu at 2012-11-13 22:47
すごい!無事だったんですね。私もウレタン製のカバーにします
Commented by tarumae-yama at 2012-11-14 00:01
miton-chuさん
岩でバウンドしているとき、ああ、壊れた~と思いました。
カメラなら無事ではなかったでしょうね。
昔、礼文岳の頂上で家内からカメラを受け取ろうとして岩の上に落とし、新品のカメラの液晶が割れました。
(今なら防水タイプのカメラに衝撃に強いデジカメがありますが)

ウレタンのカバー、見栄えは良くありませんが安い割に効果があると思いました。
名前
URL
削除用パスワード
<< 11月11日、裏山 秀岳荘の売り出し >>